• HELP
  • SHOP CART






雑誌・書籍を探す

疾風のごとく駆け抜けたRIAの住宅づくり 1953-69

販売価格:2,160円 (税込)

内容・概要

建築家、山口文象により1950年代初めに創設されたRIA。現在は大規模な都市再開発を手掛ける事務所として知られるが、設立初期は大量の戸建て住宅を設計していた。その住宅群を見ると、一貫して住宅の新しい型を追究していたことがわかる。本書では、その知られざる住宅設計集団RIAの全貌を、当事者の証言、若手建築家らの評論によって明らかにする。

■目次
・はじめに 今、住宅を設計しているキミへ 磯達雄
・第一章 1953-69 RIA住宅の時代
 再録・住宅とRIA 近藤正一
 再録・建築家は住宅設計で生きられるのか 植田一豊
 再録・組織 三輪正弘

・第二章 チームによる設計という挑戦
 プランニングコンペ 近藤正一
 平面、架構、壁 近藤正一
 再録・予測ー建築家の行動限界 近藤正一
 論考・真摯な姿勢からの出発 内田青蔵

・第三章 大量需要にこたえるために
 RIAホームカウンセラーズ 近藤正一
 コンピュータ利用のシステム 近藤正一
 対談・DACシステムいついて 今井清輔×川崎浩
 再録・再び住宅に挑む建築家の進路 近藤正一
 論考・集団設計の今日的な意味 藤村龍至
・第四章 RIA住宅平面図集
・あとがき 近藤正一
疾風のごとく駆け抜けたRIAの住宅づくり 1953-69

商品の詳細

著者名 RIA住宅の会・編
発行 彰国社
判型 四六
ページ数 224
発行年月 2013.10
商品コード 40703
この商品は南洋堂書店が販売・発送します。
販売価格: 2,160円 (税込)
数量:

送料無料!

※要会員登録。

※クレジットカードでのお支払いです。

※配送先が沖縄県を除く
(沖縄県の場合は送料1,080円)

ご利用ガイド

書誌専用サイト・関連サイト

ピックアップ関連書籍


pagetop