• HELP
  • SHOP CART




 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


ニュース&トピックス

2008年8月アーカイブ
20080829.jpgロジクールは、MicroGearスクロールホイールが搭載されたワイヤレスマウス「MX 1100 コードレスレーザーマウス」を2008年9月19日に発売する。価格はオープンプライスで、ロジクールオンラインストア価格は7,980円。対応OSは、Windows XP/Vista、Mac OS X(10.3.9以降)。
NTTデータは、8月27日、Webサイトが高齢者や障がい者でも使えるかどうかを無料で判定するWebアクセシビリティチェックサイト「HAREL」(ハレル)のサービスを開始した。 harel.jpg

8月30日~9月15日、東京都は耐震キャンペーンと題し、マンション耐震化シンポジウムや木造住宅での耐震改修工法の紹介などのイベントを開催する。また都では、木造住宅の耐震診断事務所の登録制度を設けており、8月31日に講習会と試験を行うなど、住宅の耐震化を推進している。


SDHC.jpgサンディスクは2008年8月27日、転送速度30MB/sを実現したSDHCカード「ExtremeIII 30MB/s エディション」を発表した。従来のSDHCカードの転送速度20MB/sから50%程度速度が向上。同社の「Extreame USB2.0 リーダー/ライター」(発売日未定)を使うことで、静止画や動画などのデータを最大毎秒30MBの速度でパソコンに転送できる。
D90_18_105VR_frt34l_l.jpgニコンは、約1,230万画素のデジタル一眼レフカメラ「D90」を9月19日に発売する。同時発売の手ブレ補正機能付きズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR」が同梱された「D90 AF-S DX 18-105G VRレンズキット」のほか、全3種類のレンズキットが用意される。いずれも価格はオープンプライスで、発売日は2008年9月19日。
EF-S.jpgキヤノンは、デジタル専用の高倍率ズームレンズ「EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS」を9月下旬に発売する。焦点距離は35mm判換算で29~320mm相当。シャッタースピード換算で約4段分の手ブレ補正機能を持つIS(Image Stabilizer)ユニットが搭載されている。価格は93,450円。


 

EOS_50D_with17-85_3.jpgキヤノンは9月下旬、約1,510万画素のCMOSセンサ(APS-Cサイズ)と新開発の映像エンジン「DIGIC 4」を搭載したミドルクラスのデジタルカメラ「EOS 50D」を発売する。

アドビ システムズは、8月26日、個人ユーザー向けの画像編集ソフトウェア「Adobe Photoshop Elements 7」(以下、Photoshop Elements 7)を発表した。販売開始は10月中旬から。 pse_main.jpg

 

20080826j11_sp565uz.e.jpgオリンパスは9月20日から光学20倍ズームレンズを搭載し、広角26mmから望遠520mmまでの画角を撮影できるコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA SP-565UZ」を発売する。

レノボ・ジャパンは8月26日、17.1型WUXGA(1,920×1,200ドット)、またはWXGA+(1,440×900ドット)液晶モニタを搭載したモバイルワークステーション「ThinkPad W700」を発売した。w700_02.jpg

lino-1.jpg「lino」は、パソコンで作成した「デスクトップ付箋紙」をインターネット上で共有できる無料のサービス。インターネット接続環境さえあれば、どのパソコンからでも付箋紙の作成/編集が可能だ。利用するにはユーザー登録が必要(登録無料)。
キヤノンは、光学40倍ズームレンズと、新開発の映像圧縮通信エンジン「DIGIC NET」を搭載したネットワークカメラ「VB-C60」を10月上旬より発売する。 vbc60.jpg
プリンストンテクノロジーは、8月22日、USBメモリ内に、2つのメモリを内蔵し、データの同時読み込み/書き込みにより高速データ転送が行えるUSBメモリ「PFU-2XDS」シリーズを発売した。 pfu2xdsbk.jpg

 080821_ebw6.jpg

 エプソンは8月21日、同社新開発のWXGA(1,280×800ドット)、ワイドアスペクト比の液晶パネルを搭載したモバイルプロジェクタ「EB-W6」を発表した。

20080822-00.jpg米Microsoft社は8月20日、同社研究機関「Microsoft Live Labs」のWebサイトで、写真データから3次元モデル(Synth)を作成できるサービス「Microsoft Photosynth」を公開した。ベースとなっている技術は、米Microsoft社とワシントン大学が共同開発したもので、2006年8月に開催された「SIGGRAPH 2006」で発表されていた。利用するには、3次元モデルを作成するためのフリーソフトをダウンロードし、インストールする必要がある。

