• HELP
  • SHOP CART




 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


イベント・セミナー情報

フォーラムに関する記事

AGC studio Exhibition No.20

U-35 Young Architect Japan. 多様な光のあるガラス建築展
 JSCAでは、構造設計者が日常の設計業務の中で行っている様々な創意工夫について広く公表し、意見交換を行う場を持つことを重要なことと捉え、「構造デザイン発表会」を年次企画として開催し今年で4回目を迎える。本発表会は構造設計事例の発表と意見交換によって、構造設計者の職能向上を図るとともに、若い技術者や学生に構造設計の役割や楽しさを伝えることを目的としている。
 昨年開催の「構造デザイン発表会2012」では46作品の発表があり、約218名が参加した。今年はすでに、全国より予定募集数を超える43作品もの応募がある。
 発表会当日は、設計者のプレゼンテーションに続き、コメンテータを交えての質疑・討論、会場からの質疑応答も活発に行われる。ぜひ会場にてその盛り上がりを共有してもらいたい。
 また、発表会後には、会員相互の懇親を深めるとともに、発表作品に対する自由な意見交換ができるよう意見交換会が開催される。
 JSCAでは、構造設計者が日常の設計業務の中で行っている様々な創意工夫について広く公表し、意見交換を行う場を持つことを重要なことと捉え、「構造デザイン発表会」を年次企画として開催し今年で3回目を迎えました。本発表会は構造設計事例の発表と意見交換によって、構造設計者の職能向上を図るとともに、若い技術者や学生に構造設計の役割や楽しさを伝えることを目的としています。
 昨年10月の「構造デザイン発表会2011」では40作品の発表があり、約400名の方にご参加頂きました。本年は、少しでも多く各地の方にも参加してもらえるよう、新たな試みとして東京から関西へ会場を移して開催します。すでに、全国より予定募集数を超える46作品もの応募を頂いております。
 発表会当日は、設計者のプレゼンテーションに続き、コメンテータを交えての質疑・討論、会場からの質疑応答も活発に行われます。ぜひ会場にてその盛り上がりを共有していただければ幸いです。
 また、JSCA関西特別企画「学生デザインコンペ」の作品展示も行います。当日ご参加の皆様によるお気に入り作品の投票も企画していますので合わせてご期待ください。
 発表会後には懇親会を開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

主催:一般社団法人日本建築構造技術者協会 構造デザイン委員会
【主 旨】
 構造デザイン発表会は、構造設計者である会員が日常の設計業務の中で行なっている様々な創意工夫を凝らした作品を発表し合うことにより、会員相互で切磋琢磨し構造設計技術の研鑽を図ることを目的にしています。同時に若い世代に自らの成果発表の機会を提供し、構造設計の意義や楽しさを味わっていただきたいと考えます。
 我々構造設計者は"発表すること、議論すること"が重要です。日頃の研鑽をより多くの設計者と話し合いましょう。また、若い技術者や学生に構造設計の役割や楽しさを伝えましょう。
 本年の構造デザイン発表会は関西支部で開催することに致しました。全国から多数の会員の方々が参加できますよう新たな企画も計画しています。皆様の活発な作品応募をお願い致します。




「新しい建築の楽しさ」展と連動した講演会シリーズの第一弾です。
構造システム・グループは、建築設計、施工、運営に携わる建築実務者向けの情報収集、情報交換の場を目的とした「建築とITのフォーラム」」を2011年11月11日(金)に開催する。
建築とITの最先端技術、大震災から学ぶ耐震化や補強技術、省エネルギー関連のトレンド、施設管理に求められる情報共有や危機管理対策などをテーマに、多彩な講師を迎え、最新技術の応用や同行を幅広く紹介する。同グループの開発者によるセミナーや製品の展示、体験会なども実施する。
「省エネ×快適となる住まいづくり」を模索し、全国の地域工務店・設計事務所・省エネ設備・建材メーカーで構成される「自立循環型住宅研究会」(主催:野池政宏氏)が、12月1日~2日、第7回フォーラムを開催する。
朝目覚めてから夜眠りにつくまで、私たちは光と密接に関わって生活しています。近年、光は人間の生態や心理に重要な影響をもたらす、ということがさまざまな研究で明らかになってきています。また、空間においても多様な光が用いられ、雰囲気の演出には欠かせない要素となっています。
このように、私たちの身近にある光が人にどんな影響を与えているのか、という視点をスタートに、人の暮らしに焦点を当て光が生活の中で人に与える影響とその魅力を探りたいと考えます。
第21回照明フォーラムでは「ヒトヲ ミタス ヒカリ」というテーマで、三人の講師の方に、日々の生活空間の中で人のココロとカラダを満たす光についてご講演いただきます。
暮らしの中に先進技術を取り入れた未来の住まい方について、専門家・実務家・市民がともに考える一般参加型のワークショップ。柏市を舞台とした未来の住まいを想像し、住まいの質を高める多様な先進技術について考え、その技術の有効性やリスクを、実際の生活者である市民の方々と一緒に考え評価していく。

