• HELP
  • SHOP CART




 x-knowledge news Head line

エクスナレッジの本を検索


ニュース&トピックス

2009年4月23日のニュース

国土交通省は4月24日、高齢者居住安定化モデル事業の提案の第1回募集を開始した。本事業は、高齢者向け住宅に関する技術・システムなどの導入、高齢者向けの生活支援・介護サービスなどが効果的に提供される住まい・まちづくりに関する取組みなどに対し、5年間にわたり一定額を助成するというもの。本事業には、平成21年度80億円の予算が充てられている。

2009年4月22日のニュース

イーフロンティアは、仏e-on software社開発の3D景観作成ソフトウェア「Vue 7 xStream(ビューセブン エクストリーム)」と「Vue 7 Infinite(ビューセブン インフィニット)」の日本語版を2009年5月15日(金)から発売する。

オートデスクは、土木設計用3次元CADの最新版「AutoCAD Civil 3D(オートキャド シビル スリーディー)2010」と、インフラ設備管理向けのGIS(地理情報システム)ツールの最新版「AutoCAD Map 3D(オートキャド マップ スリーディー)2010」を発表した。
AutoCAD Civil 3Dは3次元モデルを基にデータベース化された情報を活用し、道路/河川、ダム建設、土地造成などの設計を行うソフトウェア。AutoCAD Map 3Dはインフラストラクチャモデリングと呼ばれる土木建設のライフサイクルのあらゆる段階で一元化したデータを活用するプロセス構築のためのツールだ。

Express5800/56Xf

NECは、ワークステーション「SEGUENTE(セグエンテ)Express5800/50シリーズ」の新製品として、インテルXeonプロセッサを搭載したハイエンドモデル「Express5800/56Xf」を発売した。
Express5800/56XfはCPUにXeonプロセッサ5500番台を採用し、メモリ容量最大48GB、ハードディスクは最大4台搭載可能。複雑なデータを扱うCAD用途や、解析/数値計算などの科学技術計算用途などに向く。ラックコンバージョンキットを利用すれば、24Uラックに最大4台まで収容可能だ。

RollerMouseFree

ジャパンマテリアル グラフィックスソリューション部は、米ContourDesign社のローラー型多機能マウス「RollerMouseFree」を販売する。

ジャストシステムは、個人向けのオンラインストレージサービス「インターネットディスク」の新機能である容量無制限のオンラインバックアップ機能「IDisk Backup for Windows」の提供を開始した。「インターネットディスク」の有償コースユーザーに、標準機能として月額料金据え置きで提供する。
サービス開始に併せて、IDisk Backup for Windows専用の有償コースの受け付けも開始された。

ニコン D5000

ニコンイメージング ジャパンは、バリアングル液晶モニターを搭載し、ライブビュー、動画撮影が可能なデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5000」を発売する。
D5000は、バリアングル液晶モニターとライブビュー撮影により、ハイアングルやローアングル、自分撮りなど自在なアングルで被写体を狙えるのが特徴で、シーンモードも19種類と充実している。

HP Officejet Pro 8500 Wireless All-in-One

HP Officejet Pro 8500 Wireless All-in-One

日本HPは、ビジネス向けインクジェットプリンタ4機種を発表、2009年4月24日(金)よりオンラインストアおよび販売代理店から順次販売する。
発表したのは、全色顔料独立インクを採用し、低価格カラーレーザーと比べ印刷コストと消費電力を約半分に削減する「HP Officejet Proシリーズ」2機種と、購入しやすい価格ながら低ランニングコストを実現したコンパクトサイズの「HP Officejetシリーズ」2機種。

2009年4月16日のニュース
4月8日、日本建築士会連合会は、改正建築士法にもとづき今年度より開始される大学院の実務実習(インターンシップ)制度の基本的な枠組みを取りまとめた「建築士インターンシップガイドライン」を策定し、都道府県建築士会に通知した。
2009年4月15日のニュース

