• HELP
  • SHOP CART




 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


イベント・セミナー情報

まちの居場所の再編集

今、日本のあちこちで小さな「つながり」から芽吹いた活動が
新しい環境を生み出しつつあります。

つながりをもつことで、
"誰もが、家事・子育て・介護をしながら自分らしく働くことができる"
そんなくらしの背景に浮かび上がる
まちの姿とはどのようなものなのでしょうか。

この度、東京でそれぞれの立場から「つながりのかたち」を
模索されている3名の講師をお招きしして、
「ひと」「もの」「こと」の新たな関係について、
皆さんと一緒に考える機会を設けました。

それほど遠くない未来における
私たちのくらしの場のイメージを描き、
そのために何ができるのかを探っていきたいと考えています。

是非ご参加ください。
若き才能と建築界トップランナーが出会う

『木の家設計グランプリ』とは
建築を志す現役学生と日本を代表する建築家が
目の前で熱くぶつかる木造住宅設計コンテストです。

応募は建築を学んでいる現役の学生ならどなたでもOK!
一次審査から建築家が全作品に目を通して審査します。

勝ち抜いた作品はステージでプレゼンテーションを行った後、
受賞作品がその場で決定します。

建築学生vs審査員の臨場感あふれるステージ!
あなたの挑戦をお待ちしています!

また、コンテストに参加されない方でも観覧可能です。
観覧受付は8月末から開始予定です。
こちらも、是非ご参加ください!
社会に対して良質な建築を提供するためには、
構造設計者の優れた資質が不可欠です。

日本構造デザイン賞は、
建築設計の分野で優れた成果を発揮することによって、
構造デザインの活性化を図り、
建築文化の発展に寄与した構造設計者を顕彰することを目的とした賞です。


古民家から木の家を学び、家づくりとリフォームにいかすゼミ、
「古民家再生ゼミ2018」を
ワークショップ「き」組が開校します。

日本の住宅は、リフォーム・リノベーションの時代です。
空き家対策として、古民家カフェや民泊が注目を集め、
国の戦略「明日の日本を支える観光ビジョン」においても、
古民家の再生・利活用が推進されています。

今や、改修計画に対する知識や技術は、
設計者・工務店にとって必須となっています。

「古民家再生ゼミ」では、
古民家再生の基礎を学び、
本来の日本の家づくりを根本から問い直す講座を始めます。

是非ご参加ください。

旅行期間201894() 912()

旅行代金:¥498,000-

訪問地:ヘルシンキ、ストックホルム、トゥルク

訪問先:マイレア邸、アールト自邸、セイナッツァロの村役場

    トゥルクの礼拝堂、シレンの教会

    森の墓地、夏の家(アスプルンド) その他多数


コーディネーター:吉村行雄(建築写真家)

 

 

問合せは以下です

株式会社トラベルプラン

酒井 春生

TEL:03-3561-5050 

FAX:03-3561-5051

e-mai  sakai@travelplan.co.jp

http://www.travelplan.co.jp/

 

いま日本の家づくりは大きな節目を迎えています。
簡便な在来軸組住宅の時代から、
丈夫で長寿命の架構をもつ省エネルギー住宅へと変わろうとしてします。

そこで、見直されているのが、
日本の気候風土に合った伝統の木組みです。
さらに、省エネルギー基準をクリアする性能の住宅をつくるための手法です。

ワークショップ「き」組では本年度も、
木組みの家づくりを目指す設計者、
ならびに施工者を対象とした、
実務に役立つ「木組みのデザインゼミナール」を開催いたします。

木組みの家づくりを通して、これからの住まいや、社会、自然環境について、
進むべき道を見つけるお手伝いをできればいいと思っています。

是非ご参加ください。
建築物設計に携わる皆様におかれましては、
常日頃より安全・安心な建築物を提供するために、
イノベーションによる工法の進歩、
建築基準法改正等に関する知識や情報へのアンテナを張り、
業務への活用を意識されていることと存じます。

ビューローベリタスは高い技術力を有する第三者機関として審査・検査業務を展開しております。
これらの知識・経験を活かして皆様のニーズにより高いレベルでお応えすべく、
「Bureau Veritas Presents オープンセミナー」を開催しております。

