• HELP
  • SHOP CART




 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


ニュース&トピックス

四国化成工業は、同社製品を採用した施工作品を全国から募集し、
優秀な作品を表彰する「空間デザインコンテスト」を開催中。


2014年2月 7日のニュース

 イタリアのインテリアブランドMinottiは、東京・青山にある2店舗のショールームMinotti COURT(2014年2月7日)、Minotti Tri-Angle(2013年12月)をリニューアルオープンした。

2014年1月22日のニュース

四国化成工業株式会社は、全国の販売工事店と設計事務所を対象とした「第20回施工作品コンテスト」を実施し、審査結果を発表しました。

詳細については下記を参照。

2013年5月10日のニュース

立川ブラインド工業株式会社は、316日(土)に、東京・渋谷区のタチカワ新宿ビル1階に『タチカワブラインド新宿ショールーム』をオープンした。同社は"人にやさしい快適な環境づくり"を目指し、ウィンドウコーディネートを提案している。

同ショールームは、高い遮蔽性がある高機能ブラインド「パーフェクトシルキー」をはじめ、ロールスクリーンなどのファブリック製品、間仕切り、カーテンレールなど住宅向け製品が一堂に展示されている。また、ブラインドや生地によって異なる光の透け感を確認できる「テスティングウィンドウ」を設置するほか、様々な製品タイプや操作方法による操作感の違いを体験できる。

 

 

2013年3月29日のニュース

立川ブラインド工業株式会社が主催する『第14 ブラインド カラーコーディネートコンテスト』は、「空間コーディネート部門」と「イメージ部門」の2部門で構成され、それぞれ「夢」や「夢みるブラインド」をテーマに作品を募集した。先日、同コンテストの入賞作品12点が決定した。入賞作品は、331日(日)まで、タチカワブラインド銀座スペース オッテにて展示される。

 

審査の結果、「空間コーディネート部門」ではグランプリ該当作品がなく、来生 亜子さんの「Interestimage art gallery」と櫻間 七海さんの「Transformation 変身する家」の2作品が準グランプリに選ばれた。一方、「イメージ部門」グランプリには、酒井 和佳子さんの「木のあるところ」が選ばれた。

 

 

2013年2月 8日のニュース
建築用断熱材を製造するデコス(本社:山口県下関市、安成信次社長)は6日、「近くの山の木でつくる、省CO2で心地よい木の家プロジェクト」で、第2回カーボン・オフセット大賞(カーボン・オフセット推進ネットワーク主催、環境省など後援)の優秀賞を受賞した。
2012年12月 6日のニュース
若手建築家たちが自作家具を披露する展覧会が開催されている。
「KAGUTEN」と題されたこのイベントは、小さな設計実例である家具を媒介に、建築家達の思考を広く伝え、日々の知的業務を視覚化させたり、建築家と社会との接点を増やすことを目的としている。
また同時に 解体を控えた空き店舗など都市の空隙の有効活用も考えたイベントとなっている。

木造設計塾の塾生を募集中!

協同組合「杢人の会」が木造設計塾の塾生を募集しています。

木造住宅を造り維持してゆくには、住宅の住み手、造り手、林業の担い手など一体で動く仕組みが必要です。そこで同塾では、その仕組みの中の設計者像とはどのようなものか、どのような専門性が必要なのか、どのような責任が生じるのか、どのような設計方法が必要なのか、そこをテーマに考えていきます。また、造り手の創造性を生かした木造住宅を造る(設計する)こと、それを長く維持してゆくこと、その両方を実現できるような造り手の連携(パートナーシップ)の確立を目指しています。

木造住宅の造り手を目指し、木造住宅の現場に自立した設計者として参加したいとお考えの方のご応募をお待ちしております。
2012年10月 5日のニュース
HEAD研究会(東京都千代田区)は、建築・不動産業界を取り巻く社会環境の変化に対応すべく、新たな産業の展望と多様なネットワークを創出する頭脳集団。国際化、部品・建材、情報プラットフォーム、リノベーション、ビルダー、不動産マネジメント、政策改革の7つのタスクフォースによって、多彩な活動や研究が行われている。