テクラは、BIMを実現する「Tekla Structures(テクラ・ストラクチャーズ)」の最新バージョン「Tekla Structures 15」を公開した。Tekla Structuresは、材質や構造形式に依存せず基本設計から詳細設計、製作、建設に至るすべての構造情報を1つのモデルで管理するBIM(Building Information Modeling)を実現する3次元構造系CAD。

日本HPは、インテルの最新Xeonプロセッサを搭載するデスクトップ型ワークステーションの新ラインアップ「HP Z Workstationシリーズ」を発表した。新製品は、拡張性の高いハイエンドモデル「HP Z800 Workstation(以下、Z800)」、スリムな筐体を採用するミドルレンジモデル「HP Z600 Workstation(以下、Z600)」、低価格/高機能なエントリーモデル「HP Z400 Workstation(以下、Z400)」の3機種。
新製品は目的や予算に合わせてカスタマイズ可能なCTO(注文仕様生産)モデルとして、日本HPのオンラインストアHP Directplus、HP Directplusコールセンター、HP Directpartnerにて2009年4月13日(月)から受注を開始し、4月下旬以降出荷を開始する。Z400のみ、BTO(固定仕様)モデルとして日本HP販売代理店でも取り扱う。

ColorEdge CG232W

ナナオは、57cm型(22.5型WUXGA)の映像制作用途液晶モニタ「EIZO ColorEdge(カラーエッジ)CG232W」を発売した。
CG232Wは、同社がColorEdgeシリーズに搭載してきた、出版や写真など静止画グラフィックス市場向けの基本機能を踏襲し、さらに映像制作用途に特化した機能を盛り込んだ新しいコンセプトの液晶モニタ。静止画の加工編集から動画映像の確認作業など、幅広い制作工程をカバーするのが特徴だ。

アプリクラフトは、米Hot Door社のAdobe Illustrator用プラグイン「CADtools6J」を2009年4月16日から販売開始する。CADtoolsは、Illustratorの柔軟でアーティスティックな表現力に加え、正確で高品位なドローイング機能を実現するプロフェッショナルデザイナーのためのプラグインツール。

日本HPは、大判プリンタ「HP Designjetシリーズ」用純正用紙「HP エブリデイシリーズ」の新製品として、ポスター/パネル向けの「HP ポリプロピレン粘着マット紙」を発表。日本HPのオンラインストア、および日本HP販売代理店で2009年4月下旬から販売開始する。

ラティス・テクノロジーは、3次元データ編集ソフトウェア「XVL Studioシリーズ Ver.8.1」を4月10日から本格販売した。新バージョンでは、データ転送時のファイルの軽量性、表示時の省メモリ性、表示性能を格段に向上させたU-XVL(V-XVL Ver.10)を最適に処理できるようになった。

2009年4月 9日のニュース
(社)日本建築学会(AIJ)は4月9日、2009年度日本建築学会賞(作品賞)の受賞作品を決定した。
090409news01.gif

写真1:「神奈川工科大学KAIT工房」(石神純也建築設計事務所)。「空間の根本的正確と架構体のあり方をまったく同一化しつつ、建築空間を初めて"密度"のみによって思考、実現するという驚くべき試みがある」と、今後の建築空間の新たなあり方への貢献が評価された


2009年4月 8日のニュース
ユープリント

丸紅情報システムズは、立体造形システムの専業メーカー米Stratasys社が開発した3次元プリンタの新製品「ユープリント(uPrint)」の販売を、2009年4月1日から開始した。
ユープリントは、3次元CADやCGなどで作成したデザインデータを3次元立体モデルに造形する3次元プリンタ。ABS樹脂を熱で溶かして積層し、立体物を造形する。