2016 年からは「都市の安全・安心をめざして」を年間テーマとし、
各分野において精通している有識者を招聘し、
講演会スタイルのセミナーを展開しております。

第7 回となる今回は青木茂氏より、
建築の長寿命化を図る新たな再生手法である「リファイニング建築」についてご紹介いただきます。

ご多忙中とは存じますが、是非ご参加を賜りますようお願い申し上げます。


~講師紹介~
青木 茂(Shigeru AOKI)氏
役職|Post:株式会社青木茂建築工房 代表取締役/大連理工大学 客員教授/椙山女学園大学 客員教授/日本文理大学 客員教授
主な著書|Book:「リファイニング建築が社会を変える」銀行融資と連携し、建築の長寿命化と街の活性化をめざす
単行本(ソフトカバー): 200 ページ
発売日:2018/2/19
出版社:建築資料研究社
建築再生へ:リファイン建築の「建築法規」正面突破作戦
単行本: 232 ページ
発売日:2010/3/1
出版社:建築資料研究社
『誰も教えてくれないデザインの基本』発売記念トークイベント開催!

 

『誰も教えてくれないデザインの基本』(エクスナレッジ)の発売を記念し、
細山田デザイン事務所の細山田光宣氏、米倉英弘氏によるトークイベントを開催します。

9784767823881.jpg      
 細山田デザイン事務所、初のノウハウ本!
『誰も教えてくれないデザインの基本』
定価:本体2,000円+税/B5判/ISBN:978-4-7678-2388-1
 
 
 
学校教育には「美術」の科目はあるものの、「デザイン」を学ぶ機会は
ほとんどありません。
しかし、社会に出ればデザインスキルを求められるシーンはたくさんあります。
たとえば企画書やプレゼン資料、ポスターやチラシなど、
どうすれば見やすく目に留まる内容にできるかは、まさにデザインの素養次第と
言えるでしょう。
本書ではそうしたデザインの知識やテクニックを、文字(書体)の選び方から
レイアウト方法、写真やイラストの使い方、印刷物に使う紙の選び方といった
基本項目を通じて丁寧に解説しています。
さらにトークイベントでは、書籍には掲載しきれなかったテクニックや、
本書の制作にまつわる裏話についても語っていただきます。
 
 
■□著者プロフィール
細山田デザイン事務所
東京・渋谷区富ヶ谷にあるデザイン事務所。
料理やライフスタイルの本、児童書から専門書まで
さまざまな書籍や雑誌を中心にデザインしている。
2018年現在担当している雑誌は『山と溪谷』(山と溪谷社)、
『dancyu』(プレジデント社)、『GOETHE』(幻冬舎)など多数。
著書に『細山田デザインのまかない帖』がある。
 
 

9784767823881.02.jpg  9784767823881.01.jpg

 

■□開催日時
日時:2018年03月29日(木) 19:30~21:00(開場19:15)
    ※終了時間は予定です
 
 
■□開催場所
会場:二子玉川 蔦屋家電内 2Fダイニング
(東京都世田谷区玉川1-14-1 二子玉川ライズS.C.テラスマーケット)
 
 
□■参加費
①対象書籍(誰も教えてくれないデザインの基本):2,160円(税込)
②イベント参加券:1,000円(税込)
 
※どちらかをご購入ください
 
 
■□予約申込
ホームページ欄のURL(T-SITE SHOPPING 二子玉川 蔦屋家電)
アクセスし、対象書籍またはイベント参加券をご購入ください。
1F BOOKレジカウンター、お電話でも承ります。
 
 
□■講演についてのお問い合わせ
二子玉川 蔦屋家電 TEL:03-5491-8550
エクスナレッジ販売部 TEL:03-3403-1346
クリエイティブ市場の総合商社・株式会社
Too(本社/東京都港区虎ノ門3-4-7、社長/石井剛太、資本金/1億円)は、
「建築ビジュアライゼーションMeetUp Vol.1」を2018年2月23日(金)東京・虎ノ門で開催します。

「建築ビジュアライゼーションMeetUp」は、
建築設計事務所・デザイン事務所・学生など、
CGによるビジュアライゼーション制作をはじめてみたい方やCG制作に携わる方々に、
有意義な交流の場をご提供するイベントです。