CAEソリューションズは、構造解析ソフト「COSMOSDesignSTAR2008」を発表した。
COSMOSDesignSTAR1.jpg

inspiron13.jpg

 

デルは2008年8月27日から、これまで17/15インチの液晶モニタ搭載製品で構成されていた個人向けノートパソコン「Inspiron」シリーズに、13インチ液晶モニタを搭載した薄型/軽量モバイルパソコン「Inspiron 13」を加える。

キヤノンITソリューションズは、汎用3次元CAD「TURBOCAD v12」と2次元CAD「TURBOSketch v12」のWindows Vista対応版を9月12日に発売する。

 

SV110h.jpgエプソンダイレクトは8月20日、Windows Home Server日本語版 Power Pack 1を搭載したデスクトップパソコン「Endeavor SV110h」を発表した。9月下旬から同社Webサイト(http://shop.epson.jp/)にて受注を開始する。

 

 

 

「Q部分消し」は、指示した線分を一発消去する外部変形プログラム。交点と交点の間の線分や、交点と端点間の線分を、クリックするだけで消去できる。作者のWebサイトからダウンロード可能(フリーソフト)で、初出2008年8月19日。
フロントラインは、パソコン上のデータやメールなどをハードディスクやUSBメモリにバックアップするデータ管理ソフト「データバックアップマスター 7」を、9月19日から発売する。

国土交通省は、建設業法の一部改正に伴い、建設業者の「営業に関する図書」の保存に関する規定案をまとめた。

マイクロソフトは、個人/SOHO向けサーバOS「Microsoft Windows Home Server 日本語版」(以下、Windows Home Server)を2008年8月30日から提供開始する。エプソンダイレクトやデルなど15社(8月20日現在)から、順次、Windows Home Serverプリインストールパソコンが発売されるほか、「DSP(Delivery Service Partner)版」として、CPUやメモリ、ハードディスクドライブ(以下、HDD)などのパソコンパーツと同時に購入することも可能だ。
(社)日本建築構造技術者協会(JSCA)は、2008年7月29日付で国土交通省に提出した建築士法に関する要望書のなかで、構造設計一級建築士の適正人数を5,500人と推計し、資格者を適正人数程度とすることを求めた。
福井コンピュータは2008年8月26日、建設現場の業務効率をアップさせるCALS対応土木システム「EX-TREND 武蔵 2009」(609,000円)を発売する。
pixlr.jpg「Pixlr」は、インターネットを介して画像を加工できるオンラインサービス。画質調整や覆い焼き、フィルタ効果など基本的な画像加工操作に加え、レイヤ機能も搭載されている。登録は不要で、Webサイトにアクセスすれば誰でも利用できる。

fontpark2.jpgフォントの開発などを手がけるモリサワは8月5日、同社Webサイト上で、フォントを使用したグラフィック制作/参加型コンテンツサイト「fontpark(フォントパーク)2.0」を公開した。制作は、Webデザイナーの中村勇吾氏(tha)。
taskpad2.jpg「Task*pad」は、オンライン上で「次にすること」を管理できるシンプルな目標管理ツール。Task*padは、8月14日のニュースでも紹介した目標管理ツール「check*pad」と同じ、点灯夫の田口元氏が開発/運営しているオンラインツールで、check*padにはTask*padの機能が実装されている。ユーザー登録は不要で、Task*padのWebサイトにアクセスするだけで利用できる。
checkpad2.jpg「check*pad」(ベータ版)は、オンライン上で「ToDo」リストを作成/管理/共有できるシンプルな目標管理ツール。ユーザー登録すれば、誰でも無料で利用できる。
住宅の設計から施工/監理、販売などを手がけるエス・バイ・エルは、8月12日、全国の本支店や住宅展示場に、自社開発の3次元CADシステム「Revo」を導入したと発表した。
国土交通省は13日、「平成20年度地域木造住宅市場活性化推進事業」31件を採択、発表した(表)。「地域木造住宅市場活性化推進事業」とは、地域木造住宅市場の活性化に資する木造住宅の供給体制整備、普及推進、担い手育成、企画開発その他の優れた事業に対して、補助金を交付するもの。今年4月25日から6月16日にかけて行われた公募には108件の応募があり、学識経験者で構成される地域木造住宅市場活性化推進事業審査委員会によって、審査が進められていた。なお、採択した各事業への補助金の交付予定額は、予算の範囲内で応募者からの要望額を査定する予定。
マクソンコンピュータは9月下旬から、モデリング、レンダリング、アニメーション機能を備える統合3次元CGソフト「CINEMA 4D R11」を発売する。R11screen.jpg
lunascape.jpgLunascapeは、低スペックのパソコンでも軽快に動作する無償のタブ式Webブラウザ「Lunascape4 Lite」を公開した。対応OSはWindows 98SE/Me/2000/XP/Vistaで、動作環境は、メモリが32MB(64MB以上推奨)。初出2008年8月12日。