日本HPは、テクニカル市場向け大判プリンタの「HP Designjet 4520シリーズ(以下、DJ4520)」4種、「HP Designjet 4020シリーズ(以下、DJ4020)」2機種、「HP Designjet T1120シリーズ(以下、DJT1120)」5機種と、分光測光器内蔵によって正確な色再現を実現するグラフィックス市場向け大判プリンタ「HP Designjet Z3200シリーズ(以下、DJZ3200)」2機種を発表。2009年4月下旬から販売開始する。

NVIDIA Quadro FX 3800

NVIDIA Quadro FX 3800

エルザジャパンは、ワークステーション向けグラフィックスボードNVIDIA Quadro FXシリーズを4製品と、マルチモニタ向けのグラフィックスボード「NVIDIA Quadro NVS 295 X16」を発売した。

Inspiron Mini 10

デルは、インテルAtomプロセッサ搭載の個人向けノートパソコン「Inspiron Mini 10」を発表した。Inspiron Mini 10は、いつでもどこでもインターネットやメールを楽しめる、新しいネットライフを提案するノートパソコン「Inspiron Mini」シリーズの新製品。重量1.17kg、幅261×奥行182×高さ25.3~28mmの小型/軽量ボディに、フルサイズに近いキーピッチ17.5mmのキーボードを搭載するなど、携帯性と操作性を両立させている。

トヨタケーラムは、技術/技能の伝承をサポートする知識ナビゲーションシステムの最新版「指南車 Ver.2.2」(シナンシャ)を2009年4月17日にリリースし、順次出荷を開始する。

2009年4月 1日のニュース

オートデスクは2009年3月25日、製造業向け3次元設計ツールの最新版「Autodesk Inventor 2010(オートデスクインベンター)」の日本語版を発表した。Inventor 2010では、AutoCADの2次元環境への3次元の導入をより容易にする新機能「スケッチ ブロック」が搭載されたほか、構造解析とそれに連動した部品形状の最適化機能といったCAE機能の3次元設計への統合などが図られている。

コダマコーポレーションは、3次元ソリッド順送プレス金型設計支援システムTOPprogressの新バージョン「TOPprogress v6.9J Plus」を発売した。
TOPprogressは、プレス金型の設計/製作を効率化するCADシステム。高度なモデリング機能と強力な2次元設計製図機能を備え、ミーリングCAMシステム「TOPcam」やワイヤーカットCAMシステム「TOPwire」と連携して、NCデータを自動で作成する。3次元の製品モデル、金型構造モデル、2次元の金型組立図、部品図が相互に連動するので、設計変更時の手戻りも減らせるのが特徴だ。

ラティス・テクノロジー(以下、ラティス)は、3次元データXVLを閲覧する無償のビューワソフト「XVL Player」を3次元軽量データ「U-XVL」に対応させ、「XVL Player Ver.10.0」として無償配布を開始した。
XVL Playerは、ラティスが開発/配布する無償の3次元ビューワで、回転やパン、ズームといった3次元データ表示の基本機能を搭載するほか、寸法計測や断面表示、アニメーション再生といった機能もサポートしている。

大塚商会は2009年4月28日から、情報共有ASPサービス「アルファオフィス キャビネット版」を開始する。このサービスは、製造業や建設業などで利用される図面データや写真、画像などの大容量ファイルを共有し、業務効率の向上や経費削減を図るというもの。共有ファイルのウイルスチェックやセキュリティ設定が標準で付加されており、企業内や業者間での安全なデータの受け渡しが可能だ。

Allplanシリーズは、ドイツのCADベンダーNemetschek社が開発したBIM統合ソリューション。基本図面やレンダリング画像、プレゼン映像、詳細施工図、数量拾い出しや積算が行え、建物のライフサイクル全体を設計/表現できる。モデルの変更はすべてのデータに簡単に反映させることが可能だ。

シーセットは、3次元データハンドリングツール「3D Tascal X(スリーディータスカルエックス)」の新バージョン「3D Tascal X Ver 5」を4月中旬にリリースする。新バージョンでは、3次元測定器で測定する際のプローブ先端球中心の理論座標値を、3次元モデルの対象面をクリックするだけで求められる新機能が追加された。

