• HELP
  • SHOP CART




 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


CAD・PC製品ガイド

CG/グラフィックスソフト関連の製品

Adobe Creative Suite 3 Design Standard

グラフィックスソフト統合パッケージ「Adobe Creative Suite 3」のラインアップの一つ。ページレイアウトソフト「InDesign CS3」、フォトレタッチソフト「Photoshop CS3」、ドローソフト「Illustrator CS3」、PDF作成ソフト「Acrobat 8 Professional」が同梱されている。Creative Suite 3にはほかに、用途別にソフトの組み合わせの違う「Design Premium」「Web Standard」「Web Premium」のほか、すべてのアプリケーションが入った「Master Collection」がある。

Adobe Illustrator CS3

多彩なイラストレーション機能を持つベクターベースの定番グラフィックスソフト。PDF/EPS/PSD/TIFF/GIF/JPEGなどのほか、DWG/DXFの入出力が可能なので、CADで作成した図面を読み込み、プレゼン図面に色付けするなどの活用が可能。最新版では、色合い、陰影、調和したカラーなどを簡単に選べるライブカラー機能の追加や、Adobe Flashとの連携強化などが図られている。

Adobe Photoshop CS3 Extended

多彩な編集機能を搭載する画像編集ソフト「Adobe Photoshop CS3」(100,000円)の上位製品。「Adobe Photoshop CS3」に含まれるCamera Raw画像処理、画像編集機能、画像合成機能などに加えて、3次元合成/テクスチャ編集/ビデオ編集といったコンテンツ制作機能、画像の計測やDICOMファイルのサポートといった画像解析機能が追加されているのが特徴だ。

Adobe Photoshop Elements 6 Windows版

Photoshopの初心者向けソフトだが、独自の機能によって使いやすく進化している。最新バージョンでは、集合写真から表情などがよいものを選んで組み合わせ、新たな集合写真を作成できる「Photomergeテクノロジー」が搭載された。また、ユーザーのレベルに合わせて選択できる3種類の編集モード、表示/検索を高速で行える写真整理モードなどの機能強化がされている。Macintosh版の「Adobe Photoshop Elements 4.0 for Macintosh」(9,240円)もある。
エンターテインメントからCGパースまで、プロ仕様のCGソフト

Autodesk 3ds Max 2008

高度な3次元モデリング/アニメーション作成/レンダリングが行えるプロ仕様の3次元CGソフト。日本語版最新バージョン「Autodesk 3ds Max 2008」では、パフォーマンスとレンダリングワークフローが改良された。また、規模の大きな複雑なシーンでの操作性を向上させる新しいビューポート技術/最適化機能が搭載された。さらに、新たに搭載されたシーンエクスプローラ機能により、数千のオブジェクトが影響し合う巨大シーンでも直感的な管理が可能になった。
モデリング/レンダリング/アニメーション機能を備えた3次元CGソフト

Autodesk Maya 2008

「Autodesk Maya」は、モデリング、レンダリング、アニメーション、ダイナミクスシミュレーション機能を備えたハイエンド3次元ソリューション。最新版の2008では、能率的なスムースメッシュワークフローや新しいエッジのスライド機能、ブーリアン機能などによって、緻密なキャラクタ/環境を形成するポリゴンの作成/編集/配置が可能になったほか、マルチスレッドやアルゴリズムなどの高速化によってソフトウェアツールが最適化され、性能向上が図られている。Windows Vistaに対応。
直感的な操作性、高品質なレンダリング性能を持った3次元CGソフト

CINEMA 4D R10.5 Architecture Edition

簡単に扱える操作性、堅牢な安定性、高い描写性能、高速なレンダリング性能を持った3次元CGソフト。ハイエンドCGソフトと機能的に遜色ないモジュール構成となっており、さまざまな業務やスキルに対応するソフトとして定評がある。VectorWorksとの連動が可能で、Macintosh版もある。最新バージョンでは、レイヤ/ブロック/参照にも対応するDWGインポートフィルタ(AutoCAD R13~2008)の搭載をはじめ、HUD(ヘッドアップディスプレイ)の改良による作業効率の向上、各種モジュールの拡張などが行われている。
ドローイング機能をコアとする統合型グラフィックスツール

Canvas X J

テクニカルドローイングとペイント機能が充実した統合型グラフィックスツール。イラスト作成、画像編集、ページレイアウトのほかに、Webグラフィックス、DTP、プレゼンテーションまでカバーする。DXF/DWGの読み込みのほか、70種類以上のファイル形式をサポート。GIS分野向けの機能を追加した「Canvas X J GIS+」、医療/科学分野向けの機能を追加した「Canvas X J Scientific Imaging」のラインアップもある。

