• HELP
  • SHOP CART




 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


コンペ情報

「京都建築賞」は、京都府建築士会の創立60 周年を記念して平成24年に創設したものです。本会会員による京都の歴史的文脈を踏まえつつ創造性の高い建築作品を表彰し、その活動および業績を広く社会に伝えることにより、京都および建築の継承・発展に資することを目的としています。
この度、次代を担っていく建築士の支援を目的として、京都建築賞に特定のテーマを設定する新たな部門として、「藤井厚二賞」を創設しました。先人の叡智に学び、新たな挑戦をしている建築士の飛躍の一助となることを展望するものです。
藤井厚二氏は、自邸として幾つもの実験住宅を設計し、自然との共生が巧みに設計され、優れた意匠を併せ持つ「聴竹居」に結実させるだけでなく、その成果をまとめた「THE JAPANESE DWELLING-HOUSE」を1930年に出版し、「日本の住宅」という思想を世界に向けて発信しています。
その一節に『住宅は居住を目的とするので、その構造形式は住む人の感覚や風習、習慣、趣味に従って差異が生じなければならない。また、その土地や気候や風土に対応して建てられるべきなのも、当然のことである。』とあり、80年以上を経た今日においても示唆に富むものです。
この賞は、氏の卓越した洞察力、探求心、行動力に、そして、その成果である建築作品に敬意を表し、こうした氏の建築に向き合う姿勢に相応しい意欲あふれる作品の応募を期待するものです。

 

 

募集受付は2月15日開始です。

 

募集要項など詳しくは、以下のホームページをご確認ください。

http://www.kyotofu-kenchikushikai.jp/#