• HELP
  • SHOP CART



 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


上棟式

家を建てる際に必要な知識である「上棟式」についてご説明します。設計者や施主、施工者など、上棟式の意義や心得を知りたい方におすすめです。

建て方の流れ
建て方の流れ
建て方の写真提供
アトリエ・ヌック 金沢市・S邸

「上棟式」とは新しい家への祝福とともに、職人たちへのねぎらいと今後の工事の無事完成を祈願する儀式です。建前、棟上げともいいます。

本来は、神主を招いて行う儀式でしたが、現在では棟梁が代理として執り行うのが一般的なようです。地鎮祭と同様に吉日を選んで行います。

最近は車で来る職人がほとんどですから、現場での飲食は少なくなり、簡素化される傾向にあるようです。実際には、参加者に折詰と清酒の小びんなどをわたすことが多くなっています。

上棟式は、建て方の後、棟木をあげるときに行います。棟木は、屋根の一番高いところに取りつける横木のことです。建て方とは、基礎コンクリートに据えつけた土台の上に柱を建て、梁や桁などを載せながら骨組を組み立てていく作業です。家の形が建ちあがっていく様子を実感できる貴重な体験です。

その直後での儀式、上棟式は建て主にとって晴れ舞台といえるでしょう。大工にとっても同じです。気合いを入れて作業していますから、無事建て方が終わってみんなほっとしているところです。そこで祝宴を設け、ねぎらいます。

上棟式の儀式は、棟木に魔除けの飾り物の「幣串」や「弓矢飾り」を立ててはじめます。骨組に板などをわたして祭壇をつくり、野菜や穀物、お神酒や洗米、塩などを供えます。

棟梁が清めの洗米と塩、お神酒を建物の四隅の柱にまきます。建て主や設計者といっしょにまくこともあります。お神酒を全員でいただき、乾杯をして、手締めでしめくくります。

建て主や施工者の氏名などが書かれた「棟札」を用意し、後日棟木などに取りつけたりすることもあります。

1.確認しておくこと

建て方のとき、柱や梁などが設計図どおりの位置か、材種や寸法が合っているか、設計者や工事監理者とともに確認します。

図面との食い違いが見つかったときには、その場で直接職人には言わずに、なるべく早く設計者または工事監理者をとおして、施工者に伝えるようにします。

2.建て主の準備

紅白の花結び その他上棟祝・内祝など

上棟式の祝儀は、神主の代理をつとめる棟梁に地鎮祭より多めにし、2万円程度を包みます。鳶の頭にも同額程度を包み、ほかの関係者には5千円程度とするのが目安です。

しかし、地鎮祭同様、金額や人数などについては、棟梁にざっくばらんに相談したほうが無難でしょう。わたすタイミングも地鎮祭同様、式の後で棟梁にまとめてわたします。

儀式については、施工者がほとんど用意してくれますから、建て主がもっていくものはお神酒、米、塩と水です。

むしろ建て主側が事前に準備しておくのは、儀式後の宴会の料理やお酒、折詰などで、近くの仕出し屋に手配しておきます。車の人もいますから、お茶やジュースなども用意しておくようにしましょう。

また、建て方では、手伝いの大工などで普段の時より現場の人数が多くなりますから、騒音や車で迷惑をかけることになります。近所の人に事前に予定を知らせておくのも忘れないようにしましょう。

3.日曜日は避ける

上棟式の日取りは、できるだけ日曜日は避けましょう。土日の朝早くからの騒音は、工事のはじまり早々から近所の人に、迷惑になることも考えられます。また、本来職人にとっても体を休める日です。仕事のリズムを狂わせないようにする上でも、建て主側の配慮が大切です。

上棟式の儀式の流れ(地域により異なることがあります)
上棟式の儀式の流れ(地域により異なることがあります)
上棟式の宴会
上棟式の宴会
写真提供/藤田靖子設計室
2008/03/13登録
更新


pagetop