エーアンドエーと生活産業研究所は2009年3月26日、「天空率」制度利用の推進において業務提携を行うことで合意したと発表した。
この業務提携は、生活産業研究所が強みとする建築基準法の集団規定(建物の高さ等の制限)、特に2003年1月1日から運用開始された天空率による斜線制限の緩和のノウハウを、エーアンドエーが販売する3次元汎用CAD「Vectorworks」のユーザに提供。生活産業研究所が開発する天空率計算システム「ADS」と「Vectorworks」のシステム連携も強化するというもの。

アプリクラフトは、Rhinoceros(ライノセラス)向けのリアルタイムレンダラー「Hayabusa Renderer 2.0 for Rhino」を2009年4月1日に発売した。Hayabusa Renderer 2.0 for Rhinoは、マルチ光源設定によるマルチシャドウ、リアルタイムレイトレーシング、カメラアニメーションなど、充実の新機能を搭載した高機能リアルタイムレンダラーだ。

2009年3月25日のニュース
Poser Pro

イーフロンティアは、米Smith Micro Software社の3Dキャラクタ作成ソフト「Poser」シリーズの上位版『Poser Pro 英語版 日本語マニュアル付き』を4月17日に発売する。
「Poser Pro」ではPoser 7と比べ、複雑なシーンをより短時間で完成するためのレンダリング機能、Poserで作成したデータを他社製3次元ツールでも利用できる機能など、プロの現場で必要とされる機能を大幅に強化されている。本製品は英語版ソフトウェアに日本語ドキュメント(「Poser Proリファレンスマニュアル」「Poser 7 日本語版 リファレンスマニュアル」)を同梱したもので、変更や再配布可能な4体の人物キャラクタ、シーンに追加できる100以上のアイテムも収録されている。

Adamo

デルは、個人向けパソコンの新ブランド「Adamo by Dell」と、薄型ノートパソコン「Adamo」を発表した。
「Adamo」はラテン語で「新しい愛の始まり」の意味。ノートパソコンAdamoは新ブランドを冠した最初の製品で、精巧なエンジニアリングと上質なデザインが特徴のフラッグシップ機。1枚のアルミニウムを削り出して成形した質感と剛性を備えたシャーシや、最薄を実現した高級感のある筐体に最先端のテクノロジーを融合。
オプションの周辺機器やアクセサリーも、Adamoの世界感を反映した専用の製品が提供される。卓越したクラフトマンシップやこだわりのデザインに価値を求めるユーザーに向く製品だ。

エヌシーネットワーク(以下、NCネットワーク)は、新素材PR支援サービスの提供を2009年4月から開始する。
新素材PR支援サービスでは、変化の激しいメーカー側の要求と製造現場のニーズに合わせ、NCネットワークに登録されている16,000社のエミダス会員のうち、新素材を開発しながら販売先の開拓に苦労している会員や、そのほかの製造メーカーから「新素材」の商材をWebページで広く募集。商材を検討した上で、WebサイトでのPR支援を行うほか、引き合いが多い場合には販売支援のサポートもする。

HP Pavilion Desktop PC m9690jp/CT

HP Pavilion Desktop PC m9690jp/CT

日本ヒューレット・パッカードは、個人向けデスクトップパソコンの夏モデル「HP Pavilion Desktop PCシリーズ」7機種と、タッチ操作が可能なボードパソコン「HP TouchSmart PCシリーズ」2機種を発表。同時にHP Pavilion Desktop PCシリーズにマッチするアスペクト比16:9の液晶モニタ3機種も発表した。
8万円台のCore i7搭載モデル、3万円台のPentiumデュアルコアCPU搭載ミニタワーなどのほか、ワイド液晶モニタも10,500円からラインアップされている。