「省エネ×快適となる住まい」づくりを模索する全国の地域工務店・設計事務所・省エネ設備・建材メーカーからなる「自立循環型住宅研究会」が、12月2日~3日、第6回フォーラムを開催する。

2009年5月12日~17日の6日間、「木工家ウィーク2009・NAGOYA」が名古屋中心地区で開催される。全国から総勢150名の木工家が集い、約3,000点の作品が展示される各展示会と、建築家・中村好文氏による講演会などのフォーラムが予定されている。

近畿圏の設計士による競技設計「紀州材の家 設計コンペ」の入賞作品と応募全147作品を展示する展示会。
最優秀・優秀作品受賞3作品受賞者による作品発表や、建築家・竹原義二氏(大阪市立大学教授)による講演「木の家に住む」、パネラーに竹原義二氏、三澤康彦氏、下山聡氏、西峰嵩氏を迎え、コーディネーター・榎本長治氏によるシンポジウムなどを予定する「紀州材の家フォーラム」も開催される。
そのほか、紀州材に関する発表や展示なども予定。

「サステナブルデザイン国際会議」は、サステナブルな社会におけるデザインの役割を果たすべく、「行動するデザイン」の在り方を考え、また、デザインの持つ社会的責任について理解を深めることを目的に開催されている。
今年度のテーマは「サステナブルな社会に向けてデザインの舵を切る/Steer toward Sustainable Society」。この全体テーマのもと、講演会やシンポジウム、展示会などのさまざまなプログラムをワークショップ形式で実施する。


「人と建築と自然光」と題し、昼光利用照明の技術や省エネルギーへの取組みの活発化を考えるセミナー。
東海林弘靖氏(照明デザイナー)、乾久美子氏(建築家)、岩田利枝氏(東海大学教授)を講師に迎え、人と自然光の理想的な関係を探る。
遠藤照明主催による「くらしとあかり」プロジェクト。環境問題や家庭問題など、現代社会が抱えるさまざまな問題に対して「あかり」がどう貢献できるかを提案する。 2007年8月にスタートした同プロジェクトは、6名の建築家と6名の照明家によるエキシビションを全6回にわたって開催するというもの。第3回目となる今回は、ヨコミゾマコト氏と松下美紀氏のコラボレーション。日常と非日常を溶け込ませた柔らかく心地よい空間を体験できる。
3月28日(金)から31日(月)まで、世界最大の芸術・デザイン大学の連合組織クムルス(Cumulus)主催による「京都国際デザイン会議クムルス2008」が開催される。総合テーマは「空[CU:]デザイン:ゼロからの再構築」。会場は国立京都国際会館、京都精華大学ほか。28日のメインフォーラムは、千宗守氏・平野拓夫氏・原研哉氏・川崎和男氏による公開講演会。29、30日は学術セッションや分科会、交流フォーラム、企業セミナ、展示会などが行われる。展覧会ほか、その他関連イベント多数。
建築家とアーティストの交流を目的とした、(社)日本建築家協会の新企画。第1回目となる今回は、世界的建築家・仙田満氏とメディアアートの先駆者・近森基氏、久納鏡子氏の3人の対談を行う。異なる分野で活躍する3人の専門家の対談を通し、互いの立場を客観的に考察する。
また、当日は軽い食事やお酒も用意され、建築家とアーティストの交流の場も提供される。

日本の建築・環境・都市のさらなる向上を目標に、学生が主体となって企画・運営される全国規模の企画展覧会。

本展は「全国修士設計展」・「全国修士論文討論会」・「特別講演」の3つの企画から構成されており、設計展・討論会では全国から集められたさまざまな修士設計作品や論文、そして学生たちの生の声を聞くことができる。特別講演では建築家・槇文彦氏を講師に迎え、設計者の視点から見た「東京」という都市像について語る。

●主催 大阪府建築士会
●内容 今回のテーマは「危険をなくせば安全なのか~住まいの安全・まちの安全をデザインする~」。2007年日本建築学会賞を受賞した吉村英祐氏を講師に迎え、避難の安全・日常の安全・防犯の安全など、さまざまな安全のデザインについて講演する。また、防犯や福祉の専門家によるパネルディスカッションなども行われ、さまざまな面から住まいの安全・まちの安全について討議する。CPD:3単位  
●会場 ハービスOSAKA4階イベントルーム(大阪市北区梅田2-5-25)  
●日時 2007/08/25    13:30~16:40
開催月別
MONTHLY