CAD&CG マガジン

IDEA024

icon02_s.png
プロセス連係は先端問題

3次元CADの設計モデルと解析モデルとは違う。設計モデルの形状が非常に細かくなってくると、解析ではメッシュが細かくなって処理できない。型設計も同様で、切削ならまだしも、鋳造、鍛造、樹脂成形、プレス、材料によって型の作り方も形状も違う。設計モデルと製品モデルがニアリーイコールになるような型のモデルを作る必要がある。CADとCAE、CADとCAM、この部分は今、各社が力業で連係させているところで、エンジニアリングプロセス上のネックとなっている。


検査についても同様で、製品モデルをCADデータを基に検査するといっても、3次元での検査の仕組みがないとか、CADデータのどの寸法を基準にとって、どう測って、どの範囲だったらOKにするかという公差の問題もうまく解決できていない。検査だけではなくて、検査した情報を設計に戻そうとか、解析にフィードバックしようといった逆方向を考えても、やはりプロセスの連係は不十分である。CAD同士のデータ交換の次なる課題は、プロセス連係というわけだ。ここが解決するとネックは解消されるはずだが、道のりはまだまだ遠そうだ。

TRACKBACK
この記事のトラックバックURL:
http://www.xknowledge.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3917

建築・CAD専門書 近刊・新刊案内

17コマンドでスラスラ書けるVectorworks

わずか17個の使い方を覚えるだけで、スラスラ図面が書ける! Vectorworksで自在に図面を書くための最短コース(Vectorworks 2009対応)。付録DVD-ROMには、Vectorworks 2009体験版と全サンプル図面データを収録。

Jw_cadでラクラク確認申請図[木造住宅編]

Jw_cadを使っている建築意匠設計者を対象に、確認申請図書の描き方を解説。実際に施工された小規模の木造住宅を例題として、Jw_cad操作のポイントを確認しながら実際に確認申請図書を描いていきます。

Vectorworks 2009で学ぶ建築製図の基本

Vectorworksを習得しながら、木造住宅図面の基本が学べる「建築製図の基本」最新版です。Vectorworks 12/12.5/2008/2009に対応したほか、4号特例廃止を踏まえ、伏図の書き方も新たに追加。特別付録DVD-ROMにはVectorworks 2009体験版と練習用ファイルを収録。

プロではないあなたのためのIllustrator

「プロ」の職業人のための、しかしIllustratorの「プロではない」人のための手引書が登場です! 「これだけマスターすればOK!」という必要最小限の機能や操作方法だけを解説。誰もが、手早く、美しいドキュメント/アートワークを作成できます。

page top