CAD&CG マガジン

SCENARIO006

icon01_s.png
3次元のメリット

3次元のメリットは、まず次元が違う情報を引き出せるということ。3次元形状からは、体積、表面積といった無次元の情報を引き出せる。2次元の図面をいくら見ても面積は出てこないし、周長も出てこない。何らかの処理、例えば掛け算するとか、プラニメーターで図形をなぞって初めて面積が出てくる。しかもそれらは読む必要がある。3次元からは情報は読まなくても出てくるという強みがある。さらに3次元には、3次元から2次元の情報を作ったり、3次元から無次元値を作ったり、3次元に時間軸を入れて変形の度合いを見たりと、次元を自由に制御できるというメリットがある。

TRACKBACK
この記事のトラックバックURL:
http://www.xknowledge.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3881

建築・CAD専門書 近刊・新刊案内

17コマンドでスラスラ書けるVectorworks

わずか17個の使い方を覚えるだけで、スラスラ図面が書ける! Vectorworksで自在に図面を書くための最短コース(Vectorworks 2009対応)。付録DVD-ROMには、Vectorworks 2009体験版と全サンプル図面データを収録。

Jw_cadでラクラク確認申請図[木造住宅編]

Jw_cadを使っている建築意匠設計者を対象に、確認申請図書の描き方を解説。実際に施工された小規模の木造住宅を例題として、Jw_cad操作のポイントを確認しながら実際に確認申請図書を描いていきます。

Vectorworks 2009で学ぶ建築製図の基本

Vectorworksを習得しながら、木造住宅図面の基本が学べる「建築製図の基本」最新版です。Vectorworks 12/12.5/2008/2009に対応したほか、4号特例廃止を踏まえ、伏図の書き方も新たに追加。特別付録DVD-ROMにはVectorworks 2009体験版と練習用ファイルを収録。

プロではないあなたのためのIllustrator

「プロ」の職業人のための、しかしIllustratorの「プロではない」人のための手引書が登場です! 「これだけマスターすればOK!」という必要最小限の機能や操作方法だけを解説。誰もが、手早く、美しいドキュメント/アートワークを作成できます。

page top