• HELP
  • SHOP CART




 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


ニュース&トピックス

2013年2月アーカイブ

2月20日に発売となりました、建築知識3月号は創刊から通巻700号となる記念の一冊です。

700号記念企画と特集の2本立で、ページ数が大幅にUP!

非常に読み応えのある一冊となっておりますので、ぜひお手にとってご覧ください。

それぞれの特集の誌面を一部公開させていただきます。

 

【700号記念企画】 日本の住宅を変えた50人+α
 
建築知識の創刊1959年から2010年代の現在に至るまで、

住宅設計の歴史に一石を投じた(投じつつある)建築家+住宅を改めて見つめ直します。

建築業界に強烈なインパクトを与え、後の住宅設計に大きな影響を及ぼした住宅と建築家を、

その発想、プラン、工法、材料などに着目しつつ、建築知識ならではの視点で総覧します。

 

▼ためし読みはこちらから!

<こちらからダウンロードしてください>

 

【特集】 [既製品]使いこなし大百科

設計がうまいといわれる設計者には共通点があります。

それは「既製品をうまく使いこなしている」ということ。

「一定水準以上の性能を確保し、コストを抑えながら、居心地のよい空間を提案すること」

――この難題に応える解の1つが、既製品の力を積極的に利用する、

つまり既製品を「使いこなす」ことではないでしょうか。

本特集では、外装・内装・水廻りそれぞれの既製品活用術を事例とともに紹介します。

豊富な図面と写真をオールカラーでお届けします。

 

▼ためし読みはこちらから!

<こちらからダウンロードしてください>


<建築知識3月号のご購入>
amazonからのご購入はコチラから!


「建築知識」では現在、トレーサーを募集しております
毎号、さまざまな建築図面を掲載しています。特集内容によっては、80頁あたり150~200枚の図面を掲載しております。仕事量を平準化するためにも、現在活躍されている方に加え、トレースを行って頂ける方を募集します。スキルとして、Illustrator操作とCAD(図面データ変換用)操作は必須とさせていただきます。
Sketch Up に関する「SketchUp 3Dカンファレンスin JAPAN」と題されたトレーニングならびにセミナーイベントが2013年3月14日、15日に開催される

イベントでは、建築・土木に関する、SketchUpを使った高度なモデリング技術を学べるトレーニングや、国内および世界の建築土木における3次元モデルの活用法、そして、Google Earth Proの全てがわかる講演などが予定されている
建築用断熱材を製造するデコス(本社:山口県下関市、安成信次社長)は6日、「近くの山の木でつくる、省CO2で心地よい木の家プロジェクト」で、第2回カーボン・オフセット大賞(カーボン・オフセット推進ネットワーク主催、環境省など後援)の優秀賞を受賞した。