• HELP
  • SHOP CART




 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


CAD・PC製品ガイド

ソフトウェア関連の製品

3D CARGOシリーズ

多くの3次元アプリケーションでサポートされているWavefront OBJ形式のファイルを収録した3次元素材集。家具/照明/収納/OA機器など内観パースの作成に最適なデータを収録した「インテリア編」や、各種草花から観葉植物、街路樹まで多彩な植物を3次元データで使える「植物編」のほか、「自動車編」「都市景観編」などがある。
施主とのコミュニケーションを支える3次元シミュレーションソフト

3DマイホームデザイナーPRO シリーズ

「3Dマイホームデザイナー」シリーズは、住宅の間取図を基に3次元化し、ウォークスルー機能を使って自由に3次元空間を動き回る疑似体験をしながら設計できる3次元住宅シミュレーションソフト。写真に迫る高画質で外観/内観を作成できるインターネットレンダリングソフト「Optimage」とPROを組み合わせた最上位パッケージ「3DマイホームデザイナーPRO EX」もある。

AD-CAD Ver.5.0

「シビル(土木)」「アーキ(建築)」「メカニカル(建築)」「スタンダード(土木、建築)」「ライト(汎用2次元)」の5種類がラインアップされている統合型CAD。スタンダードは、建具、鉄骨柱などをパラメトリック図形として標準装備しているので、土木/建築設計に最適。ライトは、Jw_cadの読み書きができるCAD入門者向けソフト。開発ベンダーではシリーズ間の完全なデータ互換をうたっているほか、SXF仕様レベル2に対応している。
CADソフトとの互換性に優れた建築基準法高さ制限解析システム

ADS-win Ver7.0

「ADS-win Ver7.0」は、建物のボリュームチェックから確認申請図書、近隣用説明資料、天空図の作成まで、設計業務を幅広くサポートするソフト。日影規制や斜線、高さ制限といった建築基準法に基づき、天空率や斜線、逆日影、日影などを正確にシミュレートできる。DXF形式の入出力に対応しており、AutoCAD/LTや、Jw_cad、VectorWorksなどのCADソフトとの互換性に優れている。サーバを通じて複数のパソコンでライセンスを共有できる「ADS-win Lanpack」もある。

ANSYS DesignSpace

大規模アセンブリモデルにも対応する、3次元CAD専用の構造/熱解析ツール。使いやすい操作環境を追求した「ANSYS Workbench」を基盤として、上位版の「同Professional」「同Structural」「同Mechanical」「同Multiphysics」といったラインアップがある。複雑かつ大規模なアセンブリモデルに対して自動的に接触定義を行うことが可能だ。主要な3次元CADのほとんどに対応している。
CAD入門者にも容易に扱える操作性と機能性を実現

ARCDRAW XP

CAD入門者にも容易に扱える操作性と機能性を実現した汎用2次元CAD。異縮尺図面が簡単に作図できるシート機能や、ハッチングパターンや線種の作成/登録機能などの作図機能、図面検索や連続印刷を含むファイル管理機能など、使いやすさを考慮した機能が多数搭載されている。SXF/DWF形式に対応。DWGファイルに含まれる外部参照やペーパー空間をAutoCADと同じ方法で再現し、DWGの設定情報を失うことなくDWFファイルを作成したり、読み込める。最新版では、AutoCAD 2006、Jw_cad Ver.5ファイルの入出力に対応している。

ARCHITREND Virtual House Ver.6

3次元CGによるプランニングからリフォーム提案まで行う住宅営業支援システム。ゲームコントローラを使用して、ウォークスルーアニメーションを表示できる「ウォーキングプログラム」や、仮想住宅内の照明オン/オフの切り替え機能などが搭載された「アリーナプログラム」などのオプションもあり、多彩なプレゼンテーションが可能。
住宅設計に特化した3次元建築設計支援システム

ARCHITREND Z Ver.2

木造/S造/RC造のプランニングから、基本設計、実施設計、構造設計、確認申請、性能表示、積算/見積、プレゼンテーション、営業支援まで、建築設計の全プロセスをトータル支援するARCHITRENDシリーズの根幹をなす3次元建築設計支援システム。最新版「ARCHITREND Z Ver.2.2」では、「申請ナビ」機能や「更新日チェック」機能が搭載されるなど、改正建築基準法への対応が強化された。さらに、2007年12月リリース予定のVer.3では、確認申請業務をサポートする「図面整合チェック機能」なども搭載される予定。
軸による形状認識で柔軟な計算が行える構造計算プログラム

ASCAL V6.1

「ASCAL Ver.6.1」は、グリッドに制約されない「軸」によって形状認識する建物の一貫構造計算プログラム。グリッド形式では扱えない傾斜フレームや、中折れフレームなどが採用された形状でも、構造解析が問題なく行える。対象になる建物の規模に制限はなく、パソコンのスペックが対応する限りの大規模な建築物の解析が可能。解析可能な構造種別については、鉄骨造やRC造をはじめ、木造、WRC造、さらには混構造にも対応している。

ASFALIS Model Viewer EX 2.0

寸法/記号/注釈などを付加した3次元CADデータに対応したビューワ。「CATIAV5」や「NX」などで作成されたアセンブリ構造や寸法、記号などの属性情報を確認でき、情報の表示/非表示の操作も行える。最新版では3次元図面の表示機能の充実と使いやすさの向上を中心に機能が強化された。
3次元CADデータをダイレクトに読み込めるPDF作成/運用ソフト

Adobe Acrobat 3D Verion 8

「Adobe Acrobat 3D Verion 8」は、製造業/建設業界で活用される3次元CADファイルをPDFに変換し、CADを持たないユーザーや、異なるCADフォーマット間での相互運用を可能にするソフト。従来の3次元データ交換フォーマット「U3D」に加え、製品製造情報(PMI)を保持したままPDF文書に書き出せるフォーマット「PRC」が追加された。主要な3次元CADのネイティブデータをそのまま読み込めるほか、ライティング設定用の「CAD用に最適化されたライト」などのサポート機能も用意されている。
PDFファイルの作成/運用のためのアプリケーション

Adobe Acrobat 8 Professional

PDFファイルの作成/運用のためのアプリケーション。一般ビジネスユーザー向け「Adobe Acrobat 8 Standard」もある。最新バージョンでは、異なるフォーマットのファイルをまとめて1つのPDF文書に変換ができ、一括して検索やページの並べ替えが可能になった。また、AutoCAD図面からのPDFファイルへの変換速度がアップするなどの機能強化が図られている。64ビット版OSに対応。

Adobe Creative Suite 3 Design Standard

グラフィックスソフト統合パッケージ「Adobe Creative Suite 3」のラインアップの一つ。ページレイアウトソフト「InDesign CS3」、フォトレタッチソフト「Photoshop CS3」、ドローソフト「Illustrator CS3」、PDF作成ソフト「Acrobat 8 Professional」が同梱されている。Creative Suite 3にはほかに、用途別にソフトの組み合わせの違う「Design Premium」「Web Standard」「Web Premium」のほか、すべてのアプリケーションが入った「Master Collection」がある。

Adobe Illustrator CS3

多彩なイラストレーション機能を持つベクターベースの定番グラフィックスソフト。PDF/EPS/PSD/TIFF/GIF/JPEGなどのほか、DWG/DXFの入出力が可能なので、CADで作成した図面を読み込み、プレゼン図面に色付けするなどの活用が可能。最新版では、色合い、陰影、調和したカラーなどを簡単に選べるライブカラー機能の追加や、Adobe Flashとの連携強化などが図られている。

Adobe Photoshop CS3 Extended

多彩な編集機能を搭載する画像編集ソフト「Adobe Photoshop CS3」(100,000円)の上位製品。「Adobe Photoshop CS3」に含まれるCamera Raw画像処理、画像編集機能、画像合成機能などに加えて、3次元合成/テクスチャ編集/ビデオ編集といったコンテンツ制作機能、画像の計測やDICOMファイルのサポートといった画像解析機能が追加されているのが特徴だ。

Adobe Photoshop Elements 6 Windows版

Photoshopの初心者向けソフトだが、独自の機能によって使いやすく進化している。最新バージョンでは、集合写真から表情などがよいものを選んで組み合わせ、新たな集合写真を作成できる「Photomergeテクノロジー」が搭載された。また、ユーザーのレベルに合わせて選択できる3種類の編集モード、表示/検索を高速で行える写真整理モードなどの機能強化がされている。Macintosh版の「Adobe Photoshop Elements 4.0 for Macintosh」(9,240円)もある。

Arbortext IsoDraw 7.0

2次元/3次元のテクニカルイラスト作成ツール。「Pro/ENGINEER」のパーツ/アセンブリファイル、IGESファイルから、製品マニュアルや技術文書に挿入するテクニカルイラストを作成する。CADデータを直接読み込んでアイソメ図などを作成できる。Pro/ENGINEERファイルとの連携も可能で、形状変化に追従してイラストも更新される。
バーチャルビルディングを作成する3次元CAD

ArchiCAD 11

オブジェクト指向の建築3次元CAD。3次元の仮想建築モデル(バーチャルビルディング)をパソコン内に作成するというのが基本的な設計思想で、そのモデルから平面/立面/断面など必要な図面を生成する。入力や変更はどの図面からでも、また3次元モデル上でも行うことができ、更新されたデータは自動的にすべての図面にリアルタイムに反映されるため、常に整合性を保ちながら設計作業を効率的に行える。最新バージョンでは、断面形状編集機能や図面参照機能の強化、展開図ツールの改良により、設計の自由度が増した。また、教育機関、学生に対して最新バージョンを無償提供している。
3次元CG機能が強化された定番3次元CAD

AutoCAD 2008

分野を問わず広く使用されている汎用3次元CAD。強力かつオープンなカスタマイズ環境を持ち、建築/土木/機械など、特定の設計分野向けのサードパーティ製アプリケーションを利用できる。最新バージョンでは、ユーザーインターフェイスが使いやすく改良されたほか、「注釈オブジェクト」が異尺度に対応するなど、日常の設計業務を効率化する新機能が多数盛り込まれた。さらに、ソリッドやサーフェスのモデリング、ウォークスルーアニメーションなど詳細設計までの機能を実装し、3次元機能が強化されている。64ビット版OSにも対応。

AutoCAD Architecture 2008

AutoCADをベースに壁や窓などの建築用オブジェクトを追加した建築設計専用CAD。「Autodesk Architectural Desktop 2007」がバージョンアップの際に名称を変更されたもので、実質上のバージョンアップ版である。最新バージョンでは、AutoCADからの移行を促すヘルプシステムの向上、ツールパレットの多用化と注釈の異尺度対応をはじめとした新機能が搭載されている。
AutoCADベースの土木専用3次元CAD

