• HELP
  • SHOP CART




 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


イベント・セミナー情報

第174回通常国会において成立した
「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」(平成22年法律第36号)などの
法整備に伴い、
公共施設における木造化が進んでおります。

これを受け、従来鉄骨造やRC造で造られてきた
民間施設レベルの建築物の木造化も進むことが予測され、
中大規模木造施設の中には、
高耐力や大空間、高い階高などが要求されている事例もあります。

今回開発した「Aパネ工法」は、
それらの要求に応えるべく、
高耐力・広認定範囲・国産材活用などを実現した新たな工法です。

「Aパネ工法」では、
今その利用が推進されているCLT(Cross Laminated Timber)を
在来軸組の構造用面材として利用します。

工期短縮並びに安全性を確保し、
国土交通大臣認定と性能評価機関の構造性能評定を取得しました。

今後、新築住宅~リフォーム・リノベーション~施設建築まで、
幅広い分野への活用が期待された注目の工法です。

本説明会では、「Aパネ工法」の施工事例の発表、
また設計・施工方法の解説を致します。

皆様のご参加をお待ちしております。


詳細は以下をご確認くださいませ。

日時:平成30年(2018年)2月22日(木) 13:30~16:30

会場:一般社団法人日本CLT協会 本部事務局 
   (〒103-0004  東京都中央区東日本橋2-15-5 VORT東日本橋 2F)

定員:20名
  ※ 定員に達し次第、締め切らせて頂きますのでご了承下さい

お申込み方法:
 以下の参加申込み書にご記入の上、
 2月15日(木)までに
 FAXにてお申込みをお願いいたします。

 ・FAX= 058-271-5630

参加費:無料
  ※ 当日は、受講票をご持参ください
開催月別
MONTHLY