 

tekigou.jpg

生活産業研究所は10月から、Jw_cadで作成したデータを使用し、天空率計算で必要な適合建築物や測定ポイント、断面図を作成するソフト「適合くん」を発売する。計画建築に対応した適合建築物を作成する手間と時間を短縮し、作業効率を向上できる。

200.jpg
加賀電子は7月下旬から、スペインFeversoft社が開発したレンダリングソフト「Fryrender」の販売を開始した。
20080812.jpg「Office 2007 オールドスタイル メニュー アドイン」は、Microsoft Office 2007で採用されたリボンインターフェイスを、Office 2003以前の旧スタイルに戻すフリーソフト。最新バージョンは0.91(初出2008年8月3日)。
9月5日、グラフィソフトジャパンは、9月29日の3次元建築CAD「ArchiCAD12」の発売に先駆けて、新製品発表会を開催する。ここで、3次元建築CAD「ArchiCAD12」の全貌が明らとなる。
Cucku01.jpg「Cucku Backup」は、Skypeユーザー同士でデータをバックアップできるフリーソフト。ネットワーク経由でデータをバックアップできるフリーソフトやインターネットを介したサービスはほかにもあるが、Cucku Backupは、友人や家族などほかのSkypeユーザーのパソコンにバックアップを取れるという画期的なソフトだ。

DAEMON0.jpgコージェンメディアは8月8日、仮想CD-ROM/DVD-ROMドライブを作成できるフリーソフト「DAEMON Tools Lite」日本語版を公開した。最新バージョンは4.30.1。DAEMON Toosの日本語ランゲージファイルを提供している日本語化工房-KUPのWebサイトからダウンロードできる。
国土交通省、都道府県、新・建築士制度普及協議会が、8月1日付けで、各都道府県の建築士会に登録している建築士事務所に対して送付した「本年11月28日 新しい建築士制度がスタートします。」と題したダイレクトメールの内容に誤りがあることがわかった。
日本HPは8月14日から、22型ワイドの「HP LP2275wプロフェッショナル液晶モニタ」と24型ワイド「HP LP2475wプロフェッショナル液晶モニタを」発売する。共に、CADやCGを扱うユーザーをターゲットとした製品だ。
fy08-155_01.jpg

0806Earth.jpgグーグルは、3次元地図閲覧ソフト「Google Earth」で日本国内の主要都市の「ストリートビュー」を閲覧可能にした。ストリートビューとは、道路から見た周囲の風景を表示する機能。既報の通り、「Googleマップ日本語版」にもストリートビュー機能が追加されたばかりだが、Google Earthのストリートビューでは、視線の移動がより直感的かつ素早く行える。

レノボ・ジャパンは8月6日、インテルの最新テクノロジー「インテル Centrino 2 プロセッサー・テクノロジー」を搭載したノートパソコンThinkPadシリーズの新製品6機種を発売した。

 

w500_front.jpg

 「ThinkPad W500」は、高いグラフィックス性能と携帯性を兼備したA4サイズのモバイルワークステーション。OSにWindows Vista Business (32ビット版)が搭載されたモデル(型番:405823J、378,000円)は、CPUにCore 2 Duo T9600(2.8GHz)、2GBのメモリ、200GBのハードディスクドライブ、グラフィックスカードにATI Mobility FireGL V5700 (512MB)。WUXGA表示が可能な15.4型の液晶モニタ、DVDマルチスーパードライブを搭載している。本体サイズは幅357.5×奥行き255×高さ29.7~33.5mmで、重さは約2.67kg。ほか3モデルが用意されている。

STREET_View.jpgグーグルは2008年8月5日、全世界の地図をシームレスにスクロール閲覧できるWebサービス「Googleマップ」の日本語版に、新たな機能「ストリートビュー」を追加した。

