• HELP
  • SHOP CART




 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


ニュース&トピックス

第23回村野藤吾賞の受賞者が決定した。
受賞者は伊丹潤氏、受賞作品は「二つの手の美術館と、水、風、石の美術館」。

兵庫県宝塚市で授賞式および記念講演会が行われるほか、
6月には東京でも記念講演会が予定されている。

■授賞理由について
韓国、済州島の70万坪のリゾート地のなかに、この美術館群は建てられている。
二つの手の美術館は、山に向かって祈るように手を組んだモチーフのデザインで、
水、風、石の美術館は、それぞれをテーマとした小さな美術館である。
いずれも美術館に込められた創造の情念が、デザインを超えて建築の内外に
美しくにじみ出ているのが高く評価された。

■選考委員
池原義郎、遠藤秀平、北側原温、八木幸二、割田正雄
(敬称略、五十音順)


01 二つの手の美術館 hiroaki tanaka.jpg
写真1:「二つの手の美術館」(田中宏明 撮影)




02 水の美術館 shinichi sato.jpg
写真2:「水の美術館」(佐藤振一 撮影)




03 風の美術館 shinichi sato.jpg
写真3:「風の美術館」(佐藤振一 撮影)



04 石の美術館 shinichi sato.jpg
写真4:「石の美術館」(佐藤振一 撮影)





【授賞式および記念講演について】

■日時・会場
授賞式:5月15日(土) 13:00~13:30
会場:宝塚市庁舎 1階市民ホール(兵庫県宝塚市東洋町1-1)

記念講演会(兵庫):5月15日(土)13:45~15:15
会場:宝塚市庁舎 1階市民ホール(兵庫県宝塚市東洋町1-1)

記念講演会(東京):6月22日(火) 18:00~19:30
会場:目黒区総合庁舎2階大会議室(東京都目黒区上目黒2-19-15)


■入場料
兵庫、東京ともに無料

■問い合わせ
03-3561-4644
村野藤吾記念会事務局

■申し込み方法
「村野藤吾賞記念講演会」と明記のうえ、住所・氏名・勤務先/学校・電話番号を
記載しFAXにて送付してください。

FAX番号:03-3561-4640
村野藤吾記念会事務局(建築情報システム研究所内)

■申し込み締め切り
5月21日



【伊丹潤 プロフィール】                         
    1937    東京に生まれる
    1964    武蔵工業大学建築学科卒業
    1968    伊丹潤建築研究所設立
    2006    (株)伊丹潤・アーキテクツ新設
    2007-2008    日本民芸館理事
    2009-    済州国際教育都市 建築コミッショナー兼マスターアーキテクト

■主な作品
    2009    空の教会
               済州島の集合住宅
               The CLASSIC ゴルフクラブハウス
    2008    LEE BUILDING
               白磁の箱
    2007    二つの手の美術館
               私の別荘
               Gihung SK APELBAUM 集合住宅
    2006    水・風・石の美術館
               墨の家 Ⅱ
    2004    學古齋美術館
    2001    ゲストハウス PODO HOTEL
    2000    ゲストハウスOLD NEW
    1998    墨の庵
               PINX メンバーズクラブハウス
    1996    木の教会・レナード・バーンスタイン記念館
    1992    Mビルディング
    1991    石彩の教会
    1988    刻印の塔
    1985    彫刻家のスタジオ
    1982    温陽美術館
    1975    脇田和のアトリエ
               墨の家


■主な受賞                     
    2006    金寿根文化賞(韓国)
               アジア文化・景観賞 (国連 人間住居計画 -UN HABITAT-主催)
    2005    フランス共和国 芸術文化勲章 「シュヴァリエ」
    2001    韓国建築家協会作品賞
    1992    G I Dコンペ優秀賞

■主な個展
    2010    「Contemplating the Void: Interventions in the Guggenheim Museum」
               グッゲンハイム美術館、ニューヨーク               
    2007    「ITAMI JUN」空間ギャラリー、ソウル
    2006    「第2回 北京建築ビエンナーレ」、北京
    2004    「ITAMI JUN」アエデス建築フォーラム、ベルリン
    2003    「ITAMI JUN」国立ギメ東洋美術館、パリ
    1997    「墨の庵・水の庵」EXHIBITION SPACE 東京国際フォーラム、東京
    1995    「美術と建築・二つの手と目」福岡市美術館、福岡

■主な著書                    
    2009    『李朝高麗抄選』クレオ
    2008    『伊丹潤 1970-2008』主婦の友社
    2004    『石と風の音』學古齋出版
    2002    『伊丹潤 -建築と絵画- 』求龍堂
    1993    『伊丹潤』求龍堂
    1983    『21人の手<日本建築家ドローイング集>』求龍堂
    1981    『李朝の建築』求龍堂
    1975    『李朝民画』講談社

■パブリックコレクション             
    埼玉県立近代美術館
    北九州市立美術館
    国立国際美術館
    長谷川現代美術館
    光州市立美術館
    ニカラグア国立美術館
    フランス国立ギメ東洋美術館
    グッゲンハイム美術館 ニューヨーク