AutoCAD Civil 3D 2008

「AutoCAD Civil 3D」は、道路や橋梁などさまざまな土木プロジェクトの設計/作図/管理をサポートする、AutoCADベースの総合ソリューション。ダイナミックエンジニアリングモデルにより設計情報と作図機能を動的に連動させることで、設計検討作業を視覚的に効率よく進められる。最新バージョンでは、平面図作成ツールを使用することで延長の長い道路設計での図面レイアウトが一括で自動作成できるほか、「Google Earth」との連携も強化された。

AutoCAD Electrical 2008

単純作業の自動化で設計効率を高めた電気制御設計専用のCAD。ワイヤのトリミング、コンポーネントや回路のコピー/削除などを簡単に行える電気系設計図面特有の製図機能をはじめ、端子台エディタ、コネクタジェネレータなどの電気制御設計専用ツールやコマンドが搭載されており、生産性の向上が図れる。
個人事務所から大手企業まで信頼の厚い2次元CAD

AutoCAD LT 2008

「AutoCAD LT」は2次元機能に特化し、カスタマイズ機能を持たない「Auto CAD」のライトバージョン。DWGファイル形式の完全な互換性、ダイナミックブロックの編集機能、Express Tools内の画層管理ツールの統合、作図機能の大幅な強化により、作業効率を高める。最新バージョンはWindows Vistaに対応し、新たに汎用3次元CAD「MicroStation V8」の保存形式であるDGNファイルの読み込み/書き出し機能を搭載。寸法や異尺度対応の注釈機能などが強化され、操作スピードがアップした。

AutoCAD Map 3D 2008

施設、設備図面、平面図、地図などの作成/編集/更新/管理を行うプロのためのAutoCAD。任意の図形への属性付加、複数図面からの図形検索や属性による表示変更、GISデータの入出力や座標系変換などの機能が搭載されている。

AutoCAD Mechanical 2008

AutoCADに機械設計向けの機能を搭載した2次元CAD。効率的な設計とスムーズなデータ共有が可能。作図したオブジェクトを自動的に適切な画層に振り分ける機能のほか、線種設定やトリム処理などを自動的に行う「関連2D隠線処理」機能などの設計効率の向上を図るさまざまな機能が盛り込まれている。
BIM対応の建築3次元CAD

AutoCAD Revit Architecture Suite 2008

「Autodesk Revit Building」が名称変更された、BIM(Building Information Modeling)対応の建築3次元CAD。「グループ編集」における操作性の向上、DWFデータへの書き出し機能の強化、Autodesk 3ds Maxとの連携強化など、さまざまな機能が強化された。建築プロジェクトを3次元モデルで管理するBIM実現のため、作成された3次元モデルから平面図/立面図/断面図が自動的に表現され、常に整合性が取られる。建築確認申請図書の整合性確保に効果を発揮する。

AutoDePDF Professional Ver2

AutoCAD形式ファイル対応のPDF一括変換ツール。DWG/DXFファイルのレイヤ情報を含んだPDFファイルをワンクリックで作成できる。独自の高速エンジンが搭載されており、1時間に数千枚のPDFファイルの生成が可能。図面集が作れるマルチページ機能や、128ビットセキュリティ機能などもある。

AutoMECH 2008

AutoCAD 2008の機械系アドオンツール。機械設計支援機能が豊富で、一般的な作図、編集、機能はもとより、JIS製図記号や基本機械要素の自動作図、異尺図面の作図、重心/断面係数/断面2次元モーメントの算出などの機能が搭載されている。64ビット版OSに対応している。
エンターテインメントからCGパースまで、プロ仕様のCGソフト

Autodesk 3ds Max 2008

高度な3次元モデリング/アニメーション作成/レンダリングが行えるプロ仕様の3次元CGソフト。日本語版最新バージョン「Autodesk 3ds Max 2008」では、パフォーマンスとレンダリングワークフローが改良された。また、規模の大きな複雑なシーンでの操作性を向上させる新しいビューポート技術/最適化機能が搭載された。さらに、新たに搭載されたシーンエクスプローラ機能により、数千のオブジェクトが影響し合う巨大シーンでも直感的な管理が可能になった。

Autodesk Buzzsaw

建設分野向けのインターネットコラボレーションプロジェクト管理サービス。企画/設計から施工/メンテナンスまでの建設ライフサイクル全体でドキュメントの保管/共有/アクセスが行えるASP。AutoCADと併せて使うことで、より効率的な運営が可能になる。
機械系2次元/3次元CADソフト統合パッケージ

Autodesk Inventor Professional 2008

2次元設計から3次元設計への移行を促す製造業向けCADの統合パッケージ「Autodesk Inventor 2008」にラインアップされている。最新版ではAutoCADとの完全な統合が図られた。図面保存形式にDWGが追加され、Inventorで作成した図面をAutoCAD上で表示/計測/印刷でき、3次元モデルの変更/修正はDWG図面に反映される。また、このDWG図面はAutoCAD上で編集も可能で、AutoCADとの連携が実現している。
モデリング/レンダリング/アニメーション機能を備えた3次元CGソフト

Autodesk Maya 2008

「Autodesk Maya」は、モデリング、レンダリング、アニメーション、ダイナミクスシミュレーション機能を備えたハイエンド3次元ソリューション。最新版の2008では、能率的なスムースメッシュワークフローや新しいエッジのスライド機能、ブーリアン機能などによって、緻密なキャラクタ/環境を形成するポリゴンの作成/編集/配置が可能になったほか、マルチスレッドやアルゴリズムなどの高速化によってソフトウェアツールが最適化され、性能向上が図られている。Windows Vistaに対応。
3次元パースから積算、各種書類まで作成できる3次元CAD

B-MOS

建築業務に対応した建築総合モデリングシステム。パース作成から設計、積算まで行える。ほかのCADで作成されたCADデータ(DXF/JWC)や紙図面をスキャニングした画像データを読み込み、指定した範囲から「B-MOS」の平面データに変換する機能がある。間取図と連動して配置図/平面詳細図/立面図などを作成する従来の機能に加え、プレカット金物工法に対応した構造図の自動作成機能、構造チェック機能などが追加されており、改正建築基準法への対応が強化されている。
ユーザーレベルに応じた3種類のラインアップ

BELL DESIGN リリース9

コストパフォーマンスの高い汎用2次元CAD。ユーザーレベルに応じて3種類のラインアップが用意されている。初心者向けの「Lite」は作図/編集/部品/寸法/文字などの汎用機能、「Std」はメニューやツールバーなどのユーザーカスタマイズ機能、変形図形/変形部品などを搭載。上級者用「Pro」は開発言語とAPI関数により、システムカスタマイズが可能。また、建築電気設備用/給排水設備用/機械設計・金型設計用の3種類のアドオンソフトがある。

BLUETREND V Ver.5.1

測量計算から納品成果作成まで行える測量計算CADシステム。従来からのCALS/EC対応、SXF(p21/sfc)ファイルの入出力標準装備に加え、最新版では面積をシミュレーションしながら連続的に宅地計画図を作成できるオプションプログラム「宅割り計画」が追加されたほか、測量成果のCAD編集作業をスピードアップする機能の搭載や、AutoCADデータ互換の強化などが図られている。

BUILD.一貫IV+(FourPlus)

改正建築基準法に対応した構造計算プログラム。計算に関する告示と施行規則に記述された計算書様式に対応している。審査機関の整合性チェックに必要な計算書内への断面リスト図出力機能や、適合性判定機関での再計算に必要なCD-ROMの作成機能、CD-ROMを挿入するだけで自動的に再計算を実行する機能などが搭載されている。

BUS-5

RC/SRC/S造建物の一貫構造計算(1次/2次設計)プログラム。構造骨組の形状や配置を忠実にモデル化する機能と立体解析により、構造計算が容易に行え、各種提出書類をスピーディに作成可能。「BUS-5」は改正建築基準法(2007年6月)に対応し、構造計算概要書出力、開口付き耐力壁の判断と耐力計算変更、RC部材が脆性破壊しないための保証設計などの新告示に合致した計算を行う。
電子納品ツールを標準搭載し、CALS/ECをサポートする国産CAD

BV CAD Ver.6 AST

多彩で柔軟な製図機能と優れた操作性を兼ね備えた国産CAD。SXFファイルをネイティブでサポートし、SXF/DXF/DWG/JWC/JWWの入出力に対応しているため、電子納品図面作成の基幹CADとして活用できる。最新版では、電子納品に即したファイル名を簡単に作成できる「電子納品ファイル名設定なび」などの機能が追加された。「CAD製図基準(案)」適合チェックを行う「CAD製図基準アシスト」をオプションで用意している。

BV FILE/Viewer Ver.6

朱書き機能を搭載したSXFビューワソフト。表示/印刷機能に特化しており、朱書き機能では、図面データの変更/修正個所を指示できるほか、修正個所の作図には、直線、円、スプライン、シンボル(朱書きシンボルを用意)などを選択できる。エクスプローラライクな操作性にファイル管理機能を強化し、SXFビューワだけでなく、Word、Excelデータの閲覧などにも活用できる。

BeDraw

直感的な操作性と優れた作図/編集機能が特徴の汎用2次元CAD。データ、レイヤ、マウス操作などJw_cadとの互換性も高い。作図/編集だけではなく、図面コンバータ、簡易プレゼンツール、ランチャーとしても使用できる。フリーのPDA用図面ビューワ「BePocket」、携帯電話用図面ビューワ「Belsee」を使えば、現場や出先でも図面を閲覧できる。

Bentley Architecture

設計/施工から竣工後の運用まで、建築設計と生産プロセスを自動化することを目的とした建築用3次元設計システム。あらゆる段階の建築/設計情報を統合して扱い、BIMを実現する。標準的なCAD機能をはじめ、モデリング機能、レンダリング/アニメーション機能などのプレゼンテーションに必要な機能が各種搭載されている。直感的なインターフェイスで3次元に不慣れなユーザーにも操作しやすい。
3次元で線形/造成設計を行う道路設計「InRoadシリーズ」

Bentley InRoads

汎用3次元CAD「MicroStation」上で動作する土木3次元CAD。道路構造物や舗装材を部品登録することで、複数の道路横断面を素早く作成できる。水平路線図や縦断路線図を参照しながら横断面の状態確認や編集/修正が行える「ロードウィザード」機能など、設計を効率化する機能を搭載している。最新バージョンInRoads Ver.8.7は、MicroStation V8 2004 Edition上で動作し、道路構造物やアスファルトなどの舗装材を標準道路面の横断部品として登録し、組み合わせて標準断面図を作成できる機能や、XML出力機能などが搭載されている。
CAD図面の自動レイヤ振り分けが可能な、電子納品図面作成支援ツール

