• HELP
  • SHOP CART



 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


地鎮祭

家を建てる際に必要な知識である「地鎮祭」についてご説明します。設計者や施主、施工者など、地鎮式の流れやしきたりを知りたい方におすすめです。

神主の祝詞奏上(のりとそうじょう)
写真提供/藤田靖子設計事務所

地鎮祭とは、文字どおり地の神を鎮めるという意味があり、またこれからの工事の安全を祈願するための儀式で、建築工事に先立って行われ、「地祭り」ともいいます。

住宅の場合は、一般に神式が多いようです。地域の神社に依頼して神主に来ていただき、祓い清めてもらいます。日取りは大安、先勝、友引などの吉日を選んで行いますが、こうしたお祝い事は午前中がよいとされています。

儀式に参加するのは、建て主とその家族、棟梁、鳶、設計者、施工者など、基礎や躯体工事に関係する職人や専門家たちです。祭場は、敷地のほぼ中央に配し、四方に立てた斎竹に注連縄を張りまわし、そのなかに神籬を南向きに安置します。

地鎮祭の祭壇の例
写真提供/藤田靖子設計事務所
  • 注連縄(しめなわ)
  • 神籬(ひもろぎ)
  • 瓶子(へいし)
  • 神饌品(しんせんひん)
  • 神饌案(しんせんあん)
  • 玉串(たまぐし)
  • 奉献酒(ほうけんしゅ)
  • 三方(さんぽう)

1.儀式の流れ

正式には、次の3つの儀式からなります。

(1)刈初めの儀
・鎌をもって草を刈る所作を3度行います。―設計者

(2)穿初めの儀
・鍬をもって土を掘る所作を3度行います。―建て主
・鋤をもって土をすくう所作を3度行います。―施工者

(3)鎮物埋納の儀
・神主が鎮物を砂に埋めます。

これはあとで建物の基礎下に埋めます。 実際にすべて行うことは少なく、「刈初めの儀と穿初めの儀」、あるいは「穿初めの儀」のみというのが多いようです。

現代の式の流れをみると、神主による「降神の儀」「献饌の儀」「祝詞奏上」などに続いて、上記の「刈初めの儀」と「穿初めの儀」へと移ります。「玉串奉奠」のあと神饌をさげて「昇神の儀」と続き、儀式を終えます。

儀式のあとは「直会」となり「神酒拝戴」し酒肴が振る舞われますが、省略して「神酒拝戴」のみということも多いようです。

【1】玉串奉奠の作法
玉串を神前に捧げて拝礼することを「玉串奉奠」といいます。ここでその作法について紹介します。
まず名前を呼ばれたら、前に進み神主から玉串を受け取ります。右手の甲を上にして根のほうをもち、左手のひらを上にして葉をもつようにします。胸の高さあたりでもったまま神前に進み軽く一礼をします。玉串を時計回りに3/4回転させたら根を神前に向け、両手で玉串案に供えます。
次に、その場で「2拝2拍手1拝」、つまり深く二礼したあとに拍手を2回し、また深く一礼したら、三歩下がって、もう一度軽く一礼して、右回りで自席に戻ります。
こうした儀式の所作や作法などについては、堅苦しく考える必要はありません。実際にはその場で神主が導いてくれますから、それに従って進めていきましょう。

2.確認しておくこと

地鎮祭までには、境界石や境界杭の位置の確認をすませておくことが大切です。境界石や境界杭が入っていない場合は、ちゃんと測量して正確な位置に杭や石を入れますが、その際には隣家の人にもいっしょに立ち会ってもらいましょう。

3.建て主の準備


写真提供/藤田靖子設計事務所

神主へのお礼は1~2万円程度を包み、式が終わった後にわたしますが、直接神主に聞いてみるのがよいでしょう。

また、供え物を神主に用意してもらった場合は「御供物料」を、神主が遠方からみえたときなどは「御車代」をお礼とは別にわたすようにします。

棟梁には1万~1万5千円程度を包み、鳶の頭にも同額ぐらい用意するのが適当です。そのほかの関係者には5千円程度が目安ですが、金額や人数は事前に棟梁に確認しておいたほうが無難です。

わたすタイミングは、式が終わった後まとめてわたし、棟梁から配ってもらうのが一般的のようです。

斎竹や清砂、鍬や鋤、直会の杯など、儀式の準備は施工者にお願いしますが、お神酒や洗米、塩、そして山の幸や海の幸などのお供え物は、建て主側が用意するのが通常です。

こうしたしきたりやお金のこと、神主の手配などいろいろとわからないことが出てくるものです。また地域によるちがいもあります。滞りなく式を行うためにも、前もって棟梁などに相談しておきましょう。

地鎮祭の儀式の流れ(地域の習慣や神社により異なるので、施工者や神社と前もって打ち合わせしましょう)

※簡略化してすませる方法もあるので、何もしないのはちょっとと思うときは、神社に相談してみるのもよいでしょう。

2008/03/13登録
更新


pagetop