• HELP
  • SHOP CART






雑誌・書籍を探す

石川初 ランドスケール・ブック 地上へのまなざし
現代建築家コンセプト・シリーズ 12

販売価格:1,944円 (税込)

内容・概要

近年、東京という都市のなりたちを100万年の単位でとらえ、足下の地形への感覚を新鮮に甦らせる仕事が注目を集めている。また、その地形の上に立つ「団地」や「工場」「巨大ジャンクション」など、近代都市の営みを愛おしむまなざしが共感を呼んでいる。
これらは私たちに21世紀的な都市の見方、感じ方、楽しみ方を提示し、その上に建つ建築のあり様をも問いかける。

本書では、ランドスケープアーキテクト石川初(いしかわはじめ)のフィールドワークの視点を紹介。私たちが日常を過ごしている街、行ったことのある都市、知っている世界も視点やスケールを変えて見ると、そのたびに鮮やかに、異なる姿をして現われる。「地形」「地図」「時間」「境界」「庭」のキーワードをもとに、都市の新しい読み解き方や発見の方法を探る一冊。

■目次
・序 YOU ARE HERE 自分の位置をマッピングすること
・第一章 地形のスケール
 等高線の彩色、地形を擦りだす地図/アナログなデジタル化ーコンピューター模型
 平野の由来
 モザイク地形ー地面の都市化/ニュータウンの丘陵/構造物の「地形認定」
 地面の年輪 ほか

・第二章 地図のスケール
 地図のルール、地面のルール/地下鉄の地図、インフォグラフィクス、皇居の表示
 路線図がもたらす都市の地理感覚/鉄道と道路ーつり革の都市と実空間
 ナビゲーションとマッピング/日常のログ、地面の記録/GPSログの逸脱/ネコログ
 時層地図ー現在地、、現在時間/ダイアグラムと地理ーバスの路線図 ほか

・第三章 時間のスケール
 地質学的時間感覚/温室が作る時間/園芸の楽しみー時間芸
 植物の「時差ボケ」が映し出す、遠い原産地の季節/ソメイヨシノの時間
 音声散歩「15分前の街」/時層写真/時間の単位、時間の形/ブランコの時間性 ほか

・第四章 境界のスケール
 境界を持った領域としての「水平の床」/地球上のさまざまな「水平」
 外部から見た都市/生け垣ーたゆまぬ境界の維持
 私道の論理ーオープン外構を支えるクローズド街区
 都心の里山ー原宿駅の林縁部/ベンチの周辺性/乗り換えのバリア ほか

・第五章 庭のスケール
 都営スタイル/パーソナル・ナショナルガーデン/裏庭のコミュニティ
 植栽基盤単位としての植木鉢/原風景の陥穽/7人の小人問題
 ガーデニングー自然との終わりなき葛藤と屋外空間の「最適化」
 「人工地形」が封印する土地の歴史/森という「外部」 ほか
石川初 ランドスケール・ブック 地上へのまなざし<br>現代建築家コンセプト・シリーズ 12

商品の詳細

著者名 石川初
発行 LIXIL出版
判型 210×150
ページ数 144
発行年月 2012.09
商品コード 39415
この商品は南洋堂書店が販売・発送します。
販売価格: 1,944円 (税込)
数量:

送料無料!

※要会員登録。

※クレジットカードでのお支払いです。

※配送先が沖縄県を除く
(沖縄県の場合は送料1,080円)

ご利用ガイド

書誌専用サイト・関連サイト

ピックアップ関連書籍


pagetop