第一線で活躍されている制作会社・クリエイターの方々にご登壇いただき、
CGやデジタルによるパース制作・VR制作・動画制作など具体例を交えながら語っていただきます。

記念すべき第1回は、
フレッシュなクリエーターの方々をお呼びしました。
学生や初心者はもちろん、
CGを活用した新たな手法・表現を知りたい方も必見の内容です。
また、セミナー終了後には、講師の方も交えて懇親会を行います。

アルコール、ソフトドリンク、軽食などをご用意しています。
リラックスした雰囲気で、情報収集や意見交換、交流を行う場としてご活用ください。

奮ってのご参加お待ちしております。

米国のLEED(Leadership in Energy & Environmental Design)は、
建築物における建物の運用、敷地利用、省エネ効果などに対する取り組みを評価する
世界共通の第三者認証制度です。

最近日本でもESG投資の必要性からチャレンジする企業様も増えてきています。
今回のセミナーでは、LEEDの概要だけではなく、
アメリカならではの評価手法や事例をご紹介し、
ご来場の皆様へ"LEEDから見た環境評価"についてご案内いたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

旅行期間2018620() 627()


旅行代金548,000円


訪問地:シカゴ、ピッツバーグ、マジソン


訪問先:落水荘、タリアセン・イースト、

      ジョンソン・ワックス本社ビル&研究棟、

     ライト自邸、ロビー邸

      ファンズワース邸(ミース)


ナビゲーター:遠藤 現(遠藤現建築創作所主宰)

   

 

 

パンフレットの問合せは以下まで

株式会社トラベルプラン

酒井 春生

TEL:03-3561-5050 

FAX:03-3561-5051

e-mai  sakai@travelplan.co.jp

http://www.travelplan.co.jp/

 

『世界で一番美しいサルの図鑑』刊行記念トークイベント開催!!

 

図鑑外特別授業 霊長類は深くておもしろい!

あなたが知らない美しい野生サルの世界

 

9784767824024.jpg

 

大自然にのびのびと生きるサルの姿と生態が面白いと話題の

写真図鑑『世界で一番美しいサルの図鑑』。
著者の京都大学霊長類研究所・湯本貴和所長による
トークイベントを開催します。

 

私たちに親しみ深いニホンザルの他、
世界には約440種もの多様なサルが生息しています。
手乗りサイズから大型類人猿まで、
その生態はヒトのルーツを感じさせます。
野生サル観察の秘話、サルとヒトの違いと共通点など、
霊長類研究の奥深さと面白さを余すところなく解説します。
聞いた後では、図鑑が100倍面白く読めるかも!

 

■□著者プロフィール
湯本 貴和(ゆもと・たかかず)

1959年生まれ。専門分野は生態学。2012年から京都大学霊長類研究所、2016年から同所長。

植物と動物の共生関係の研究から始め、現在は主にサルの食べものや住みかの研究を行う。

世界でトップを走る同研究所は2017年に開設50周年を迎えた。著書に『熱帯雨林』 (岩波新書)、

『熱帯雨林生命の森』(共著)など。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

□■開催日時
2018年2月24日(土) 14時00分~(開場13時30分)

 

■□開催場所
東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目17番地
営業時間 10:00~21:00 (日・祝は20:00まで)    休業日 年始を除き無休

 

□■参加方法

参加費 500円(要予約)

参加ご希望の方は店頭または電話にて、『湯本さんトークイベント参加希望』とお申し出いただき、

名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さるか、下記『お申込みはこちらから』の

専用応募フォームからお申込み下さい。

イベント当日と前日は、下記電話番号へお問い合わせ下さい。

 

 

■□お申込み・お問合せ先

お申し込みはこちらから!