Bigvan al-Nil 2007

図面データを「CAD製図基準(案)」に則した形式に自動修正し、SXF形式に変換する電子納品支援ソフト。「自動レイヤ振り分け」機能により、不正なレイヤ情報のままでの自動変換が可能。変換は、自動/半自動/手動を選択できる。さらに「図面チェック/自動修正」機能が搭載されている。入出力可能なデータ形式は、SXF(p21/sfc)/DWG/DXF。SXFはVer.3、DWG/DXFはAutoCAD 2004形式(AutoCAD 2004~2006に共通の図面ファイル形式)に対応している。

Brain Gear 2008 Plus

「AutoCAD Architecture」上で稼動し、企画/設計/積算/施工/保守/FMまでを総合的にサポートする建築設備設計システム。「電気設備」と「機械設備」のパッケージがあり、それぞれに設計計算機能を装備した「スタンダード」と設計計算機能に加えて積算機能を装備した「プロフェッショナル」のラインアップがある。設備モデルだけでなく、最新版では建築モデルの作成/管理機能が追加された。DWG/DXF/JWW/SXF/BE-Bridgeの入出力に対応。

CA インターネットセキュリティ スイートプラス2008

ウイルス対策、スパイウェア対策、フィッシング対策、迷惑メール対策、個人情報漏えい防止などのセキュリティ対策が一つになったパッケージ。重要なファイル、写真、音楽などのデータのほか、パソコンの設定内容を簡単な操作でのバックアップ/復元が可能で、それらを別のパソコンに安全に移動させることもできる。

CADCity建築

建築/電気設備/シーケンス/空調衛生配管用のCADシリーズのうち、意匠設計に特化した製品。企画設計から意匠/施工図作成までを一貫して行う。壁/柱/通り芯をはじめとする各種建築専用コマンドや、壁と壁、壁と柱を容易に包絡できる機能など、効率よく図面の作成/編集が行える機能が多数搭載されている。
図面運用の効率化を実現したリアルタイム3次元設備CAD

CADEWA Evolutionシリーズ

電気、空調/衛生用の建築設備CADシステム。設備図面の作成を効率よく行うための作図/編集機能を多数搭載するほか、3次元CG機能も標準装備。平面/断面/CGソフトをリアルタイムに連動させて操作できるため、取り合いの確認、打ち合わせ時間の短縮、現場でのトラブルの減少などに有効。「CADEWA Evolution 電気」「CADEWA Evolution Jr.電気」「CADEWA Evolution 空調衛生」「CADEWA Evolution Jr.空調衛生」「CADEWA Evolution 単線空調衛生」「CADEWA Evolution 総合設備」があり、DXF/DWG/JWW/JWC/JWK/PDD/BEBridge/Stem/SXF(p21/sfc)の入出力、MPW/MPPの入力に対応。

CADTOOLフレーム構造解析7 2D

平面構造対応FEMモジュールを用いた構造計算ソフト。梁/トラス/ラーメンの実際の構造に合わせて、支持条件や荷重条件の設定ができる。また、断面形状のDXFがあれば、断面性能の計算を行い、梁/トラス/ラーメンの構造計算に利用できる。最新版では、構造モデルをマウス操作だけで作成できる機能をはじめ、1つの構造物に対して最大20種類の荷重パターンを登録して計算する機能などが搭載された。

CADTOOLフレーム構造解析7 3D

梁/トラス構造/ラーメン構造の解析と断面性能解析ができる。機械/プラント設計から、建築/土木関係まで幅広く利用できる。2次元機能(平面上で梁/トラス/ラーメンの解析)と3次元機能(立体骨組解析)が搭載されており、用途/目的別に使い分けられる。DXFファイルの断面形状から断面性能やねじり関係の計算を行い3次元の解析で利用できる。同ソフトは「CADTOOLフレーム構造解析7 2D」の機能を含む。
設計/施工図作成から数量拾いまでカバーする統合型設備CAD

CADWe'll CAPE 2007

建築設備の設計/施工図作成から数量拾いまで行う建築設備専用CAD。「電気設備版」と「空調・衛生設備版」、両者を合わせた「統合設備版」の3種類のラインアップがあり、設計者自らが操作できる使いやすさと、設備設計に適した機能を追求している。AutoCADとの互換については、レイアウトや外部参照情報まで含めたデータ互換に対応するほか、DWF出力した図面を「Autodesk Design Review」でデザインレビューできる。DXF/DWG/SXF/JWW/JWC/BEBridgeなどの入出力に対応。
スピーディな作図と3次元表示が可能な設備専用CAD

CADWe'll Tf @S2007

設備専用機能を搭載した設備用2次元CAD。設計図面の品質の向上や、プレゼンテーションに役立つ「3次元表示機能」、作図した図面から数量集計を行い、見積積算へ活用できる「数量拾い機能」などの設備専用機能を標準搭載。同社の「CADWe'll CAPE」で作成した図面を直接読み込み、作図/編集/3次元表示が可能。DXF/DWG/SXF/JWW/JWC/BE-Bridgeなどの入出力に対応。「CADWe'll CAPE」と同様に、DWF出力した図面を「Autodesk Design Review」でデザインレビューできる。
豊富なデータ互換性とデータ活用機能を持つ土木2次元CAD

CADWe'll 土木2008

直感的な操作性やOfficeライクな編集機能、豊富な土木機能で作業効率を向上する土木CAD。数学座標と測量座標の切り替え、勾配などのホールド設定、縦横断異縮尺といった土木特有の表現に対応しており、簡単な操作で作図/編集ができる。SXF(p21/sfc)のレベル2Ver.3、AutoCADとJw_cadの最新バージョンによる入出力に対応。「CAD製図基準(案)」に準拠したレイヤの取り込み、図面チェック、エラー一括修正、DWFによる図面のレビューなどで土木作図業務の効率化や電子納品をサポートする。

CADWe'll 建築2007

計画から実施設計/施工図作成までを強力にサポートする建築専用2次元CAD。約3,000個用意されている部材を用いて建築図を作成することにより、計画/一般/詳細/躯体/フレームなどの5種類の図面を表現することが可能。日影計算、基準線を基に辺の長さや高さを入力して敷地図を作成できる三斜線機能、敷地/室面積表の作成機能なども搭載。

CADみるPro2

2次元の図面や3次元モデルを閲覧/印刷できるビューワソフト。マウス操作だけで画面表示、レイヤの切り替え、図面情報の取得などが行える。注記なども作図できるので、図面を共有して使う際に便利。対応ファイル形式は、AutoCAD(DXF/DWG)、Jw_cad(JWW/JWC)、DRA-CAD(MPP/MPW/MPX/MPZ/MPS)、SXF(p21/sfc)。

CADチェッカー

図面ファイルの「CAD製図基準(案)」などへの適合チェックを行うツール。複数の図面に対しての適合チェックと、朱書きによる修正指示が可能。川田テクノシステムの「V-nasシリーズ」にアドオンすることで、不適合個所の自動修正が可能になる。対応ファイル形式は、SXF/BFO/DXF/DWG/JWC/JWW。

CALS台帳

CALS/ECに対応した地図情報データベースシステム。地図情報検索を行えるインターフェイスを搭載し、電子地図上で情報の登録/検索/管理が可能。国土地理院が提供する地図データを利用したサイバー地図「電子国土サイト」を使用することで、最新の地理情報が保たれる。
さまざまなニーズに対応する統合3次元ソリューション

CATIA V5 R18

自動車、機械、航空宇宙から電気電子、消費財分野まで、さまざまな業種/規模において製品開発に利用されている統合3次元ソリューション。基本の設計ツールに必要なモジュールを追加することで、設計対象に応じた環境構築が可能。ナレッジウェア機能により、設計手法や製品設計にかかわるナレッジを企業独自のノウハウとしてデータベース化し共有でき、設計期間の短縮と製品品質の向上を実現する。中堅企業のPLM実現のために必要なパッケージを選択できるCATIA PLM Expressもある。
直感的な操作性、高品質なレンダリング性能を持った3次元CGソフト

CINEMA 4D R10.5 Architecture Edition

簡単に扱える操作性、堅牢な安定性、高い描写性能、高速なレンダリング性能を持った3次元CGソフト。ハイエンドCGソフトと機能的に遜色ないモジュール構成となっており、さまざまな業務やスキルに対応するソフトとして定評がある。VectorWorksとの連動が可能で、Macintosh版もある。最新バージョンでは、レイヤ/ブロック/参照にも対応するDWGインポートフィルタ(AutoCAD R13~2008)の搭載をはじめ、HUD(ヘッドアップディスプレイ)の改良による作業効率の向上、各種モジュールの拡張などが行われている。

COSMOSDesignSTAR

SolidWorks、Autodesk Inventor、Solid Edgeとの連携機能を備えた独立型のCAEツール。Parasolid/ACIS/STEP/IGESなどの中間ファイル形式に対応し、オプションでCATIA V5 トランスレータを用意。ほぼすべての3次元CADからのファイル読み込みに対応する。最新バージョンでは、メッシュ作成時間や解析実行の終了予測時間の表示、高速解析ソルバ「FFE Plus」の改良による計算スピード向上などの機能強化がされている。
簡単な操作で建築/電気/空調/衛生図面の作図が可能

CRAFT-CAD Ver.4

高機能/簡単操作/低価格が特徴の住宅設備用2次元CAD。汎用CAD機能に、設備図面に必要不可欠な20のコマンドを厳選して搭載しており、簡単な操作で作図ができる。これまで汎用CADやJw_cadを使用していたユーザーや、これからCADを導入するユーザーでも短時間で習得できる。器具間の配線を5パターンの中から表示/確認し、一括配線できる機能や、配線や配管のルートを削除することなくマウス操作だけで移動できる機能なども搭載されている。DXF/JWC/JWWの入出力に対応。

CREMA HDRI Vol.1

建築から映像制作までさまざまな用途で利用できるHDRI(High Dynamic Range Image)素材集。「Autodesk 3ds Max」や「CINEMA 4D」などの3次元CGソフトで使用できる。素材は、解像度8,000×4,000ピクセル、4,000×2,000ピクセル、1,200×600ピクセルの3種類が用意されており、用途に合わせて使用できる。空の写真(JPEG)も63種類同梱されている。
ドローイング機能をコアとする統合型グラフィックスツール

Canvas X J

テクニカルドローイングとペイント機能が充実した統合型グラフィックスツール。イラスト作成、画像編集、ページレイアウトのほかに、Webグラフィックス、DTP、プレゼンテーションまでカバーする。DXF/DWGの読み込みのほか、70種類以上のファイル形式をサポート。GIS分野向けの機能を追加した「Canvas X J GIS+」、医療/科学分野向けの機能を追加した「Canvas X J Scientific Imaging」のラインアップもある。
自由に設計を進められるノンヒストリタイプ3次元CAD