米国で先行サービス提供されていた「ストリートビュー」は、道路から見た周囲の風景を表示する機能。はじめての場所を訪れる際、地図情報だけではわかりにくい現地の情報を事前に調べることができるので、地図の把握が苦手なユーザーには嬉しいサービスだ。画面上に表示された矢印をクリックすることで視点移動ができるほか、画面左上の操作ボタンで360度の方向転換、風景の拡大/縮小が行える。このサービスに対応している道路は、Googleマップ上に青の縁取りが表示される。現在このサービスが利用できる国内エリアは、東京、大阪、仙台、函館、札幌の5都市だが、今後も順次サービスエリアは拡充されていく予定だという。
Twiddla.jpg「Twiddla」は、複数ユーザーと同じWebページを閲覧しながらチャットやコメントの記入ができるWeb会議スペース。会員登録などは不要で、TwiddlaのWebサイトにアクセスすれば、誰でも無料で利用できる。

IMG_3658.jpg 

日建設計総合研究所上席研究員である山村真司氏は、「A&A環境建築ソリューションセミナー」(エーアンドエー主催)において「温暖化時代に求められる環境プロポーザル」と題する特別講演を行い、「熱環境シミュレーションソフトを使って計画地の表面温度シミュレーションを行いながら設計検討を行い、実際にできた街区をサーモカメラ等で測定し、計画前の土地の平均気温と比較したところ、約2度気温が低下した」と発表した。事例として取り上げられた環境配慮型街区は、日建設計本社周辺地域。周辺の複数事業者の敷地と公共空間を統合し、点在する既存の水や樹木(クールスポット)をつなぐことで計画地の気温の低下を図ったという。

Photomatix_IF.jpgゾーグは2008年8月8日、従来の写真では再現できなかったハイダイナミックレンジ(HDR)イメージを簡単に作成できる画像編集ソフト「Photomatix Pro 3.0」のダウンロード版を、オンラインショップ「Zorg Store」にて発売する。Zorgメンバー(登録無料)を対象とする10月31日までの期間限定価格は9,800円。
7月31日、国土交通省は6月の新設住宅着工戸数を発表した。6月の新設住宅着工戸数は100,929戸で、改正建築基準法施行後初めて10万戸を突破した。この数字を季節調整したうえで年間着工戸数に換算すると113万戸となる。
ソフトウェア・トゥーは8月22日から、「STRATA 3D[in] 日本語版 バンドルパック for Windows」を発売する。同バンドルパックは、Adobe Photoshop CS3 Extended用3Dプラグイン「STRATA DESIGN 3D[in]」と「STRATA FOTO 3D[in]」、および「STRATA LIVE 3D[in]」を合わせた製品。いずれも、Photoshop CS3 Extendedの[フィルタ]メニューから起動できる。価格は68,250円。各プラグインは単体でも発売される。

3din_sclrg_foto.jpg

Rightwands1.jpg「RightWands」は、Internet Explorerの右クリックメニューを拡張するフリーソフト。閲覧中のWebページをInternet Explorer以外のブラウザで開く、YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトを検索するなど全60種類の機能を右クリックメニューに追加できる。最新バージョンは0.15(初出2008年7月24日)。
PTC.jpg製造業向け3次元CAD「Pro/ENGINEER」やPLM統合ソフト「Windchill」の開発元であるPTCは7月31日、エアバスやユーロコプター、アストリウムを擁する航空宇宙企業・EADSに対してPLMソリューションを独占提供することを発表した。
0801-2.jpg「特殊フォルダ検索ツール」は、「送る」(SendTo)や「スタートメニュー」、「スタートアップ」などの「特殊フォルダ」を一瞬で開けるフリーソフト。図のようにプルダウンリストから目的のフォルダを選択し、[開く]ボタンをクリックするだけでエクスプローラが起動し、表示される。最新バージョンはVersion 1.1.0(初出2008年7月1日)。

 

gr_digital2.jpgリコーは7月24日、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL Ⅱ」向けの機能拡張ファームウェアを公開した。機能拡張ファームウェアは、同製品のブログ「GR BLOG」やアンケートに寄せられたユーザーからの意見や要望を元に作成されており、リリースは、3月27日にリリースされた第1弾に続き、第2弾となる。同社Webサイト(http://www.ricoh.co.jp/dc/download/grd2.html)からダウンロードできる。