TEL:03-3291-5181(東京堂書店)

 

 

旅行期間
 2018年5月19日(土) ~ 5月26日(土) 8日間

旅行代金
 325,000円

訪問地
 コロンボ、ゴール

訪問先
 ルヌガンガ、カンダラマ、ライトハウス
 バワ自邸&オフイス、その他

*パンフレットの問合せは以下です。
株式会社トラベルプラン
酒井 春生
TEL:03-3561-5050 
FAX:03-3561-5051
e-mai  sakai@travelplan.co.jp
http://www.travelplan.co.jp/

渋谷キャスト SPACE(イベントルーム)にて表彰式と審査員を務めた
伊東豊雄・猪熊純・成瀬友梨・川田十夢・平田竜史
による建築トークイベントが実施されます。
「アートに暮らす」をテーマに実施したコンペティションや
建築デザインに対する考え方などについてのお話しが聞ける貴重な機会です。

また、展示イベントでは第8回 エイブル空間デザインコンペティションにて最優秀賞を受賞した作品の実寸大の部屋を渋谷キャスト屋外広場(原宿キャットストリートの渋谷側入り口)に展示します。

是非ご参加ください。
2016年と2017年に引き続き、
「企業コンプライアンスのための既存建築調査」解説セミナーを開催します。

企業のコンプライアンス遵守および、既存建築物の活用の観点から、
建築物の遵法性調査に対する関心が高まっています。

本セミナーでは、事例紹介を交え調査の進め方について詳細解説するとともに、
これまでのセミナーでお寄せいただいたご質問などをピックアップして説明します。
また、 検査済証のない建築物に対する用途変更や増改築時の確認申請の事前調査として
「検済証ない建物物の建築基準適合状況調査 (ガイドラン調査 )」の活用が 広がっています。 
ガイドラン調査に関しても、制度 内容や調査方法など、全体概要をわかりやすく解説します。

ヨーロッパのファッションメーカーから出るTシャツやカットソーの廃棄素材をアップサイクルした今話題の編み糸「Hoooked Zpagetti」のポップアップショップが期間限定オープン!


人気作家によるスペシャルワークショップ、

特別限定カラーや先行販売の新商品もラインアップしています。


その他、イギリス発DIYニットブランド「WOOL AND THE GANG」、

DMCより人気の刺しゅうアイテムも多数。


皆様のご来店お待ちしております。



Zpagetti ISETAN.jpg

JIA静岡主催による建築ウォッチング&講演会が開催されます。


会場は、ウッドデザイン賞2017(ソーシャルデザイン部門/建築・空間分野)

を受賞した掛川市森林組合新事務所。

掛川市森林組合新事務所には、

今、全国的に広がりつつある「WOOD.ALC」という厚板集成版が

建物の耐力壁・床・屋根の構造利用されています。


WOOD.ALC」は、

地域材の消費拡大、

内装材や断熱材兼用による工期短縮、

など、木造建築の新しい可能性が生み出す建材として注目されています

 

今回は、

構造家の山辺豊彦氏を迎えての講演会

と村松篤氏を含む建築に携わったメンバーからの話を交えて、

徹底的にこの建築を掘り下げていきます。

その他、

国指定重要文化財の友田家住宅の見学、

地元の食や体験が満喫できるアクティ森での自由昼食、

山辺氏を囲んでの懇親会(事前申し込み必要)

と、充実した内容となっています。


奮ってのご参加下さい!

群像新人賞作「ポートレイトイン・ナンバー」などで 、
小説家としても第一線で活躍されている
建築家・鈴木隆之氏をお迎えする
前田建築塾の名物企画「座会」の申込みのお知らせです。

今回は、昨年2017年12月にご出版された
「表現空間論」(論創社)をてがかりに、
社会が成長を終えた現代に必要な
『これからの建築「空間」とは?』というテーマを題材に据え、
新しい建築「空間」の在り方や創作に向かう姿勢について、
語っていただきます。

大学時代以来の朋友にしてライバルでもある
塾長・前田との間で交わされる激論に乞うご期待ください!
第174回通常国会において成立した
「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」(平成22年法律第36号)などの
法整備に伴い、
公共施設における木造化が進んでおります。

これを受け、従来鉄骨造やRC造で造られてきた
民間施設レベルの建築物の木造化も進むことが予測され、
中大規模木造施設の中には、
高耐力や大空間、高い階高などが要求されている事例もあります。