CoCreate OneSpace Modeling 2007

ハイテク電子精密機械産業にフォーカスして開発された機械系汎用CAD。フィーチャなどの履歴情報を持たないノンヒストリタイプなので、形状変更時に履歴を意識せず自由に設計を進められる。大きな特徴である「ダイナミックモデリング」は、設計の意図に基づいて、設計者の意思のとおりに応えてくれるノンヒストリタイプならではのモデリング機能だ。設計履歴をもたないため、モデルが軽量で大規模のアセンブリにも安定的に対応する。最新バージョンでは、ダイナミックモデリングと大規模アセンブリ関連の各機能が拡張された。

CompuSec

ノートパソコンやデスクトップパソコンを対象に、起動前認証やデータの暗号化を可能にする暗号化/認証セキュリティソフト。パソコンの盗難、置き忘れ、廃棄時などの第三者による不正利用からデータを保護する。セキュリティレベルに応じて、起動前認証に認証デバイスを用いる「CompuSec Pro」と、認証デバイスを用いない「CompuSec SW」がある。

Corel Paint Shop Pro Photo X2

デジタル一眼レフカメラなどで撮影した大量の写真の高速処理が可能な写真編集ソフト。ラスターデータとベクターデータの処理/作成を行え、画像やイラスト、文字などを同時に扱うポートフォリオやプレゼンテーション資料の作成に活用できる。最新版では、画像を開かずにフォルダごと閲覧しながら編集できる「エクスプレスラボ」機能や、露出の異なる複数の画像を結合できる「HDR(ハイダイナミックレンジ)」機能などが搭載された。
画像編集/DTPを行えるWindows用グラフィックスソフト

CorelDRAW Graphics Suite X3 PLUS

描画/画像編集/DTP機能を備えた統合グラフィックスソフト。イラスト作成/ページレイアウトソフト「CorelDRAW X3」、BMP形式の画像やデジタル写真の画像編集ソフト「Corel PHOTO-PAINT X3」、BMP形式の画像をベクター変換できるトレースソフト「Corel CAPTURE」、フォント/素材集が同梱されている。現行バージョンではラスター/ベクターのトレーシングとベクターイメージの編集作業ができる「CorelPowerTRACE」機能が搭載され、テキストの配置をスムーズにするツールが強化されている。

DC-CAD3 A納図

直感的でわかりやすい操作性と土木施工に特化した機能を搭載した土木CAD。建設システムの「デキスパート」との連携が可能。品確法への対応として、ExcelやWordへのデータ貼り付けが可能で、施工計画書の提案に活用できる。「道路基盤データ交換属性セット(案)」に対応したオプションソフト「完成平面図作成支援ツール」がある。SXF Ver.3にも対応。

DMコンバータ

デジタルマッピング(DM)データ/JSP/SIMA-DMデータなどの数値地図データを読み込み、CADデータに変換するツール。数値地図データは、行政、道路、鉄道などそれぞれのレイヤに分類されて読み込まれる。単体で動作して地形データをDXFファイルに変換する「DM-DXFコンバータ」、AutoCAD上で動作する「DM-ACADコンバータ」、PIPE Design Proで動作する「PIPEオプション」の3製品のラインアップがある。

DOSCH Viz-Images

建築パース作成で使える添景データ集。人物や植物、家具、自動車などのアルファチャンネル付きの画像が、Photoshop形式やTIFF形式などで収録されている。病院のスタッフや子どもの添景を収録した「DOSCH Viz-Images: People - Hospital & Kids」や、フィットネスをする人物の「同:People-Fitness」など32種類のラインアップがある。
製図からプレゼン、建築法規関連機能まで搭載する汎用CAD

DRA-CAD8/DRA-CAD8 LE

2次元作図/編集、3次元モデリング/レンダリング機能を持つ汎用CAD。プレゼンテーションに役立つ画像編集機能や画像線分化機能、多様なファイル形式の入出力、オプションコマンドによるカスタマイズ機能が搭載されている。最新バージョンでは、確認申請図書作成を支援する機能が追加された。複数のファイルを一括管理/操作する機能により、関連する図面の重ね合わせチェックなど図面間の整合性のチェックが行えるほか、必要図書への記載事項の検索/確認、面積表/建具表の作成、木造壁量計算などの計算コマンドも標準装備している。

DesignDraft

空調/衛生版、電気版、両方を使用できるバリューパックの3種類のラインアップがある総合設備3次元CAD。空調/衛生版はBE-Bridgeに対応(最新版ではBE-Bridge Ver3.0まで対応)。施工図作成と同時に3次元モデルが自動で作成される。電気版は単品配置/線上配置/壁付配置/配列配置/2点配置などを利用して効率的な作図が可能。DWG/DXF/DGNの入出力に対応している。

DigiD

形状や属性データを持つコンポーネントによって構成される「家モデル」が、提案段階から設計段階へ進むにつれて変化するというプロセスモデリング思考をベースとした建築3次元CAD。最新バージョンでは、編集モードの追加による操作性の向上をはじめ、屋根入力機能の追加、外部ビューワではなくDigiD内でのXVL3次元表示の実現などが図られている。最新版では、風と光を解析する「風向解析機能」「照明解析機能」「日照・採光解析機能」が追加された。
ドローソフトのような自然な操作感の2次元CAD

DraftingCAD Pro

「DraftingCAD Pro」は、ドローソフトのように絵を描くような自然な感覚で操作でき、CADの詳しい知識がなくても直感的に扱うことができる。線同士の吸着機能や線を線同士の交点で切り落とす機能、簡単な動作で寸法線を作成できる寸法線機能などCAD特有の機能を有する。DXFやDWG形式の入出力もサポート。低価格ながらプロユースに堪える機能を持っている。作図機能に絞っているため、動作が機敏なのも特徴。Windows版とMacintosh版がある。

DrawC

建設業向けドローイング/ドキュメント作成ソフト。作図/編集/印刷の基本機能と部品パーツ類が搭載されており、施工計画書や報告書、現場施工図の作成に適している。約700点の建設業向け図形パーツを使って、届け出書類などに挿入する図を簡単に作成できる。Jw_cadやAutoCADなどの図面の取り込みも可能。
手書き感覚で使いやすい、CALS/EC対応汎用2次元CAD

DynaCAD Ver.11

04-09-3.jpg手書き感覚の使いやすさを追求した国産の汎用2次元CAD。通り芯、柱/壁、建具配置、包絡などをスムーズに行う機能や、レイアウトと編集が自由にできる部分図機能、図面チェックに便利な朱書き機能などが搭載されている。ラスター関連の機能が充実しているほか、旧バージョンで作成したデータも読み込めるので、過去の図面を活用することができる。CALS/EC対応で、国土交通省「CAD製図基準(案)」に準じた電子納品図面の作成、チェック修正が可能。
手に馴染む操作感が特徴の土木用2次元CAD

DynaCAD土木Ver.11

07-05-4.jpgCALS/EC対応の土木用2次元CAD。手書き感覚の自然なマウス操作と使いやすいコマンド設定が特徴で、変更も自由にできる。また、ラスターデータとベクターデータをCAD上で編集できる。測量座標、土木曲線、面積計算などの土木機能が強化されており、「CAD製図基準(案)」に沿ったテンプレート作成、図面チェック、朱書き機能といった電子納品支援機能を搭載。SXF(sfc/p21)をはじめ、DXF/DWG/JWWの入出力に対応しており、ほかのCADとの互換性も高い。
過去の紙図面をCADのように編集できるラスター編集ソフト

EDGESWEEPER Ver.4.5

ラスターデータとベクターデータを混在させることで、ラスターデータの編集を可能にしたラスター編集ソフト。過去の紙図面をスキャニングして活用できる。ラスターデータのドットを把握し、線や円などの要素に置き換え、図形編集を可能にする。選択要素は一時的にベクター化され、座標/距離/角度/線種などの属性を保有するため、属性値を変更して編集することも可能。Ver.4.5からWindows Vistaに対応。
施工管理を支援するCALS対応CADシステム

EX-TREND 武蔵

「CAD製図基準(案)」や表題欄対応など都道府県対応を強化したCALS対応土木CADプログラム。電子納品に必要なSXF形式以外にも、DXF/DWG/JWW/JWC/JPEG/TIFF/BMPなどの各種ファイル形式に対応。AutoCADは2007にも対応。Excel連携機能によりExcelで作成した表の取り込みや出力が可能。数量の拾い出し、測量計算/数値確認、作業員への指示図作成、発注者への説明図作成、出来形図作成など、施工現場でのさまざまな作業を支援する。
直感的なインターフェイスとシンプル操作の設備CAD

FILDER_PLUS V1.9

電子納品に標準対応するシンプル操作の設備専用CAD。最新バージョンでは、各種図面データの処理速度が向上したほか、1枚の図面を複数のシートに分けて作図できるシート機能やラスターデータ編集機能の強化、レイヤ制御の操作性の向上が図られた。また、機器や部材が追加され、新たに「見積り」オプションが加わった。3Dオプション、水道申請図オプション、空調設計支援オプションなどを必要に応じて追加できる。DXF/DWG/JWW/JWC/SXF(p21/sfc)/Be-Bridgeの入出力、MPX/MPZ/Stemの入力に対応。
3次元モデルを手軽に作成できるデザインツール

Google SketchUp PRO 6J

3次元のモデルを素早く簡単に作成し、表示/編集できるデザインツール。画面上にオブジェクトの輪郭を書いていくと、推定機能が線の性質を把握し、3次元オブジェクトが作成される。シェイプ上でクリックし、押す、あるいは引っ張るだけで任意のジオメトリを作り出せるブッシュ/プル機能など、自由な操作感が特徴だ。DWG/DXFデータの入出力が可能で、3次元モデルを手軽に作成したいAutoCADユーザーやJw_cadユーザーに適している。SketchUp PRO 6では、印刷用図面のための機能「layout(レイアウト)」が搭載された。

HandyCAD MarkII Ver.4.30

使いやすい製図機能と高いカスタマイズ性で幅広い分野に利用されている2次元CAD。カスタマイズベースのCADエンジンなので、Visual BasicやDelphiなどのアプリケーションにHandyCAD MarkⅡを貼り付けることで独自のCADを作成することも可能。JWW/JWC/CADSUPER/SXF/IGESなど20種類を超えるダイレクトコンバータを標準装備。特にDWF/DWGについては、最新のバージョンから不完全なフォーマットまで幅広く対応している。

HiCAD neXt

ドイツを中心とするヨーロッパで導入実績が豊富なミッドレンジ3次元CAD。作図関連の2次元機能を備える「classic」、モデリングやアセンブリなどの3次元機能を備える「creator」と、両者を統合した「solution」のラインアップがある。2次元図面機能から3次元モデリング機能、JIS規格など諸外国の規格部品まで用意され、特に機械設計分野で必要とされる機能が充実している。
AutoCAD 2007/2008のファイル形式に対応した汎用CAD

