• HELP
  • SHOP CART




 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


ニュース&トピックス

2011年6月アーカイブ
社団法人日本建材・住宅設備産業協会は、住宅の断熱リフォームの理解を深めるためのパンフレット「健康で快適な我が家にチェンジ!!『断熱リフォーム』」(両観音折り8ページ)を発行した。
株式会社アスプルンドでは、コントラクト事業の更なる営業基盤の強化を目的に、名古屋・大阪にオフィスを開設する。  
2011年6月13日開設予定の大阪オフィスでは、同社が運営する関西のフラッグシップショップであるタイムレスコンフォート南堀江店内に設置し、同社取り扱いの家具をはじめ、インテリア、雑貨等幅広い商品が確認できる環境を整える。

株式会社アベルコは、自社ブランド「Artis」(高級アクリルバスタブ)と「Maristo」(セラミックタイル)の複合ショールームを2011年6月6日に六本木にオープンした。

本展覧会では、前半の「ガラスにできることその1」の会期中に募集した、「災害のとき、 こんなガラスがあったらいいのにな」とか「こんなふうな使い方もできるんじゃないか」といったアイデアを展示することで、 会場にいらっしゃった皆さんと一緒にガラスと災害の関係について考える「場」ををつくります。

住宅用サッシなど身の回りにあるものを用いて、ガラスの新しい可能性を考えるための プロジェクト・ルームをしつらえます。 この会場全体が「災害時に「ガラスにできること」というテーマに対して、 みかんぐみが考えるひとつの提案になっています。

「ガラスにできることをテーマ」に多くの方々にいただいた、【安全対策】【被災者支援】【リサイクル】【防災】【省エネ(節電)】に関するアイデアは、プロジェクト・ルーム内でご自由にご覧いただけます。

会期中には、実際にこのプロジェクト・ルームを使って、ゲストみかんぐみの公開の ミーティングを予定していますので、皆さんにも議論にご参加いただいて、 震災について考えるきっかけになればと思います。


AGC Studio デザインフォーラム第6回は、 現在開催中の企画展「ガラスにできること その1、その2」の企画を手がけた建築家、曽我部昌史氏に「この先の公共のかたち」という題名でご講演いただきます。

■概要・日時・会場
題名:   「この先の公共のかたち」 
日時:   2011年6月24日(金)18:30~20:00(開場18:00)
開催場所: AGC studio 2階(東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館)
http://www.agcstudio.jp/event/index.html

■参加費
定員:30名(事前申込制、申し込み順) (申込開始日は5月初旬)
参加費:無料
スガツネ工業は、福岡ショールームのオープンを記念し、
九州最大級のアイテムを展示する展示会「盛り上がる九州 走りだすスガツ ネ」を開催する。

同展示会では、建築金物や家具金物、ガラス用金物のほか、装飾・化粧パネルなども展示。
また、最新の製品に関するセミナーや、製品に関する各種デモンストレーションも行う予定。
来場者には記念品が贈呈されるほか、総合カタログの発送なども受け付ける。
株式会社カネシンは、6月1日(水)から9月30日までの4ヶ月間、「地震にV! V-RECS制震V2キャンペーン」を実施。