今回開発した「Aパネ工法」は、
それらの要求に応えるべく、
高耐力・広認定範囲・国産材活用などを実現した新たな工法です。

「Aパネ工法」では、
今その利用が推進されているCLT(Cross Laminated Timber)を
在来軸組の構造用面材として利用します。

工期短縮並びに安全性を確保し、
国土交通大臣認定と性能評価機関の構造性能評定を取得しました。

今後、新築住宅~リフォーム・リノベーション~施設建築まで、
幅広い分野への活用が期待された注目の工法です。

本説明会では、「Aパネ工法」の施工事例の発表、
また設計・施工方法の解説を致します。

皆様のご参加をお待ちしております。


詳細は以下をご確認くださいませ。

平成22年(2010年)10月に「公共建築物における木材の利用の促進に関する法律」が施行され、
国が整備する公共建築物の木造化が積極的に取り組まれています。
さらに、新国立競技場が混構造による木造建築で進行していることで、
木造の中大規模建築物への関心が一層高まっています。

(株)ノダでは、設計デザイナー・建築関係者に向けて、
耐震・強度性能をもち、コストと工期短縮に有利な知識が得られるスキルアップセミナー
「木造・中規模建築スキルアップセミナー&サスティナブル工場見学会」を
4月12日(木)、(株)ノダ 富士川工場にて開催いたします。

当日は(社)日本建築学会会長・建築家である古谷誠章氏お迎えし、
「幸せになる建築」と題して
特別講演会を開催致します。

また、技術情報として「BIG-MJシステム」のご提案と
針葉樹を活用した材料から製品までをご覧頂く最新鋭プレカット工場見学会もおこないます。

建築士・建築家・建築関係者の方々、その他多くの皆さまと、
ご一緒に木造建築を考える機会として、
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


詳細は以下をご確認ください。

AI(人工知能)」のように新しい技術や概念の登場は、

専門家と一般社会が共通の言葉で「未来」について語り合う

よい契機であるといえるでしょう。


同様に、近年話題となっている「リノベーション」もまた、

建築デザインの世界と一般社会をつなぐ言葉となってきています。


本セミナーでは

AI時代における「デザイン」という職能

そして、「リノベーション」が生み出しうる新しい価値について

ロジカルな分析と展望を行っていきます。

(山本想太郎)


是非ご参加ください。




 ~ 近代建築から現代建築まで
日常を変えていく新しい価値へ

デザインは限られた人々のものではありません。
あなたがふと、「今」を豊かにする名案を思いついたのならば、
それはもう「デザインしている」のです。

今年のテーマは「+Design」。
私たちの毎日にデザインという考え方をトッピングすることで、
日常の空間をどのようにリノベーションできるのか、
AGCと来場者の皆さんで体験し、
検証する展覧会です。

人と「人」、人と「価値観」、人と「自然」、そして人と「未来」。
素材とデザインの出会いを
ヒト、モノ、コトを有機的につなぐ入口として、
新たなアクションの起点になる場づくりを探っていきます。
国連によるSDGs推進を受け、企業におけるCSR(企業)・HSE(利用者)の取り組みも進化を求められています。 
また、投資家によるESG投資は、グローバルな潮流として急速な広がりを見せています。 

日本でも、世界最大の運用資産額を誇る年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のPRI(国連責任投資原則)署名 を契機にESG投資が脚光を浴びています。
これまで環境性能の向上に取り組み、低炭素・省エネを実現してきた建築業界においても、建築物の性能面だけでなく、持続可能な利用や運用といった側面を配慮することが重要になっていきます。 

ビューローベリタスは、2016年のグリーンビルディングフォーラムに続き、環境不動産市場の普及拡大に貢献すべく 「環境不動産フォーラム」を開催します。
本フォーラムでは、国連が推進するSDGsや、国土交通省でも検討を始めている"ESG不動産投資の普及促進"などに関する有識者を招き、講演、パネルディスカッションを行います。
『地域の元気を支え、育てる学校づくり』

人口減少、少子高齢化、女性共同参画など、社会の大きな変化に対応した地域社会の骨格の再構築が課題となっています。
建築の分野では、「安全安心に暮らせ、生きがいを感じられる社会」「持続可能な地域づくり」を支える公共施設の在り方が求められています。