Corel Paint Shop Pro Photo X2

デジタル一眼レフカメラなどで撮影した大量の写真の高速処理が可能な写真編集ソフト。ラスターデータとベクターデータの処理/作成を行え、画像やイラスト、文字などを同時に扱うポートフォリオやプレゼンテーション資料の作成に活用できる。最新版では、画像を開かずにフォルダごと閲覧しながら編集できる「エクスプレスラボ」機能や、露出の異なる複数の画像を結合できる「HDR(ハイダイナミックレンジ)」機能などが搭載された。
画像編集/DTPを行えるWindows用グラフィックスソフト

CorelDRAW Graphics Suite X3 PLUS

描画/画像編集/DTP機能を備えた統合グラフィックスソフト。イラスト作成/ページレイアウトソフト「CorelDRAW X3」、BMP形式の画像やデジタル写真の画像編集ソフト「Corel PHOTO-PAINT X3」、BMP形式の画像をベクター変換できるトレースソフト「Corel CAPTURE」、フォント/素材集が同梱されている。現行バージョンではラスター/ベクターのトレーシングとベクターイメージの編集作業ができる「CorelPowerTRACE」機能が搭載され、テキストの配置をスムーズにするツールが強化されている。
3次元モデルを手軽に作成できるデザインツール

Google SketchUp PRO 6J

3次元のモデルを素早く簡単に作成し、表示/編集できるデザインツール。画面上にオブジェクトの輪郭を書いていくと、推定機能が線の性質を把握し、3次元オブジェクトが作成される。シェイプ上でクリックし、押す、あるいは引っ張るだけで任意のジオメトリを作り出せるブッシュ/プル機能など、自由な操作感が特徴だ。DWG/DXFデータの入出力が可能で、3次元モデルを手軽に作成したいAutoCADユーザーやJw_cadユーザーに適している。SketchUp PRO 6では、印刷用図面のための機能「layout(レイアウト)」が搭載された。

InterVideo MediaOne Gallery

デジタルメディア統合ソフトウェアとして、写真/映像/音楽の編集と再生出力、PDFなどのオフィスドキュメントの検索/閲覧のほか、デバイス機能やインターネットからの各種ファイルのダウンロード機能を備えている。さらに、Googleデスクトップ検索エンジンを搭載し、パソコン内のさまざまなドキュメントを高速検索できる。

LiFE* with PhotoCinema 2 Plus

写真を利用して映画のような動画(フォトシネマ)を作成するソフト。「おまかせ」モードなら、写真の読み込み、写真/音楽/スタイルの選択という簡単な操作で動画が完成する。テキストを入れるなどの編集ができる「じぶんで」モードもある。QuickTime/AVI/MPEG4などの各種ファイル形式のほか、iPod Video、第三世代携帯電話、Video PodCastの動画形式に対応。

LightWave v9

モデリング、レンダリング、エフェクト、アニメーション機能が搭載された統合型3次元CGツール。3次元オブジェクトの作成といったモデリング作業を行う「Modeler(モデラー)」と、モデリングで作成したオブジェクトを読み込みアニメーションの設定やレンダリングを行う「layout(レイアウト)」の2つのアプリケーションから構成されている。

MADRIC CG PYTHA

建築モデリングをはじめ、家具や機械設計でも活用できる3次元CGソフト。ラジオシティを施したままでリアルタイムウォークスルーを実現。バンプマピングや手描きモード、アクション機能などを設定可能。さらに、カメラリスト(視点)の設定やアクションの組み合わせでアニメーションを作成でき、幅広いプレゼンテーションを行える。
豊かな光表現を実現するフォトリアリスティックレンダラー

Maxwell Render 1.5

「Maxwell Render」は物理的に正確な演算を行うレンダリングエンジン。光の特性を実世界と同様のシミュレーションで忠実に再現できる。さまざまな3次元CAD/CGソフトとプラグイン接続できるほか、スタンドアロンとしても使用も可能。バージョン1.5ではマルチライト、SimuLens、シフトレンズなどの機能を搭載し、より少ないメモリで高解像レンダリングができるようになった。マテリアル共有サイトもある。

Pencil+2.06 for 3ds Max

鉛筆画のようなストローク表現を実現したAutodesk 3ds Max用のノンフォトリアリスティックプラグインシェーダー。高速なトゥーンレンダリング、単純な面とライン(線)でノンフォトリアリスティックな表現、「ストローク」機能でアーティスティックな表現が可能。インターフェイスが日本語のために操作がわかりやすい。
CADデータ/3次元CG画像を編集できるペイントソフト

