2007年7月アーカイブ

shirono.jpg日本を世界一の覚醒剤消費国にしているのは警察組織だ!
 2002年に覚醒剤取締法違反と銃刀法違反の罪で逮捕された北海道警察の稲葉警部(当時)。銃器対策課のエースと呼ばれていた元警部の逮捕劇は、道警にとどまらず日本の警察組織を震撼させた。というのもこの事件は、拳銃の押収実績が他の捜査実績よりも評価され、拳銃さえ挙げれば潤沢な捜査費が配分されるという、警察組織の腐敗と堕落を象徴するものだったからだ。その結果、拳銃のヤラセ押収のために覚醒剤の密売・密輸入が目こぼしされ、末期にはその元警部は覚醒剤の使用・所持だけに止まらず、自らが覚醒剤を暴力団関係者に密売するに至り、ロシアマフィアの非合法ビジネスまでがその恩恵に与った。ロシアマフィアは北海道を食い物にして肥え太り、日本の暴力団が出先機関のように利用される......。警察はその実態を把握しながらも、警察権を行使しようとしなかった。

tune.jpg

高野登(ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー日本支社支社長)氏推薦!
 ヨーロッパで多数の品質管理賞を受賞してきた名門ホテルであり、働きがいのある会社ヨーロッパ・ベスト100にも選出された「シンドラーホーフ」の経営者が明かすホスピタリティの真髄。そのカギとなるコンセプトが「TUNE(チューン)」。すなわち「T=企業の精神・大きな感動」「U=安定した業務の流れ」「N=自然な心地よさ」「E=エネルギー」という4つの要素である。本書では、従業員の誰もが最高のサービスを提供できるようにと著者自らが開発したまったく新しいコンセプトである「TUNE」のノウハウを、実例に基づいて余すところなく紹介する。

【Amazonで購入】

pagetop