今回、これからの産業を担う二十代、三十代の若い建築不動産関係者や、建築を学ぶ学生諸君に向け、HEAD研究会副理事長 松村秀一氏の「七つの予言-2025年の住宅と産業-」と題された過去のレクチャーの提言をベースにした、全四回の連続シンポジウム『「七つの予言」その先の建築』の第二回を開催する。

各回は、松村秀一氏をホストに、国内外の第一線で活躍するプロフェッショナルを数人ゲストパネラーとしてお招きし、この先の建築世界へのビジョンと、そこで生まれる可能性のある新しいビジネス、新しい産業についてのヒントを探ることを目的としている。

また、シンポジウム後の懇親会では、新たな挑戦で市場に立ち向かう中小企業と、建築を学んだ優秀な学生の就職マッチングの場として、HEAD研究会法人会員企業の企業PRプレゼンテーションが行われる。
2012年10月 3日のニュース
日事連建築賞は、すぐれた建築作品を設計した建築士事務所を表彰することにより、建築士事務所の資質の向上に資することを目的とするもので、昭和60年に「建築士事務所全国大会建築作品表彰」として創設し、毎年表彰を実施して今年で28回目を迎えた。
応募作品は、第1次審査として単位会の審査を経、第2次審査(現地審査を含む)として日事連建築賞選考委員会(坂本一成委員長・東京工業大学名誉教授)の審査を経て、優秀と認められた作品には国土交通大臣賞、日事連会長賞、優秀賞、奨励賞が与えられる。
この度、(社)日本建築士事務所協会連合会は、平成24年度日事連建築賞受賞者を下記のとおり決定した。
国土交通大臣賞には、一般建築部門から「龍谷大学 龍谷ミュージアム」を設計した「(株)日建設計一級建築士事務所(大阪府大阪市)」が、日事連会長賞には、小規模建築部門から「本宮保育園」を設計した「谷重義行+建築像景研究室(石川県金沢市)」の受賞が決定した。

表彰式は10月5日(金)、日事連創立50周年記念・第36回建築士事務所全国大会で行われる。
2012年10月 2日のニュース
滋賀県守山市は、守山中学校校舎改築基本設計・実施設計を委託する設計者を公募型コンペ方式により選定する。
将来にわたり市民に愛着をもたれる施設整備を図った最適な設計案とするため、広く提案を求め、国外からの応募も可能としている。
2012年9月27日のニュース
日立市では、東日本大震災において、市庁舎が大きな被害を受けたことから、新庁舎の建設事業を進めている。そしてこの度、来年度から実施を予定している設計業務に向けて、「日立市新庁舎建設基本計画」を策定(9月24日公表)した。
この設計業務については、優れた提案を広く募集するため、公募型の設計コンペ方式により実施することとしている。
2012年9月26日のニュース
都市整備局では、住まいづくりに関心のある都民や住宅生産事業者の方々を対象に、セミナーを開催する。
地球環境に配慮した省エネ・創エネ住宅が注目されている現在、ゼロエネルギーを目指すこれからの家づくりについて芝浦工業大学の秋元孝之教授が詳しく解説する。また、地震発生時の被害を未然に防ぐための対策や世代を超えて長く住み続け、環境に配慮した住宅のモデル事業等についての解説もある。
2012年9月25日のニュース
日本建築学会では、建築への理解と認識ならびに建築文化の向上を目的に広く社会に向けた事業として毎年「建築文化週間」建築夜楽校を開催している。
今年は「21世紀の首都」をテーマとして、第一夜に首都と地方のグランドビジョンをめぐって、第二夜に世界的な視点で見た日本の首都の位置づけをもとに、21世紀の首都と列島の未来について討議する。
首都のあり方を考えることで、地方を含めた国土全土の方向性を議論することを目的とする。
2012年9月10日のニュース
「ひと・すまい・くらしラボ」は、地域での家づくり・家守りを担う工務店が、その存在価値基盤をより高めるために絶えず未来を先取りする形で問題意識を設定し、半歩先を行く視座を保持していくための研究ネットワーク。2008年の発足以来、OMソーラー(株)がOM工務店を対象としてさまざまなテーマを研究対象にしながら取り組んできた。
そして今回、「ひと・すまい・くらしラボ」では、OM工務店だけではなく、設計者、施工者、あるいは一般の学生といったより幅広い方々を対象として活動を広げることになった。今回、第一回目を公開シンポジウムとして開催する。テーマは「住まいと暮らしの対立」。「対立」をキーワードに顧問研究員によるパネルディスカッションと個別報告の構成により、住まいづくりの新たな課題を明確に提示する。
2012年9月 6日のニュース
社団法人神奈川県建築士事務所協会が主催する応急仮設住宅計画コンペティションの公募が始まった。