IJ IntelliCAD 6/IJCAD6

「IJ IntelliCAD」は、AutoCADとの高い互換性を持つ汎用CAD。3つのグレードがラインアップされており、データ変換や高機能ビューワ機能を持つCAD学習用の「Basic」、2次元設計用の「Plus」、3次元まで含めた作図用の「Pro」がある。最新バージョンでは、AutoCADの最新バージョン2008で作成されたDWGファイルの入出力に対応。また、Windows Vistaに対応した。「IJCAD」は、ベースとなるIntelliCADを日本仕様に改良した製品で、2次元設計用の「Plus」と3次元設計用の「Pro」の2つのラインアップがある。

InterVideo MediaOne Gallery

デジタルメディア統合ソフトウェアとして、写真/映像/音楽の編集と再生出力、PDFなどのオフィスドキュメントの検索/閲覧のほか、デバイス機能やインターネットからの各種ファイルのダウンロード機能を備えている。さらに、Googleデスクトップ検索エンジンを搭載し、パソコン内のさまざまなドキュメントを高速検索できる。
安全性と利便性を両立させたASP型情報交換サービス

KDDI セキュアシェア

「KDDIセキュアシェア」は、ASP(Application Service Provider)型の情報交換サービス。インターネット上に設定されたサーバを通して、特定の相手とのファイルの交換/共有が行える。インターネット上の通信経路はSSLによって暗号化され、インターネット上だけでなく、KDDI セキュアシェアサーバ上でもファイルは暗号化されるので、システム管理者でも解読不能というセキュリティの高さが特徴だ。専用のクライアントソフト「S-Drive」を利用することで操作がさらにスムーズになる。

KENSUKE21 躯体積算ソフト

簡単な伏図を入力することで、各種RC建築躯体の数量をスピーディに拾い、積算できる一連自動処理型の躯体積算プログラム。RC造ラーメン構造や壁構造のコンクリート、型枠、鉄筋、土工事などの拾い積算を従来の手作業の数倍の効率で行うことができる。円形および複雑な形状に対応し、ボイドスラブの積算も可能。作成した伏図をJw_cadデータに変換でき、これをもとに施工図を作成できる。Excelなど外部ソフトとの連携も充実。
マウス操作中心で操作性の高い汎用2次元CAD

KING・CAD・2000

豊富な機能と使いやすさを兼ね備えた汎用2次元CAD。使用頻度の高い部材名や型番などを登録しておくことで、長い型番もマウスで選択するだけで、図面上に配置できるスタンプ機能を搭載。コマンドはボタンアイコンで常に画面上に表示されるので、CAD初心者でもマウス中心の簡単な操作で実行できる。また、C言語を採用して開発されているため、プログラミングの知識があるユーザーであれば、業務に特化したオリジナルCADを構築できる。

KIZUKURI Ver.5

3階建てまでの軸組工法木造住宅および混構造住宅(1階がRC/S造、2~3階が木造)の木造部分の構造計算が行えるソフト。柱や梁、壁などの部材の配置を画面で確認しながら操作できるので入力ミスが少ない。柱/梁の負担面積を計算し、荷重拾いを自動計算できるほか、水平加力時応力図での短期軸力の確認、偏心率計算、混構造のルート2計算なども行える。構造計算結果から梁伏図/床伏図/軸組図/基礎詳細図のCADデータ(JWW/DXF/sfc)を作成する。

LiFE* with PhotoCinema 2 Plus

写真を利用して映画のような動画(フォトシネマ)を作成するソフト。「おまかせ」モードなら、写真の読み込み、写真/音楽/スタイルの選択という簡単な操作で動画が完成する。テキストを入れるなどの編集ができる「じぶんで」モードもある。QuickTime/AVI/MPEG4などの各種ファイル形式のほか、iPod Video、第三世代携帯電話、Video PodCastの動画形式に対応。

LightWave v9

モデリング、レンダリング、エフェクト、アニメーション機能が搭載された統合型3次元CGツール。3次元オブジェクトの作成といったモデリング作業を行う「Modeler(モデラー)」と、モデリングで作成したオブジェクトを読み込みアニメーションの設定やレンダリングを行う「layout(レイアウト)」の2つのアプリケーションから構成されている。
国産汎用CAD「M-Drafシリーズ」のフラッグシップモデル

M-Draf Suite 2008 Rev1.0

20年以上の歴史を持つ国産汎用CAD「M-Draf」シリーズのミッドレンジ3次元CAD。SolidWorks2008をベースに作成された3次元ソリッドモデラー「M-Draf 3D」と、2次元CAD「M-Draf Spirit」が融合した統合パッケージである。ドラッグ&ドロップ、カット&ペーストといったWindowsの標準的な機能を生かした使いやすさが特徴。M-Draf 3Dで作成したソリッドモデルからボタン一つで投影図/断面図に展開し、M-Draf Spiritに自動転送ができる。また、図形を3次元平面図に転送し、3次元モデル生成に流用することも可能。

MADRIC CG PYTHA

建築モデリングをはじめ、家具や機械設計でも活用できる3次元CGソフト。ラジオシティを施したままでリアルタイムウォークスルーを実現。バンプマピングや手描きモード、アクション機能などを設定可能。さらに、カメラリスト(視点)の設定やアクションの組み合わせでアニメーションを作成でき、幅広いプレゼンテーションを行える。
多彩なシミュレーション機能を搭載した3次元CAD

MADRIC・AD-1

間取図を基にプレゼンに欠かせない3次元パース作成から、設計図面作成、詳細積算まで一貫して行える建築3次元CAD。ラジオシティを施した建物内を自由に動き回れるインパクトのあるCG動画作成を行える。室内の風の動きを静止画/動画で確認できる「通風シミュレーション」をはじめ、日照/耐震強度/家相/リフォーム/動線など、各種シミュレーション機能を搭載。

Mathcad 14.0

設計業務において、CAD操作の前に行う強度や動作速度の計算式、グラフ、テキスト、図などを自由に配置した文書を作成できる工学技術計算ソフト。多彩なグラフやアニメーション機能を使って、視覚的に計算結果を確認できる。また、テキスト入力可能なパラメータを使って、ほかのCADソフトとの連携も可能。
豊かな光表現を実現するフォトリアリスティックレンダラー

Maxwell Render 1.5

「Maxwell Render」は物理的に正確な演算を行うレンダリングエンジン。光の特性を実世界と同様のシミュレーションで忠実に再現できる。さまざまな3次元CAD/CGソフトとプラグイン接続できるほか、スタンドアロンとしても使用も可能。バージョン1.5ではマルチライト、SimuLens、シフトレンズなどの機能を搭載し、より少ないメモリで高解像レンダリングができるようになった。マテリアル共有サイトもある。
オブジェクト指向の汎用3次元CAD

MicroGDS V9.0

部品や部材の属性情報を蓄積できるオブジェクト指向の3次元汎用CAD。カスタマイズ機能にも定評がある。「Pro」「Compact3D」「Compact」の3製品があり、Proは、ネットワーク環境に対応したデータ構造を持ち、複数ユーザーによるデータ共有が可能。Compact3Dは、Proのマルチユーザー機能を除いたもの。Compactは、Compact3Dの3次元ソリッドモデリング機能を除いたものである。最新バージョンではスナップガイドを搭載し、直感的な操作性がさらに向上した。

Microsoft Office Visio 2007

Microsoft Office製品と親和性の高い2次元ドローソフト。スマートシェイプといわれるオブジェクトを図面ページにドラッグして、パーツを組み立てる感覚で作図できる。製品ラインアップは、「Professional」と「Standard」があり、視覚的に分かりやすくデータを分析/集計できる「ピボットダイヤグラム」で作図できる。MicrosoftOffice SharePointのWebサイトなどでもプレビューを確認できるので広く情報共有が可能。
64ビット版OS環境にも対応するウイルス対策ソフト

NOD32アンチウイルスV2.7

ウイルス予防/検索/削除に重点が置かれているウイルス対策ソフト。基本機能を充実させ、軽快な操作性を実現している。定義ファイルのない新種ウイルスを高い確率で検出できる独自の技術を用いた「ヒューリスティックエンジン」と、既知ウイルスを認識する定義ファイルの更新の2本立てでウイルスを検出しているため、高確率でウイルスを駆除できる。導入時にOS環境を自動認識してインストールされるので、32ビット/64ビットどちらの環境でも利用できる。サーバ用のOSにも対応している(対応OSの詳細については要問合せ)

NX CAD ソリューション

NXシリーズの「NX CAD」は、自動車、家電、精密機器などの幅広い業種で導入されている3次元CAD/CAM/CAEシステム。モデリング機能、加工モジュールをはじめ、設計プロセスの組み込みができるナレッジ機能、解析機能などを搭載。最新版では、ノンパラメトリックな形状編集機能を備え、デジタルモックアップ表示機能が搭載された。
ウイルス対策から個人情報管理まで、総合的なセキュリティ対策ソフト

Norton Internet Security 2008

ウイルス対策機能はもちろん、スパイウェア対策機能、不正アクセス対策機能、個人情報漏えい防止、ホームネットワークセキュリティ監視機能など、統合的なセキュリティ機能を搭載したソフト。各種設定や対策ごとのメニューが、メインウィンドウに一元化されており、使いやすいインターフェイスになっている。インターネットセキュリティ専門機関「シマンテック・セキュリティレスポンス」からセキュリティアップデート情報が毎日提供される。

PIPE Design Pro6.1

下水道の計画、実施設計における管渠平面設計と縦断設計に特化したAutoCAD上で動作する下水道設計CAD。データの基本入力は、視覚的にわかりやすい平面上から行い、管網情報から縦断設計、縦断図、流量計算書、数量計算などを一連の操作で作成できる。最新バージョンでは、Windows VistaおよびAutoCAD 2008を使用することで、プラットフォームの機能アップが図れ、異尺度対応の注釈などのAutoCADの最新機能を活用できる。

Pencil+2.06 for 3ds Max

鉛筆画のようなストローク表現を実現したAutodesk 3ds Max用のノンフォトリアリスティックプラグインシェーダー。高速なトゥーンレンダリング、単純な面とライン(線)でノンフォトリアリスティックな表現、「ストローク」機能でアーティスティックな表現が可能。インターフェイスが日本語のために操作がわかりやすい。
CADデータ/3次元CG画像を編集できるペイントソフト

PiranesiV5.0

「Piranesi (ピラネージ)」は、CAD/CGデータをスケッチ風/水彩画風/フォトリアリスティックなどさまざまなニュアンスの画像に仕上げられるペイントツール。最新バージョンでは、Adobe Photoshopライクなインターフェイスが採用された。さらに、複数の添景データを任意の方向/角度/大きさで一度に配置できる「マルチ添景」や、ほかのソフトで作成した3次元モデルをPiranesi内で添景データとして活用できる「UV添景」機能などが追加され、表現の幅が広がった。

