『シークレット・エージェント ジャック ミッション・ファイル 04 イタリア編:グランプリ・レースの危機を救え!』

jack03.jpg

大人気のシリーズ第4弾は、イタリアのサーキット場へ!
 ジャック・ストールワートは、ふだんは小学校に通う9歳のごく普通の男の子。だが、ひとたび事件が起きると、悪者と戦って世界各地の至宝を守ったり、謎を解決したりする地球防衛隊(GPF)のシークレット・エージェント(秘密情報員)の顔も持つ。ジャックは行方不明になってしまったシークレット・エージェントの兄のあとを追って、GPFに入隊したのだ。以来、ジャックは機転をきかせ、GPF特製のガジェットも駆使しながら、数々の難問をクリアしてきた。
 今回のミッションの舞台は、世界でもっとも有名なサーキット場があるイタリア・モンツァ。イタリアチームに仕掛けられた妨害を防ぐため、ジャックがイタリアに飛ぶ!
「夢と冒険は私にとって一生大切にしたいテーマ。子供たちにもそんな想いをもってもらうことができる1冊です」----女優・酒井法子さん推薦!

【Amazonで購入】

<今回の任務>
場所:イタリア(モンツァ)
任務:イタリアチームへの妨害工作を阻止せよ
注意:場合によってはレーシング・カーを運転する可能性あり
危険度:最高レベル
<本書のポイント>
・ ジャックと一緒に謎を解きながら世界各国の言語や知識が学べる
・ 魅力的なGPF特製ガジェットのイラストが満載
・ 特別付録・オリジナルステッカー付き
<著者紹介>
エリザベス・シンガー・ハント(Elizabeth Singer Hunt)
 アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。ジャズやケイジャン料理に囲まれて幼少時代をすごす。1999年にイギリスにわたり、東南アジア研究所に入学(修士課程)。その後マーケティング・コンサルタントとして働く。冒険旅行をこよなく愛し、それが世界中に赴いて悪と戦う『シークレット・エージェント ジャック』シリーズの創作につながった。このシリーズは当初、自費出版されたが、イギリスの大手出版社の目に留まり、刊行のはこびとなった。現在は夫と2人の子どもとサンフランシスコに在住。
<訳者紹介>
田内志文(たうちしもん)
 1974年生まれ。埼玉県出身。翻訳家、文筆家。主な訳書にニック・ジョンストン『BLUE』(河出書房新社)、アレックス・ロビラ『Good Luck』『Seven Powers』(ポプラ社)、デイジー・メドウズ『レインボーマジック・シリーズ』(ゴマブックス)などがある。スヌーカーの選手としても活動しており、2006年スヌーカー・チーム世界選手権、2007年スヌーカー・アジア選手権日本代表。2007年スヌーカー全日本選手権ベスト16。
<イラスト・3DCG>
樋渡博之(ひわたしひろゆき)
 1972年生まれ。山形県出身。日本大学芸術学部卒。「株式会社HiWaPlus」代表。イラストを基本とし、デザイン、映像と多岐にわたって活動している。2007年に会社を設立。主な仕事に「みのもんたの朝ズバッ!」TBS(ロゴタイトルデザイン)、「GuitarFreaks V~V3」コナミ(ゲーム内3DCGアニメーション)、「キャラオンSTUDIO」oddcast(ウェブキャラクターデザイン)等。『シークレット・エージェント ジャック』のアメリカ編とイギリス編の制作が佳境に入るなか、第一子の男の子が誕生した。
<書誌情報>
タイトル:シークレット・エージェント ジャック ミッション・ファイル03 イタリア編:グランプリ・レースの危機を救え!
著者:エリザベス・シンガー・ハント
訳者:田内志文
定価:本体800円+税
版型:四六判
ページ数:100
発行年月:2007.12
ISBN978-4-7678-0640-2

最近の記事

既刊の書籍

  • RSSフィード
pagetop