東日本大震災以降、大震災等の発生に対してどのように対処していくかが広く議論される中、社団法人神奈川県建築士事務所協会でも首都圏における災害発生に対してどのように備えていくかを検討・提案していこうとしている。そこで、首都圏における災害発生において、迅速な応急仮設住宅の建設と、適切な居住環境の確保を目指し、災害救助法等の現行法令も意識したリアリティのある応急仮設住宅の提案を広く募集することとした。
本コンペティションを通して、建築技術者の資質の向上・活用を図り、防災・減災のまちづくりに対する意識を喚起することを目的としている。
2012年8月23日のニュース

構造塾が9月3日(月)に大宮ソニックシティービルにおいて、構造塾としては初の関東地方開催となる構造塾~序章「木造構造計算がもたらす業界革命」と題した構造計算セミナーを開催する。
講師は「最高に楽しい 木構造入門」の著者であり、構造塾の塾長でもある佐藤実氏。
2012年8月20日のニュース
福岡県が主催する「福岡県美しいまちづくり建築賞」の募集が始まっている。
同賞は、福岡県内に現存する建築物を対象にし、地域の自然、風景、歴史、文化、生活、活動等を背景とした景観の形成に寄与するとともに、建築計画において優れた建築物に対して送られる賞である。
2012年7月24日のニュース
発足以来32年間続いている『建築パース展』が、建築ヴィジュアライゼーションの作品展として名称を『JARA2012』に変更し、東京・名古屋・大阪にて開催。JARA会員作品を中心に、アメリカ・オーストラリア・韓国の建築イラストレーション団体の作品も展示予定。ムービー上映やトークイベントなども企画する予定。
2012年7月20日のニュース

『世界一美しい団地図鑑』の刊行を記念して、

団地の聖地、UR都市機構 技術研究所 集合住宅歴史館の見学会を開催いたします。

 

集合住宅歴史館を知り尽くした本書の著者の案内で、移築保存された

「同潤会代官山アパート」

「晴海高層アパート」

「蓮根団地」

「多摩平団地」

などの名作団地の室内を巡れる、めったにないチャンスです。

 

当日は、UR都市機構さん秘蔵の、団地黎明期の映像の上映会も開催いたします。

参加費は無料です。

参加特典として、『世界一美しい団地図鑑』を持ちいただいた参加者の方には

未掲載写真(プリント)をプレゼントいたします。

2012年7月 2日のニュース

静岡の建築家仲間で、家づくりを紹介する展覧会を
毎年七夕の時期に東京・神楽坂のアユミギャラリーで開いている。
7人の建築家とそのスタッフなど総勢17人の展示になる。

展示内容は出展者それぞれがこの一年間に撮りためた写真の展示。
そして今年のテーマ「食べる」を意識した各建築家の家づくりについての展示の2部構成です。

(NPO)日本都市計画家協会は、第4回目となる「日本都市計画家協会 楠本洋二賞」の募集を開始した。
日本都市計画家協会の設立発起人の一人である楠本洋二氏は、昭和40年代よりわが国都市計画の中で民間コンサルタントを自ら主宰し、全国の都市計画コンサルタントを先導してきた。また、都市計画の「理論と実践」をあわせ行うことを生涯の旨として、精力的に全国の都市計画にその足跡を残してきた。 2008年12月に惜しまれてその生涯をとじられましたが、楠本洋二氏の意志を若き都市計画家につなぐことを目的として、節子夫人の申し出により、賞が設けられた。 日本都市計画家協会 楠本洋二賞は、全国の都市計画・まちづくりにおいて活動する若い研究者やプランナー、まちづくりの実践者を顕彰し、さらなる活躍を期して支援することを目的とする。