Plot Share One-EX

大判図面などの大容量データやTIFFデータを高精細/高圧縮し生成したファイルを、LAN/WAN/モバイル環境を問わず、ネットワーク上で交換/閲覧できる情報共有基盤を構築するソフト。データは独自のフォーマットによりベクター形式のまま圧縮されるため、品質を損なわず精細な表示が可能。
幅広い業種に対応するフィーチャベース3次元CAD

Pro/ENGINEER Wildfire 3.0

パラメトリックフィーチャベースのハイエンド3次元CAD。3次元設計の「Foundation XE」を筆頭に、製品データ管理を追加した「Advanced SE」、さらに広範な設計機能を追加した「Advanced XE」、コラボレーションとプロジェクト管理を追加した「Enterprise SE」、シミュレーション/分析/工学計算などを追加した「Enterprise XE」の5製品のラインアップがある。さらに設計アドオンとして5つのモジュールを用意しており、幅広い業種/規模に対応する。

RIKCAD21 Ver.3

施工図からプレゼンテーションまで一貫したソリューションを提供するエクステリア造園設計者向けCAD。ArchiCADをベースに、多彩な作図/編集機能はもちろん、高画質レンダリングとアニメーション機能など、外構設計に必要な専用ツールが搭載されている。60社以上のメーカーのエクステリア商品が3次元部品として登録されており、実際の仕上がりとほぼ同じ状態を画面上に再現できる。

RapidDraw Ver7.0

「CAD製図基準(案)」に対応した低価格の土木用2次元CAD。基準や工種を選択することで、基準(案)準拠のレイヤを簡単に作成できる。作成中の図面要素やレイヤ構造を基準に合わせて自動チェックでき、データ修正部分は画面上にわかりやすく表示されるため、修正もれを防ぐことができる。横断図、柱状図、配筋加工図、構造図、仮設図コマンドなどの土木コマンドを標準装備している。DWG/DXF/SXFの入出力、JWC/FIGの入力に対応。
CADデータ変換の精度を向上させる定番ソフト

ReViPS Ver.7

DXF/DWGファイルを読み込み、モデル空間データのレイアウト空間投影なども設定に応じて行い、受け手側CAD上の運用効率の高いDXFを作成するCADデータ変換支援ソフト。「ReViPS」で作成された設定ファイルを使い、複数ファイルをまとめて変換する「連続変換ReViPS」がセットになっている。不正なDXFを修正する自動修復機能、CADの特性に合わせたパラメータを設定して変換する一括変換機能、変換結果を図形特性と要素種類の組み合わせで属性変更する特性変換機能の3段階の変換機能を持つ。
NURBSモデリング機能が充実したモデリングツール

Rhinoceros4.0

自由曲面形状の作成を得意とする3次元モデリングツール。ロフト/スイープ/ネットワークサーフェス/パッチによるサーフェスの生成、トリム/オフセット/フィレット/ブーリアン演算機能による編集が可能。ネットワークサーフェスやスイープは隣接するサーフェスに対して連続性を指定でき、滑らかなサーフェスを作成できる。作成したサーフェスは、解析ツールを用いて環境マッピング/ゼブラマッピング/曲率表示により解析できる。
軽快な操作感の2次元CAD

RootPro CAD

汎用2次元CAD「DJ!!」がバージョンアップして製品名が変更された最新版。作図編集機能、操作性が強化され、軽快な操作感を実現している。Enterprise版は外部API機能を搭載しているので作図コマンドや拡張機能をカスタマイズできる。作図原点や仮想交点スナップなどスピーディな作図のための補助機能の搭載や、ビューコントローラで作図画面を自由に拡大縮小できるインターフェイスが特徴だ。データ互換機能としては、AutoCADデータやSXFの入出力、Jw_cadの入出力に対応している。
Adobe製品との連携機能がある3次元グラフィックスソフト

STRATA 3D CX5

粘土をこねる感覚でオブジェを作り、紙を貼る感覚でテクスチャを貼れるため、初心者でも3次元CGの感覚になじみやすいソフト。レンダリング品質にも定評があり、モデリング、テクスチャリング、照明設定、レンダリング、アニメーションまで統合的な機能を兼ね備えている。最新バージョンでは、モデリング機能の強化と、レンダリングイメージをAdobe PhotoshopのPSDファイルとしてレンダリングできる「レイヤーレンダリング」機能が追加された。

SU Podium

SketchUp専用のプラグインレンダラー。SketchUp 6 PRO(日本語版SketchUp PRO5)と無償の「Google SketchUp」に対応し、それぞれのメニューに組み込んで利用できる。主な機能は、スカイライトを使用したライティング設定機能、オブジェクト自体を発光させて照明(エリアライト、オブジェクトライト)にする機能、サーフェス(表面)に対する周囲の反射設定機能の3つ。SketchUpの使いやすさを継承した容易な設定操作が特徴だ。
リアルな3次元表現を追求する国産3次元CGソフト

Shade 9シリーズ

ベジェ曲線を用いて自在に操作できるモデリング機能と、美しいレンダリング品質で幅広く支持されている国産3次元CGソフト。エントリー版の「Shade 9 Basic」、上位版の「Shade 9 Standard」、最上位版の「Shade 9 Professional」のラインアップがある。最新版では、凹凸のある表面に沿って影を付けることでよりリアルな3次元表現を可能にする「パララックスバンプ」機能などの新機能が追加されたほか、新しい画像処理計算法の採用でレンダリング速度がアップしている。64ビット版OS対応。

SmartSketch 2007(Ver.5.2英語版)

簡単なスケッチから製図、プロジェクト管理やネットワーク管理にも活用できる2次元CAD。各種図面テンプレートと7,500点以上の業界標準シンボル(Smart Symbols)が用意されており、シンボルはドラッグ&ドロップで挿入/スナップ/回転/アラインが可能なので、図面作成が容易に行える。

Solid Edge Ver.20

意匠/機械/装置のモデリングや製図機能を持つ3次元CAD。独自の推論ロジックにより操作性や生産性の向上が図られている。樹脂成形品や板金部品を含む高度なモデリング機能を多数装備するほか、「バーチャルコンポーネント」による構想設計機能なども搭載。データ管理ツール「Insight」やNX Nastranを含む有限要素法解析ツール「Femap Express」も標準装備されている。64ビット版OS、Windows Vista対応。
ミッドレンジ3次元CADの草分け

SolidWorks 2008

「SolidWorks」は、高い操作性と豊富な2次元/3次元設計機能を備え、パフォーマンスに優れた3次元設計ツール。最新版では、CAD操作の負荷を軽減する「SWIFT」機能を搭載し、製品設計に集中できる環境を実現。モデルをマウス操作のみで編集できる「Instant3D」機能、3次元寸法/公差および加工用の寸法図形が自動で作成される「DimXpert」機能、さらに生産/製造工程でのミスを削減するために加工フィーチャの製造可能性チェックができる「DFMXpress」、ルーチンワークをプログラミングなしで実現する「DriveWorksXpress」などを標準装備。
設計から検証までをカバーする3次元設計統合パッケージ

SolidWorks Office Premium

3次元設計ツール「SolidWorks」と設計検証ツール「COSMOSWorks Designer(構造解析)」「COSMOSMotion(機構解析)」、配管/配線設計のアドバンスト設計ツール「SolidWorks Routing」、データ管理ツール「PDMWorks」、コミュニケーションツール「eDrawings Professional」をはじめとする15のツールを同梱したパッケージ。最新版では、さらに追加ツールとして3次元公差解析を実現する「TolAnalyst」や流れを解析する「FloworksXpress」などのエンジニアリングフロントローディングのための機能が搭載されている。

Super Build/SS2

RC造/S造/SRC造/CFT造、およびこれらが混合する構造種別について、部材剛性の計算、各荷重計算、部材応力の計算、計算ルートの合否判定、断面検定、保有水平耐力の検討、崩壊形保証のためのクライテリアの検討、終局時せん断力に対する再検討までを一貫して行う構造計算ソフト。
建築業務を総合サポートする木造建築専用3次元CADシステム

SuperSoft V11.5

木造住宅用の統合型CADシステムで、プレゼンから始まる一連の建築業務をサポートする。作図工程に必要な図面/計算書/申請書類の作成がすべて連動しているため、図面を書くことで、積算が自動で行われる。最新バージョンでは、操作性と表現の向上のほかに、斜線制限や壁量不足のチェック機能をはじめ、天空率ソフトADSへのADXファイル出力機能など、建築基準法に対応する機能の強化が図られている。

TOPsolid v6.8J

カーネルにParasolidを採用したNURBSベースの3次元ソリッドCADシステム。ワイヤフレーム、サーフェス、ソリッド、シートメタルの組み合わせで3次元空間上に自由にモデリングできる。最新版では、124個にのぼる新機能を搭載。自由曲面の形状を変えずに制御点を減らすことでファイルサイズを削減できるようになったほか、メモリ消費を抑える技術を開発し、レスポンスの向上を実現した。
建築可能空間を高速算出する建築企画CAD

TP-PLANNER 9

土地情報の入力から建築企画図面の作成まで行える建築企画CAD。敷地/用途地域から逆日影/逆天空で建築可能空間を算出しプランニングを行う。容積/日影/斜線断面/採光斜線/天空率のチェック機能で企画図/面積表/パースが作成できる。パーツごとの利用も可能で、Jw_cad、AutoCADなどとの連動処理で2次元CADデータを3次元に効率展開する。最新版は、3次元編集機能の強化と申請図書への対応がされている。
AutoCADとの高い互換性を持つ汎用2次元/3次元CAD

TURBOCAD Version12

AutoCAD、JW_CADなどのCADソフトとのファイル互換に加えて、WordやExcelなどのラスターデータ出力にも対応する強力なファイル互換機能を持つ汎用CAD。最新版では、PDF/GIF/PNGへの出力にも対応した。2次元製図作業に適した機能と操作性を持つ「TURBO Sketch」、カスタマイズ機能や豊富な3次元製図環境を装備した「TURBO CAD Standard」、マイクロレコーダーやマテリアル設定、高度な3次元ツールを搭載した最上位版の「TURBOCAD Professional」の3種類のラインアップがある。

UC-1 Multiframe 3D/4D

建築/土木の3次元構造解析ソフト。簡単なグリッドから複雑なトラス、大建築物や高層ビルの設計など、あらゆる種類の構造作成、解析に対応する。構造の特定部分だけを表示させたり、図面/データ表とレポートの内容を自由に指定できるクリッピング/マスキングや、データの並べ替え、ツールチップなど、使い勝手に配慮したインターフェイスが特徴。