シーメンスPLMソフトウェアは、有限要素法(FEA)プリ・ポストプロセッサ「Femapバージョン10」の出荷を開始した。最新バージョンでは、新しいメッシュ作成ツールを使用し、CADデータから簡単かつ迅速にFEAモデルを作成できるようになった。

大塚商会は、高価なPDMを導入することなく、低価格で設計情報管理を実現する製造業向け設計情報管理ソリューションの販売を開始した。
本ソリューションは、ドキュメント管理システムで一般的なフォルダ階層での表示だけでなく、製品構成単位での表示によって検索効率を向上。設計データの検索を容易にし、設計担当者への問合せ対応工数の軽減などを実現する。部品情報から製品情報へさかのぼれる逆展開表示によって、共通部品の設計変更時に利用製品への影響度も確認でき、設計品質の向上にもつながるという。

2009年3月18日のニュース

構造計画研究所は、米Remcom(レムコム)社が開発する3次元電磁界解析ソフト「XFdtd 7」(エックスエフディーティーディーセブン)の販売を3月から開始した。

電磁界解析ソフト分野のパイオニアであるRemcom社は、同社の電磁界解析ソフトXFdtdの最新バージョン7を2009年2月24日に発表。この発表を受け、構造計画研究所はXFdtd 7ほか、Remcom社のすべての商品の日本国内での販売と技術サポート体制を確立することになった。

Studio One 19

デルは、デザイン性とエンターテイメント機能を備えた液晶一体型デスクトップパソコン「Studio One 19」を発表した。2009年3月下旬、日本で先行発売される。
Studio One 19は、曲線が際立つモダンなデザインに、ピュアホワイト、パウダーピンク、チャコールグレー、ネイビーブルー、タスカンレッドの5色のカラーバリエーションを採用。さまざまな環境にも溶け込む高いデザイン性が特徴だ。
ハイスペックのCPUやグラフィックスボードを選択可能で、映画鑑賞にも最適な16:9HD(1366×768)対応ディスプレイや、ブルーレイコンボドライブの選択が可能など、高いマルチメディア性能と充実した機能を備える。ワイヤレス接続のキーボードとマウスを標準搭載し、オプションで直接ディスプレイに触って操作できるタッチスクリーンも選択できる。

Endeavor SV120h

「Endeavor SV120h」はEndeavor ST120をベースに、OSに小規模ネットワーク構築に適したWindows Home Server 日本語版 Power Pack 1を搭載したホームサーバ。
煩雑な設定や管理が不要で、簡単に導入/運用できる。デジタルカメラで撮影した画像を共有したり、クライアントパソコンの自動バックアップ、外出先からのデータアクセスが可能になるなど、パソコン活用の幅が広がる。SOHOなどのビジネスシーンにも向く。

lino

インフォテリア・オンラインは、オンライン付箋サービス「lino(リノ)」の新バージョン「lino '09」を一般公開した(http://ja.linoit.com/)。
linoは「貼る」「見る」「はがす」が自由自在に行える付箋とキャンバス(付箋を貼る場所)を提供するオンライン付箋サービス。新バージョンlino '09ではこれまでの利用状況やユーザーからの要望を分析し、反映させたインターフェイスと新機能を提供。個人だけでなく、学校や職場でより簡単で便利に利用できるようになった。

2009年3月16日のニュース
(社)日本建築学会(AIJ)は3月3日、2009年度日本建築学会作品選奨の受賞作品を決定した。
090316news_01.gif

写真1:受賞作品の1つである「さつき幼稚園」(工藤和美氏、堀場弘氏、岡村仁氏、高間三郎氏)。子どもの生活空間のあり方を正面から捉え、子ども達の視線にたって、子ども達の居場所を巧みに作り上げたことや、木製格子梁(格子ピッチ600㎜、梁せい約400㎜、梁下部まで約2,700㎜)による屋根架構などを用い、木材のもつ可能性をおおらかに表現したことなどが評価された。(撮影:淺川 敏)


月別
monthly Archive