• HELP
  • SHOP CART






雑誌・書籍を探す

消えゆく左官職人の技 鏝絵 こてえ

販売価格:1,577円 (税込)

内容・概要

本書は九州・大分在住の写真家・藤田洋三氏が、20年間にわたって全国各地に残る「鏝絵」を取材・撮影したものを一冊の本にまとめたものです。「鏝絵」とは江戸時代から続く職人技で、左官職人が鏝を使い、漆喰の壁などに招福を願って恵比寿・大黒や七福神などを描いたものです。従来、「鏝絵」といえば、伊豆の長八のみが知られていました。しかし、藤田氏や全国の鏝絵愛好家たちの調査によって、長八の技を受け継いだ無名の左官職人たちの作品が、今尚多数、民家の壁や蔵の扉などに残されていることが判明し、現在各地において調査や保存の運動が起こりつつあります。一口に鏝絵といっても千差万別。それぞれの土地の気風や、職人たちの気質によって、ひとつひとつが独特の味を持つ作品になっています。白壁と共に、日本の風景のなかから消えていこうとしている鏝絵。懐かしむだけではなく、貴重な財産としていつまでも大切にしていきたい、との願いを込めて出版いたしました。
消えゆく左官職人の技 鏝絵 こてえ

商品の詳細

著者名 藤田洋三
発行 小学館
判型 210×150
ページ数 128
発行年月 1996.12
商品コード 29773
この商品は南洋堂書店が販売・発送します。
販売価格: 1,577円 (税込)
数量:

送料無料!

※要会員登録。

※クレジットカードでのお支払いです。

※配送先が沖縄県を除く
(沖縄県の場合は送料1,080円)

ご利用ガイド

書誌専用サイト・関連サイト

ピックアップ関連書籍


pagetop