UC-Draw Ver.4

汎用の作図/編集機能に加え、土木製図に必要な図形を生成する機能を備える土木専用2次元CAD。DWG/DXF/SXF/JWCの入出力に対応。寸法線、引出線、クロソイド曲線、標高線、省略線、勾配線などの土木製図用コマンドのほか、配筋図作成を容易に行える配筋コマンドなどの各種機能が搭載されている。オプションとして道路基盤属性付き図面を効率的に作成する「道路完成平面図オプション」などがある。

UC-win/Road

3次元のバーチャルリアリティ空間を簡単な操作で作成/利用できるリアルタイムVRソフト。動きのある3次元空間をリアルタイムで操作できる。VR作成機能をはじめ、ビジュアルオプション、さまざまなモードでの走行、飛行シミュレーションなどの充実した機能を搭載。景観検討、設計施工時の協議、比較案の検討、技術提案などに幅広く活用できる。

Ulead PhotoImpact X3

デジタルカメラで撮影した画像の補正/修正をはじめ、初心者でも簡単に写真を活用した作品を作成できる画像編集/管理ツール。最新バージョンでは、コミックストリップテンプレートを活用して写真で作るオリジナルイメージマンガの作成やテンプレートを使ったフォトコラージュの作成が可能。また、デジタルカメラで撮影した写真から簡単にオリジナルカレンダーを作成できるウィザードが搭載された。
マルチスケール対応の土木専用CAD

V-nas Ver.11

建設/土木業向け専用CAD。同一図面の中で複数の異なる縮尺図形を混在させることができるマルチスケールに対応。測量座標や数学座標などの設定、ポリライン要素の読み込みや編集機能を持つ。最新版では、「AutoCADファイル読み込みウィザード機能」が搭載されたほか、既存点指示(複数座標点一括選択)と要素指示のタイプが寸法コマンドに追加された。川田テクノシステムの「CADチェッカー」をアドオンすれば、図面の各種適合状況チェックと修正が行える。

V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ2007

軽快に動作する省メモリ設計で、速さ/軽さ/使いやすさを追求したウイルス対策ソフト。ウイルス、ハッキング、迷惑メール対策などのほかに、無線LANセキュリティ機能やフィッシング対策機能を搭載。インストール前にCD-ROMからウイルス検出が行えるほか、感染力の高いウイルス発生時に警告を表示するアウトブレーク警告機能搭載。64ビット版OS対応。

VST5

新築/リフォームに対応したプレゼン/積算/見積システム。プラン作成、仕様の決定から見積書の算出までを行う。国内資材メーカー約70社の電子カタログから部材を選択すると、プランから拾われる数量と自動リンクされて見積書が作成される。手書きの間取り図面を取り込み、3次元モデル生成が可能。また、プレカットCADとのCEDXMによる双方向連動により、構造伏図(確定伏図)を取り込みが可能で、改正建築基準法(4号建物の特例廃止)対応する。
2次元/3次元作図からプレゼンテーションまでを担う高機能汎用CAD

VectorWorks 12.5.2J

「VectorWorks」は、Macintosh版とWindows版の両方が用意されている2次元/3次元汎用CAD。2次元と3次元の空間を自由に行き来できるオブジェクト指向のCADとして、建築/インテリア両分野で広く利用されている。製品ラインアップには、「VectorWorksDX+RenderWorks」「VectorWorks+RenderWorks」「VectorWorksDX」「VectorWorks」「RenderWorks」「VectorWorks拡張ツール集」がある。最新バージョンでは、建築設計/宅地造園/舞台照明/機械設計などの分野別の設計支援機能が拡張/強化されたほか、Windows Vistaに対応した。

Vue 6 Infinite

3次元で自然空間を作り、静止画や動画を出力するプロ向けのツール。豊富なライブラリから地形/空/樹木などを選択して、3次元景観を作成できる。樹木などの添景を自動的に生成する「EcoSystem」テクノロジーにより、詳細な地形、風にそよぐ草木なども表現できる。Autodesk 3ds MaxやCINEMA 4Dなどの3次元データの入出力にも対応。
構造計算機能と3次元プレゼン機能を搭載

Walk in home

平面図を基に3次元パースを作成し、外観や内装の検討からウォークスルーによるプレゼンテーション、構造設計まで行う3次元プレゼンテーションソフト。部屋/壁/建具などのアイテムをウインドウから選択し平面に配置するだけで3次元パースを作成できる操作の容易さに定評がある。3次元パースは各種図面と連動しているため、入力の手間が省け、設計の一貫性を保てる。「Professional版」「Standard版」の2種類のラインアップがある。

Walkinside Ver4.5

MicroStation、AutoCAD、3ds Maxなどの3次元CADデータやレーザー計測などの点群データを変換し、シミュレートできるバーチャルリアリティソフト。壁や柱などの3次元オブジェクトを実物として認識する「ヒューマンキャラクター」を3次元空間の中で動かしながら、施工前に設計データを検証できる。
AutoCADで詳細な建築設計ができるアドオンソフト

adpack-PRO 2008 Ver.11 建築統合システム

AutoCAD 2008で、より詳細な建築設計を行うためのアドオンソフト。異縮尺機能の強化により、AutoCAD単体よりも簡単に、異縮尺図面の作成が行える。図形に知能を持たせる「オブジェクト指向」を躯体作図に取り入れ、設計変更に伴う煩わしい編集作業を支援する。柱/壁/建具オブジェクトに加え、面積表もオブジェクト化でき、三斜と面積表が動的リンクする。一般図と詳細図の一元管理が可能。S/RC/SRCの構造図/躯体図作成に特化した機能を追加した「建築統合システム2」(472,500円)もある。

form・Z RenderZone PLUS 6.5

高い数値精度と柔軟なモデリング機能を搭載する設計者向け3次元デザインツール「form・Z」にレンダリング機能を搭載した上位モデル。本格的なグローバルイルミネーションレンダラーを搭載しており、鏡/ガラス/大理石/木目などの素材をリアルに表現することが可能。フルラジオシティレンダリング機能を搭載し、カンデラ/ルーメンといった照度単位を使用して照明シミュレーションが可能。最新版はアニメーションにも対応。
建築/設備分野で定番の汎用3次元ソフト

form・Z v6.5

高い数値精度とNURBS機能を併せ持ち、ソリッド/サーフェスの両方がハンドリング可能なハイブリッドモデラー。簡易2次元CAD機能を搭載し、断面や平面情報を2次元CADに渡すことも、2次元で作成したイラストや図面データを「form・Z」に取り込み、3次元化することも可能。展開図作成機能やZPR形式による3次元プリンタ出力を利用することにより、模型製作の省力化に対応。最新版ではアニメーション機能が強化され、本格的なCGアニメーションの作成が可能となった。ラインアップとして、本格的なGIレンダラーが搭載され照明シミュレーションも可能となった「form・Z RenderZone PLUS」がある。

thinkiD DesignXpressions

2次元/3次元CAD「thinkdesign」「thinkcreate」「thinkiD」で構成されており、デザイナーの意図を形状作成に反映する「Target-Driven Design」を搭載。クレイモデルを操作する感覚で、デザイナーは設計意図を維持したままインタラクティブに形状を修正でき、バリエーションの検討が可能。また、データ管理ツールの「thinkPLM」と合わせて統合設計環境を構築できる。

まいく郎Office V5

「まいく郎CADViewer」「まいらす太」など6つのソフトを1つにまとめたファイリング/図面管理のパッケージソフト。サムネイル表示も可能なデータ表示機能をはじめ、図面だけでなくWord、Excel、PDFなどにも対応するファイル管理機能、ファイル検索機能、印刷機能、加工/登録/活用機能まで網羅している。

まいらす太V5

A0サイズを超える画像データにも対応するビューワソフト。ファイル表示をはじめ、フリーハンド図形の作図も可能な作図機能、縮小など用途に応じた印刷機能、面積/距離の測定機能、傾き補正やゴミ取りなどの編集機能を搭載。対応ファイル形式は、BMP/CAL/DCX/EPS/GIF/ICO/IFF/PCD/PCT/PCX/PSD/TGA/TIFF/JPEG/WMF/WPGなど。

ウイルスキラー2007

Webブラウザにツールバーを組み込み、Webサイト閲覧によるウイルス感染、スパイウェア侵入、フィッシングなどを防止。また、ファイアウォール機能やセキュリティホール診断機能をはじめ、ZIP、LZH、RARなどの11種類の圧縮ファイル形式に対応したスキャン機能も搭載されている。

デキスパート

約30種類に及ぶ施工管理システムを選択して組み合わせ、現場に最適な環境を構築できる土木施工管理システム。土木CAD「DC-CAD3 A納図」を筆頭に、工程管理、土木工事測量、出来形/写真管理、品質管理、電子納品までをサポートするすべてのシステムが「デキスパート基本部」で動作し、各システム間でのデータ共有、社内の業務統一が図れる。

ファイルコンパクトVer.5

デスクトップ上のアイコンにファイルをドラッグ&ドロップするだけで、圧縮/解凍を行える圧縮/解凍ソフト。ガイドに従って操作していけば簡単に操作できる「スマートナビ」機能を搭載。よく使用されるZIP/LZH形式はもちろん、UNIXで多く使われるTAR形式など、ほぼすべての書庫ファイル形式をサポートしている。
実務に徹した住宅シミュレーションソフト

プランナーEX

木造在来工法に特化した業務用住宅シミュレーションソフト。見積自動作成ソフト「ザ・営業見積」などと連携して使うことができる。新築/リフォームの両方に対応。図面作成をはじめ、パース/積算/プレゼンボード作成などを1本でこなす。すぐに習得できる簡単な操作環境で、天井/壁/床の特殊な設定や積算に当たっての詳細な設定ができる。2次元/3次元のDXFデータ出力が可能。初心者向けの「ザ・プランナー」などもある。

マカフィー・インターネットセキュリティスイートwith サイドアドバイザ

マカフィーのあらゆるセキュリティ機能を統合したパッケージソフト。ウイルス対策、スパイウェア対策、ハッカー対策をはじめ、ハードディスク上に散らかった不要なファイルをクリーンアップする機能や、任意の場所に重要なデータのコピーを保存する自動バックアップ機能、個人情報保護機能、迷惑メール対策機能なども搭載されている。
各種基準(案)対応プログラムを業務に合わせて選択、連携可能

上出来BEST

土木現場の業務をトータルに支援するCALS/EC対応の施工管理システム。業務内容に応じてプログラムを選択し、現場に最適なシステムを作ることができる。プログラムは総計30種類以上に及び、「BEST-CAD」をはじめ、写真管理、土木測量、出来形管理、品質管理などがあり、各省庁のさまざまな電子納品基準に対応している。出来形管理と写真管理の連携や、縦断データの出来形設計への活用、あるいは座標データを展開図のデータへ応用するなど、多彩なデータ連携が可能。