PiranesiV5.0

「Piranesi (ピラネージ)」は、CAD/CGデータをスケッチ風/水彩画風/フォトリアリスティックなどさまざまなニュアンスの画像に仕上げられるペイントツール。最新バージョンでは、Adobe Photoshopライクなインターフェイスが採用された。さらに、複数の添景データを任意の方向/角度/大きさで一度に配置できる「マルチ添景」や、ほかのソフトで作成した3次元モデルをPiranesi内で添景データとして活用できる「UV添景」機能などが追加され、表現の幅が広がった。
Adobe製品との連携機能がある3次元グラフィックスソフト

STRATA 3D CX5

粘土をこねる感覚でオブジェを作り、紙を貼る感覚でテクスチャを貼れるため、初心者でも3次元CGの感覚になじみやすいソフト。レンダリング品質にも定評があり、モデリング、テクスチャリング、照明設定、レンダリング、アニメーションまで統合的な機能を兼ね備えている。最新バージョンでは、モデリング機能の強化と、レンダリングイメージをAdobe PhotoshopのPSDファイルとしてレンダリングできる「レイヤーレンダリング」機能が追加された。

SU Podium

SketchUp専用のプラグインレンダラー。SketchUp 6 PRO(日本語版SketchUp PRO5)と無償の「Google SketchUp」に対応し、それぞれのメニューに組み込んで利用できる。主な機能は、スカイライトを使用したライティング設定機能、オブジェクト自体を発光させて照明(エリアライト、オブジェクトライト)にする機能、サーフェス(表面)に対する周囲の反射設定機能の3つ。SketchUpの使いやすさを継承した容易な設定操作が特徴だ。
リアルな3次元表現を追求する国産3次元CGソフト

Shade 9シリーズ

ベジェ曲線を用いて自在に操作できるモデリング機能と、美しいレンダリング品質で幅広く支持されている国産3次元CGソフト。エントリー版の「Shade 9 Basic」、上位版の「Shade 9 Standard」、最上位版の「Shade 9 Professional」のラインアップがある。最新版では、凹凸のある表面に沿って影を付けることでよりリアルな3次元表現を可能にする「パララックスバンプ」機能などの新機能が追加されたほか、新しい画像処理計算法の採用でレンダリング速度がアップしている。64ビット版OS対応。

Ulead PhotoImpact X3

デジタルカメラで撮影した画像の補正/修正をはじめ、初心者でも簡単に写真を活用した作品を作成できる画像編集/管理ツール。最新バージョンでは、コミックストリップテンプレートを活用して写真で作るオリジナルイメージマンガの作成やテンプレートを使ったフォトコラージュの作成が可能。また、デジタルカメラで撮影した写真から簡単にオリジナルカレンダーを作成できるウィザードが搭載された。

Vue 6 Infinite

3次元で自然空間を作り、静止画や動画を出力するプロ向けのツール。豊富なライブラリから地形/空/樹木などを選択して、3次元景観を作成できる。樹木などの添景を自動的に生成する「EcoSystem」テクノロジーにより、詳細な地形、風にそよぐ草木なども表現できる。Autodesk 3ds MaxやCINEMA 4Dなどの3次元データの入出力にも対応。

form・Z RenderZone PLUS 6.5

高い数値精度と柔軟なモデリング機能を搭載する設計者向け3次元デザインツール「form・Z」にレンダリング機能を搭載した上位モデル。本格的なグローバルイルミネーションレンダラーを搭載しており、鏡/ガラス/大理石/木目などの素材をリアルに表現することが可能。フルラジオシティレンダリング機能を搭載し、カンデラ/ルーメンといった照度単位を使用して照明シミュレーションが可能。最新版はアニメーションにも対応。
建築/設備分野で定番の汎用3次元ソフト

form・Z v6.5

高い数値精度とNURBS機能を併せ持ち、ソリッド/サーフェスの両方がハンドリング可能なハイブリッドモデラー。簡易2次元CAD機能を搭載し、断面や平面情報を2次元CADに渡すことも、2次元で作成したイラストや図面データを「form・Z」に取り込み、3次元化することも可能。展開図作成機能やZPR形式による3次元プリンタ出力を利用することにより、模型製作の省力化に対応。最新版ではアニメーション機能が強化され、本格的なCGアニメーションの作成が可能となった。ラインアップとして、本格的なGIレンダラーが搭載され照明シミュレーションも可能となった「form・Z RenderZone PLUS」がある。
カテゴリ
Newly arrived