『未来のリーダーへの手紙』

tegami.jpg

ジャック・ウェルチ、スティーブン R. コヴィ絶賛!
 結果を出すリーダーとそうでないリーダーの違いは何か----。一見、リーダーシップ旺盛に見えても、先が長く続かない者が多い。リーダーには、知性・自信・押し出し・コミュニケーション能力・ビジョンが欠かせないが、それだけではダメなのだ。ビジネスを展開していくためのノウハウ、つまりビジネスを正しい方向に導き、正しい判断を下して正しく行動し、結果につなげ、さらに部下と会社に利益を引き継ぐ能力が必要なのである。本書では、40年以上にわたり世界有数の企業に経営アドバイザーとして参画し、その手腕を世界のリーダーたちから高く評価されている著者が、継続的な成功を収めるために、これからのリーダーに求められる8つのノウハウを紹介する。世界的ベストセラー『経営は「実行」』著者ラム・チャランが次代を担う経営者に贈るリーダー論!

【Amazonで購入】

<推薦文>
「ラム・チャランに最高の賛辞を贈りたい。みんなただ彼の話を聞くのが好きなのだ」----ジャック・ウェルチ(元GE会長兼CEO、現ジャック・ウェルチLLC代表)
「ピーター・ドラッカーは、『現代の経営』で20世紀という生産消費時代のビジネスを導いた。21世紀の全地球的規模のデジタル産業時代にそれを成し遂げるのがチャランである」----スティーブンR. コヴィー(『7つの習慣』著者)
<目次>
第1章 ノウハウ----成功するリーダーの資質
第2章 基礎となるもの----カネを生むビジネスのポジショニングとリポジショニング
第3章 局面が変わるまえに----外部の変化のパターンを見きわめ、点と点とをつなぐ
第4章 ひとところに集める----人々をともに働かせ、結果を出す組織体制
第5章 リーダーはこうしてつくられる----リーダーにふさわしい人材を見抜き、選び、育てる
第6章 画一ではない統一性----リーダーからなるチームをつくる
第7章 儲けはあなたに始まる----適切な目標を定める
第8章 月曜の朝、さて何をする?----明確かつ具体的、絶対的な優先事項を定める
第9章 世論の裁きの場で----市場を超えた社会的な力に対処する
<著者紹介>
ラム・チャラン
 ハーバード・ビジネススクールで修士号、博士号を取得し、同スクール、ノースウェスタン大学大学院ケロッグ・スクールで教鞭をとる。現在は、GE、フォード、デュポン、ベライゾンなど世界的な企業の経営アドバイザーを務め、「ビジネスウィーク」誌が発表した役員教育プログラムに関するランキングで全米第2位に選ばれるなど、高い評価を得ている。著書は世界で150万部の大ベストセラーとなった『経営は「実行」』のほか、『「必ず伸びる会社」の10の法則』(いずれも日本経済新聞社)など多数。
<訳者紹介>
依田卓巳(よだたくみ)
 1962年愛媛県生まれ。東京大学法学部卒業後、大手通信会社に勤務しながら、98年より翻訳活動にも従事。主な訳書に『1分間セルフ・リーダーシップ』『バズ・マーケティング』(いずれもダイヤモンド社)、『ビル・ゲイツ、北京に立つ』(日本経済新聞社)など。
<書誌情報>
タイトル:未来のリーダーへの手紙
著者:ラム・チャラン
訳者:依田卓巳
定価:本体2000円+税
版型:四六判
ページ数:320
発行年月:2007.05
ISBN978-4-7678-0594-8

最近の記事

既刊の書籍

  • RSSフィード
pagetop