写管屋

国土交通省「デジタル写真管理情報基準(案)」ほか、約110種類の各基準(案)に対応する写真管理ソフト。工事写真を各工事、工種ごとに管理/印刷が可能。写真の分類をしながら出来形数値の入力ができるほか、画像の拡大/回転/切り取り/結合も可能。データベース閲覧ソフト「写管屋ビューア」と工事用アルバム印刷ソフトを標準装備。最新版では、写真の改ざんチェック機能が搭載された。
「図脳CAD」シリーズの中核をなす汎用CAD

図脳RAPID15/15 PRO

「図脳RAPID15/15 PRO」は、イラスト作成ソフトから高性能3次元CADまで網羅する汎用CAD製品群「図脳CAD」シリーズの中核をなす、国産の代表的な2次元CADだ。最新バージョンでは、Windows Vistaに対応。従来からの強力なファイル互換性は、AutoCAD 2007、Jw_cad Ver.5に対応。PDFファイルのダイレクト入出力機能の強化(入力はPROのみ)、次のコマンドを実行する際に直前に選択していた図形を再選択できる「図形再選択」機能の搭載など、操作性を中心にバージョンアップされている。

図脳RAPID3D/3D PRO Ver7.5

3次元モデリングからプレゼンテーションまで多目的に活用できるベーシック版「図脳RAPID3D」とサーフェスモデリング機能とソリッドモデリング機能を完全融合したプロフェッショナル版「図脳RAPID3D PRO」の2製品のラインアップ。わかりやすい操作性とほかの3次元CAD/CAM、Web用軽量ファイル、プレゼンテーション用モデルイメージなどに対応する豊富な入出力機能が特徴。

図脳RAPIDPRO Civil

SXF形式の入出力に対応した建設/土木業向けCAD。「CAD製図基準(案)」をはじめ、さまざまな製図基準に対応しており、規格に沿った図面作成をサポートする。DWG/DXFファイル形式の入出力では、AutoCAD 2006まで対応、Jw_cadのファイル形式にも対応するなど、互換性の向上が図られている。

図脳RVコンバータPRO Ver2

TIFF/BMPのラスターデータをベクターデータに変換するソフト。スキャンした図面データのノイズやゴミはフィルタ機能を使って一括除去。歪みや縮みを修正する補正機能も搭載されている。ファイル入力はモノクロTIFF/モノクロBMP/SCI/CALS Type1(cal、ct1/ZRD 図脳RAPID)、ファイル出力はDWG/DXF/JWC/HPGL(pgl)/BMP/TIFF/SXF(p21/sfc)/ZRD 図脳RAPID)に対応。

図脳Sketch7

ビジネスユースからホビーユースまでをカバーする低価格2次元CAD。簡単な図面やテクニカルイラストを作成するCAD初心者から、ペーパークラフトの制作など趣味でCADを使う人を対象とした入門ソフト。最新版ではDXF/DWG/JWW形式などの入出力に対応し、ほかのCADとの互換性が強化されている。PDFファイルの出力にも対応。

図脳デジタルシート Civil Ver.7

紙図面のデジタル化と編集を行うラスター編集ソフト。紙図面をデジタル化し、複数の図面を貼り合わせる機能、座標に合わせて補正する機能、汚れを除去するゴミ取り機能などの編集機能を搭載。カラーラスターにも対応している。ラスター/ベクター変換モジュール「図脳RVコンバータPRO」をプラグインすることで高速変換が可能。

図脳デジタルシートVer.7

機械製図や建築設備向けのラスター/ベクター統合型2次元CAD。紙図面をデジタル化することで、紙図面の損傷や伸縮などの劣化、保管場所の確保や検索の煩雑さ、過去の図面の編集やトレース作業などの問題を解決する。図面管理機能をはじめとするさまざまなデータ管理機能が搭載されている。豊富なラスター機能とCAD機能により、施設管理、保全など幅広い業務に対応する。

変換マン

JW_CAD(JWC)、AutoCAD(DXF/DWG)、STEP AP202、SXF双方向のCADデータ変換ツール。SXF形式はレベル2に、DXF/DWGはAutoCADのR12から2000まで対応。DXF/DWGのマルチテキストやJW_CADの均等配置文字列、上付き文字、下付き文字を正しく変換。複数の図面を一括で変換することも可能。

工事写真ビルダー2

エクスプローラ感覚で、写真データをドラッグ&ドロップするだけで工事現場写真を構築できる工事写真管理ソフト。自由レイアウト機能や、簡易DTP機能を使用してプレゼン力のある写真帳を作成できる。PDF作成機能ではセキュリティ設定も可能。XMLファイルのほかに、動作環境を選ばないHTML形式にも対応。最新版は、国土交通省「デジタル写真管理情報基準(案)」農林水産省「電子化写真データの作成要領(案)」の最新版に対応。

建築Vision3

プレゼンテーション、積算、確認申請、性能表示までカバーする統合型建築専用3次元CAD。部屋割と建具を入力するだけで、3次元モデルを自動生成できる。さらに、3次元モデルから各種確認申請図書や性能表示図書を自動作成できる。また、プレカットCADとのCEDXMによる双方向連動により、プレカット工場が作成した構造伏図(確定伏図)を取り込むことができ、改正建築基準法(4号建物の特例廃止)にも対応。

建設重機登録図形集

建設重機のデータ集。掘削機をはじめ、固定式揚重機、移動式重機、運搬車両、山留杭工事重機、基礎杭工事重機、解体機/高所作業車などを収録。データはすべて伸縮/回転する。鉄骨建方/山留/仮設/杭/総合施工計画などで活用できる。重機の重量別に「軽量編」と「重量編」のラインアップがある。AutoCAD 2007/2008に対応。

明日家PRO Ver.6.0

間取図を入力することによって、建物の積算とプレゼンを行える業務支援ソフト。簡単な操作での3次元モデル作成機能、光源レンダリング機能を搭載。3次元モデルからの外観/内観パース/鳥瞰図の作成やプレゼンボートの作成も可能。入力した間取図から、床板や下地材、壁材などの建材や建具、備品などの部品数量を拾い出し、見積書を作成できる。
樹木、人物、テクスチャなどの添景データ/素材集

添景工房・DATA STATION

添景データ、テクスチャデータでは定番の素材パッケージ。自然や生活をテーマにしたデータがそろう「樹木・植物シリーズ」「人物シリーズ」、車両や家具などの3次元データを収録した「3Dシリーズ」、建築素材を収録した「テクスチャシリーズ」など豊富なラインアップが特徴。素材データは会員制素材サイト「DATA STATION」でもダウンロードが可能。対応ファイル形式は、DXF/JPEG/PICT/TIFF/PNG/OBJ/IWO/FM2/XVL/3ds Max/shadeほか。

現場図書館EX

プロジェクト単位で文書/図書/写真を一元管理する文書管理システム。各種CADデータやWord/Excelなどの文書データ、画像データなど約130種類のファイルの閲覧に対応するファイル管理機能とそれに連動する電子納品機能、SQLサーバの採用により大容量のデータを扱える写真管理機能を搭載している。
電子納品支援ツールを一つにまとめて業務を効率化

現場編集長 CALS-MASTER

電子納品に必要な機能をまとめた統合型アプリケーション。写真管理ツールをはじめ、アルバム作成ツール、図書管理ツール、出来形管理ツール、工事写真/完成図書XMLビューワがパッケージされている。統一された操作感と安定性により電子納品にかかわる一連の業務を効率化できる。シリアルナンバー不要で、複数のパソコンへのインストールが可能なUSBキー方式をとっており、一部のデータ出力と印刷機能使用時のみUSBキーをパソコンに接続する。

画像線分コンバーター

画像図面のベクター化とCAD図面のラスター化を行うソフト。ベクター変換は、ゴミ取りなどの編集後に変換可能。ラスター変換は、CAD図面を白黒/カラー画像に変換可能。また、スキャニング時のゴミを削除したり、選択範囲内を白く塗りつぶすなどの画像編集機能も搭載されている。対応ファイル形式は、ベクターデータがMPS/MPZ/MPX/MPW/MPP/DWG/DXF/JWW/JWC/p21/sfc、画像データがTIFF/JPEG/BMP/PNG/GIF。

素材辞典

広告、Web、CGコンテンツ制作など幅広い分野で使用されている写真素材集。ラインアップは、最新の「Vol.192<ビジネス-爽やかフレッシュマン編>」を含め192製品におよび、各製品には高解像度データ(2,950×2,094ピクセル)/低解像度データ(640×480ピクセル)各200点が収録されている。対応ファイル形式はJPEG。
手めくり感覚の操作性を持つ工事写真管理ソフト

蔵衛門御用達8 Professional

ガイドに従って工事情報と写真情報を登録するだけで工事写真台帳を作成/印刷できるソフト。手めくり感覚で工事写真台帳を扱うような操作感が特徴だ。最新版では、国土交通省「デジタル写真管理情報基準(案)」平成18年1月版をはじめとした最新の基準案に対応。さらに、アルバム収納ボックス機能の搭載をはじめ、ビューワ機能の拡張、蔵衛門下位シリーズとの互換性、ネットワークによるJV間の写真データの共有、電子納品支援ツールの強化が図られた。

間取りっどPRO

簡単な操作で間取図の作成ができる2次元CAD。建築/不動産/設計事務所/設備業など向けの詳細平面図をはじめ、外観4方向の立面図など用途に応じた図面の作成ができる。建具や家具、オフィスツール、給排水衛生記号などのシンボルのほか、ユーザーが独自に作成した部品の登録もできる。BMP/JPEG/GIFファイルの画像を取り込めるほか、画像を下絵にしたトレースも可能。プレゼンテーション資料として活用できる。

電納ヘルパー(国交省設計版)

国土交通省の「土木設計業務等の電子納品要領(案)」「CAD製図基準(案)」「地質・土質調査成果電子納品要領(案)」「デジタル写真管理情報基準(案)」「測量成果電子納品要領(案)」に対応した電子納品支援ツール。フォルダ単位でリンク先フォルダを一括変換できる編集機能など、大量データを扱うのに便利な機能が搭載されている。

電納図面コンバーター

電子納品用の図面チェックと変換を行うソフト。AutoCAD、Jw_cadで作成した図面を読み込み、建築/土木分野、地方整備局、農林水産省農村振興局など各局の基準や要領に適合するSXF(p21/sfc)データに変換する。対応ファイル形式は、AutoCAD(DXF/DWG)、Jw_cad(JWW/JWC)、DRA-CAD(MPS/MPZ/MPX/MPW/MPP)、SXF(p21/sfc)。
カテゴリ
Newly arrived