一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構では、7月26日(木)東京文京区にて、財団内に設置しているBEST専門版開発委員会が開発に取り組んでいる「建築物総合エネルギーシミュレーションツール【The BEST program】」を紹介し、体験するシンポジウムを開催する予定
2012 年3 月26 日朱鷺メッセ連絡デッキ落下事故をめぐる訴訟の判決が下された。「事故原因の立証ができていない」として、原告の新潟県の損害賠償の訴えを退けた。構造エンジニアは技術的な力は当然必要であるが、権威や権力という、いわゆる社会に立ち向かう力と認めさせる力も必要であることを気づかされ、裁判の中で技術的な論争が繰り返されるものの、なぜ判決に反映されなかったのか。権力組織と権威組織の連合体に小さな構造設計事務所がどのように戦い抜いてきたのか。構造エンジニア、構造関連団体および建築業界はどうあるべきか。などについて講演する予定である。

建築家のあかりコンペ2012

社団法人日本建築家協会・大光電機株式会社は2012年9月18日(火)まで歩行者に優しい「まちの照明」テーマとしたコンペ作品の募集を開始した。 東北大震災以降、節電によって明るさが抑えられているが、そこに住む人たちにとって最も相応しい屋外照明はどうあればいいのか。その街で生活している人たちにとって夜の明かりは単に明るければいいというわけではない。安らぎのある照明。あるいはその街で商売をしている人たちにとっては、お客さんを迎え入れるような照明。そのような歩行者に優しい「まちの照明」をテーマにコンペ作品の募集を開始した。
2012年6月20日のニュース
株式会社サンゲツは、本社ショールーム(名古屋市西区)に併設するモデルルームを 9 年ぶりに全面改装し、6月15日(金)にリニューアルオープンした。コーディネイト空間をさらにイメージしやすく工夫し、環境に配慮した設備も本格導入した。 6/21(木)・22 日(金)には、同日に開催する「モデルルーム内覧会」(10:00~18:00)にあわせ「省エネ・節電セミナー」をサンゲツ本社で実施する。

2012年6月12日のニュース
三菱化学株式会社の調光・調色機能をもつ有機EL照明パネル「VELVE」全91枚が、5月31日に竣工された五洋建設株式会社本社ビル別館の1階エントランスホールの空間演出照明用に採用された。
2012年5月29日のニュース
株式会社平田タイルは、オリジナルタイルブランド「ハイセラミクス」から新製品を7月より発売する。
2012年5月22日のニュース
メガソフト株式会社がスマートフォン/タブレットでの閲覧用に2010年7月より運営している、クラウド型3D住宅プレゼン空間「3Dプレイス」への3Dモデル登録棟数が累計で1万棟を突破した。
1万棟目を登録した株式会社吉田建設(本社:埼玉県本庄市)の吉田 正専務にはメガソフトより、証明書と副賞としてAndroidタブレットが贈呈された。
2012年3月27日のニュース

14回 国際バラとガーデニングショウ

International Roses & Gardening Show 201 

2012年5月12日(土)~15日(火)・5月17日(木)~20日(日)

※16日(水)は展示物メンテナンスのため一般入場はできません。

西武ドーム

 

今年のテーマは「魅惑のバラできれいになる」

シンボルガーデンにはキャス・キッドソンの秘密の庭~インスピレーションの生まれる庭が登場

不朽の名作「ベルサイユのばら」を冠したバラがついに誕生

特別企画「子どものための花育・バラ育」はご家族でお楽しみいただけます

 

国際バラとガーデニングショウ組織委員会は

世界のバラと美しいガーデニングをご紹介する「第14回 国際バラとガーデニングショウ」を

2012512日(土)~20日(日)の期間中8日間(メンテナンス日16日を除く)、

埼玉県所沢市の西武ドームで開催いたします。

 