本セミナーは、子育て施設、学校、高齢者施設の設計事務所などを対象に3回シリーズで、それぞれの施設に関わる研究者の方から計画上の課題についての意見交換をしていただきます。

第2回は「学校」をテーマに、東洋大学名誉教授の長澤悟氏から、学校の施設設備の課題や学校と地域との関わりにおける新しい学校像についてお話を伺い、石本建設事務所名古屋支所部長の高橋政志氏には小中一貫教育や地域施設との複合化を、シーラカンスK&Hの菅野龍氏には地域材の活用や地域に根差す学校の在り方についてお話しいただきます。

是非ご参加ください。

全国の書店で売切れが続出したあの『建築知識1月号 猫のための家づくり』

第二弾『犬のための家づくり』がいよいよ発売!

さらに、発売を記念しトークイベントを開催いたします。

 

みなさまのご来場をお待ちしております!

 

<チラシはこちらからダウンロードをお願いします>

 

0823A4flyer.jpg

『上質に暮らす おもてなし住宅のつくり方』発売記念トークイベント開催!

 

 

「月刊建築知識」でのディテール連載も好評だった、リオタデザイン・関本氏の考える「おもてなし住宅」のノウハウを紹介!


  9784767823737.jpg 
 
 
住まい手に寄り添った住宅設計に定評のある建築家・関本竜太さん(リオタデザイン)。
初の著書となる「上質に暮らす おもてなし住宅のつくり方」の発売を記念し、
トークイベントを開催します。
本書では、住まい手への細やかな気配りを施した「おもてなし住宅」をプランと写真で
紹介しています。

トークイベントではそんな「おもてなし住宅」のつくり方とともに誌面には掲載しきれなかった
テクニックや裏話についても語っていただきます。

 
■□講師プロフィール
関本竜太(せきもと・りょうた)
 
一級建築士。1994年日本大学理工学部建築科卒業後、1999年まで
エーディーネットワーク建築研究所に勤務。
2000~2001年フィンランド・ヘルシンキ工科大学(現アールト大学)に留学。
帰国後、2002年リオタデザイン設立。
日本大学理工学部非常勤講師。
 
 
 
□■スケジュール・会場
会場: 二子玉川 蔦屋家電 BOOK 2Fダイニング
(東京都世田谷区玉川1丁目14番1号二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット)
 
 日時:2017年9月27日(水) 19:00~20:30(開場18:45) 
    ※終了時間は予定です
定員:35名
参加費:書籍購入『上質に暮らす おもてなし住宅のつくり方』(¥2,376税込)
     または、参加費¥1,080(税込)
 
■□予約申し込み
店頭、及びECサイトにて、対象書籍のご購入またはチケットをご購入ください。
お電話でのご予約も受け付けております。
 
 

□■トークショーついてのお問い合わせ

二子玉川 蔦屋家電BOOK TEL:03-6911-0321
エクスナレッジ販売部 TEL:03-3403-1346
 
 ビューローベリタスジャパン株式会社が、『熊本地震の教訓と都市におけるWELL-BEINGな街づくり』を2017年10月24日に開催します。

 第4回となる今回のセミナーでは、東京大学地震研究所準教授の楠浩一氏に2106年10月に開催された第2回オープンセミナーで講演いただいた「熊本地震の被害状況報告」のその後の最新情報をご紹介いただきます。また、大丸有(大手町・丸の内・有楽町)地区をモデルケースに都市におけるWELL-BEINGな街づくりについてご紹介いただきます。


 世界最大級の第3者試験・検査・認証機関 ビューローベリタスが『企業コンプライアンスのための既存建物調査セミナー』を、2017年10月4日に東京国際フォーラムにて開催します。

 企業のコンプライアンス遵守および既存建物の活用の観点から、建物の遵法性調査に対する関心が高まっています。本セミナーでは、調査内容の詳細について、事例紹介を交えて説明します。
 また、検査済証のない建物に対する用途変更や増改築時の確認申請の事前調査として「検査済証のない建築物の建築基準適合状況調査(ガイドライン調査)」の活用が広がっています。ガイドライン調査に関しても、制度内容や調査方法など全体概要をわかりやすく解説します。


開催月別
MONTHLY