• HELP
  • SHOP CART



 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


建材・設備 RANKING

建築知識編集部が実施した読者アンケートから、建材・設備のトレンドを探ります。
日々設計・施工に携わる方々の生の声ならではの、リアルなデータが満載です。建材・設備選びで迷った際にもご活用ください!

第9回 システムバス 編

読者177人アンケート

求められる「清掃のしやすさ」

今回は水廻り設備について聞いた読者アンケートの結果から、システムバスに関するデータをピックアップする。

最近では単なる入浴の場としてではなく、癒し・リフレッシュの場としてさまざまな付加機能が求められるようになっている浴室。 また、大量の水を扱う場として、さらに無防備な裸体をさらす場として、基本機能もないがしろにできない。 特に防水性能は高いレベルで求められることもあり、この点で信頼の厚いシステムバスが戸建て・集合住宅問わず高い割合で採用されている。

システムバスに対する要望としては、デザイン・色などと並び、清掃のしやすさ、防カビ性、開口部の設置に対するものが多くなっている。ユーザーは、湿気が多い空間ならではの問題に対する解決策を求めているといえそうだ。

 

 

図1 メーカー別[システムバス]採用実績

 

 

採用実績のあるメーカーでは、TOTO、INAXの2強を、パナソニック電工が追っている[図1]。回答者は、設計事務所で意匠設計を主業務としている方が多かった[図2~4]。また、日常的にシステムバスを採用している割合も高く[図5]、価格やデザインを重視して製品・メーカーを選んでいる[図7]。一方で、清掃のしやすさ、防カビ性、バリアフリー対応などの機能面に関する要望をもっていることが明らかになった[図8]

 

 

図2~4  勤務先業種、回答者職種、回答者保有資格


 

 

図5 浴室設備(工法)の採用状況

[図5]

システムバスは、戸建て・集合住宅とも採用率が高い。一方、戸建住宅では、在来浴室が「たまに採用」まで含めると4割強となっており、依然需要が低くないことが分かる。


 

 

図6 メーカー別採用経験者の今後の採用意思

[図6]

メーカーの採用者に、今後の採用の意思を聞いた本結果からは、各メーカーへの満足度が計れる。パナソニック電工AWEは、[図1]から比べて大きく順位を上げている。


 

 

図7 製品・メーカー決定時に重視する点

[図7]

選定時には、製品価格・デザインが重視されている。また、3位にメーカーの信痕度、5位に採用実績の有無が入るなど、ブランドカや採用経験を重視する傾向も見られる。


 

 

図8 システムバスに対する要望

[図8]

清掃のしやすさ、カビヘの対策が強く求められている。効果的な換気が行える開口部に関する要望にも、同様の背景があると考えられる。また、バリアフリー対応への要望も高い。


2009/10/23登録
2009/10/27更新
定期購読のお申し込みはこちら
Web会員登録はこちらから
  • 入会・継続一切無料!
  • 会員特典や、「書誌購入会員・定期購読会員」についての詳細はこちらから


pagetop