CAD&CG マガジン

HINT053

icon03_s.png
ソリッド系CADは最終局面での形状変更に課題あり

テープレコーダーのような形状の製品をソリッド系の3次元CADでモデリングするには、四角い形状を基にカットするとか、薄肉化する、フィレットをかけるといった操作で進めていく。ある意味、ソリッドモデリングの典型といえる。ところがほぼ形状が出来上がった後に、意匠面のキャラクターラインをもう少し開いたらどうなるかという要望なり要請が出てくる。とするとソリッドモデリングから一転して、ワイヤーフレームを動かし、そこに乗っている面を動かすという操作が必要になってくる。


米Spatial社が開発するモデリングカーネルのACISは、これをデフォーマブルやローカルオペレーションとして実現しているが、ソリッドで作っていても最終局面では、面や線単位で動かしたい場面がしばしばある。設計プロセスによっては、ヘラで削るように作りたいとか、全体をふわっと膨らませたらどうなるかという、ワイヤーフレームとサーフェスとソリッド機能が混在したような要望もある。こういったデザイナーや設計者がやりたいことに対して、ソリッド系CADがどれだけ応えてくれるかというのは現在、最も注目されている部分のひとつのように思われる。

TRACKBACK
この記事のトラックバックURL:
http://www.xknowledge.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3972
contribute



建築・CAD専門書 近刊・新刊案内

17コマンドでスラスラ書けるVectorworks

わずか17個の使い方を覚えるだけで、スラスラ図面が書ける! Vectorworksで自在に図面を書くための最短コース(Vectorworks 2009対応)。付録DVD-ROMには、Vectorworks 2009体験版と全サンプル図面データを収録。

Jw_cadでラクラク確認申請図[木造住宅編]

Jw_cadを使っている建築意匠設計者を対象に、確認申請図書の描き方を解説。実際に施工された小規模の木造住宅を例題として、Jw_cad操作のポイントを確認しながら実際に確認申請図書を描いていきます。

Vectorworks 2009で学ぶ建築製図の基本

Vectorworksを習得しながら、木造住宅図面の基本が学べる「建築製図の基本」最新版です。Vectorworks 12/12.5/2008/2009に対応したほか、4号特例廃止を踏まえ、伏図の書き方も新たに追加。特別付録DVD-ROMにはVectorworks 2009体験版と練習用ファイルを収録。

プロではないあなたのためのIllustrator

「プロ」の職業人のための、しかしIllustratorの「プロではない」人のための手引書が登場です! 「これだけマスターすればOK!」という必要最小限の機能や操作方法だけを解説。誰もが、手早く、美しいドキュメント/アートワークを作成できます。

page top