2012年2月13日のニュース

DRA-CAD25周年キャンペーン

建築設計・製図CAD「DRA-CAD」が2012年2月13日で25周年を迎えることを記念して、株式会社建築ピボットは、最新版の「DRA-CAD10シリーズ」を割引価格で販売する「DRA-CAD」25周年キャンペーンを実施する。
長期間のユーザーや、DRA-CADアソシエイト会員用の割引価格も用意。

2011年11月21日のニュース

BCP対策応援キャンペーン

株式会社FMシステムでは、図面資産を守るためのBCP対策応援キャンペーンを2011年12月31日まで実施中。
対象商品であるまいく郎とCroscopeの購入者を対象に、手持ちの製本図面3冊をデジタル化し、データベースを無料で作成する。
2011年11月18日のニュース
建築知識から、木材サンプル集が発売となりました。

特定の産地・ルート・メーカーにかたよらずに選りすぐった81種のムク板見本。
設計事務所、工務店のみならず、インテリアデザイナーや教育機関、官公庁などで、建築主へのプレゼンや、学生・実務者が樹種を検討するときに参照する格好の資料となります。


価格は、
31,500円(税込)
このラインナップでこの価格、ここでしか手に入りません!!



2011年7月28日のニュース

このたび、一般社団法人リノベーション住宅推進協議会(東京都渋谷区、会長:山本卓也)は、全国初のリノベーションのアイデアコンペ「第1 回リノベーション学生アイデアコンペ」(以下、「本コンペ」と略)を開催いたします。


本格的なストック型社会に向けて、住宅政策もストック活用、既存住宅流通活性促進へと大きく舵を切る中、将来を担う学生が「リノベーション」による既存ストック活用を考え、表現し、発表を行う場を設けることで、多様化するニーズに対応したリノベーション及びリノベーション住宅の提供、それらを担う人材の育成に寄与することを目指しています。


なお、一次審査で入選された作品は、9 月13 日から11 月6 日の期間中、全国各地で順次開催される「リノベーションEXPO JAPAN 2011」で展示を予定しております。(各地域の「リノベーションEXPO JAPAN 2011」展に関する詳細情報は、後日ホームページ上で公開いたします。)


「リノベーション」による住まいの選択は、自分の価値観に合わせた無理のない自由な住まい選びを可能にし、地球環境にもやさしい選択肢です。700 万戸超の空き家を含む約5800 万戸の膨大な既存住宅ストックという現実を見つめつつ、ストック型社会の未来を感じさせてくれる自由でわくわくする提案を期待しています。

2011年7月20日のニュース
メガソフト株式会社は、建築パースの制作・利用に関わるすべての者に、パース制作テクニックや活用方法、事例インタビューなどさまざまな情報を発信する建築3Dパース情報ポータルサイト「建築パース.com(ケンチクパースドットコム)」を、2011年7月20日より公開する。
2011年6月14日のニュース
社団法人日本建材・住宅設備産業協会は、住宅の断熱リフォームの理解を深めるためのパンフレット「健康で快適な我が家にチェンジ!!『断熱リフォーム』」(両観音折り8ページ)を発行した。
2011年6月10日のニュース
株式会社アスプルンドでは、コントラクト事業の更なる営業基盤の強化を目的に、名古屋・大阪にオフィスを開設する。  
2011年6月13日開設予定の大阪オフィスでは、同社が運営する関西のフラッグシップショップであるタイムレスコンフォート南堀江店内に設置し、同社取り扱いの家具をはじめ、インテリア、雑貨等幅広い商品が確認できる環境を整える。

株式会社アベルコは、自社ブランド「Artis」(高級アクリルバスタブ)と「Maristo」(セラミックタイル)の複合ショールームを2011年6月6日に六本木にオープンした。

2011年6月 1日のニュース
株式会社カネシンは、6月1日(水)から9月30日までの4ヶ月間、「地震にV! V-RECS制震V2キャンペーン」を実施。
2011年5月23日のニュース
株式会社カネシンは、商品の出荷業務を関東デリバリーセンター(千葉県柏市)の1拠点で行なっていたが、より質の高いサービスを提供することを目指し、平成23年5月23日(月)に『関西デリバリーセンター』(大阪府寝屋川市)を開設した。
月別
monthly Archive