2008年8月アーカイブ

kounotori.jpg

FLY TO THE WILD――自然界で絶滅したニホンコウノトリを再び現代の人里に放て
 2005年9月、40年前に日本の空から姿を消したコウノトリが、再び空に舞った。約2年後の2007年7月には、46年ぶりのヒナの巣立ち。そして2008年現在、今年生まれた8羽のヒナを加えて、25羽のコウノトリたちが兵庫県豊岡市に生息している。
 コウノトリ復活プロジェクトの陰には、半世紀近くにわたる多くの人々のひたむきな努力があった。24年にわたり孵化を試みてきた青年、プロジェクトの推進を行政に働きかけた市職員、豊岡に移り住みプロジェクトのけん引役となった元霞が関の公務員、地域活性化へ繋がるよう情熱を傾けた市長、野生の田んぼの生態系安定に力を注いだ普及指導員や農家の人たち――。2006年8月にNHKスペシャル『コウノトリがよみがえる里』として放映された、コウノトリ復活そして里山再生の舞台裏とは!?
 世紀のプロジェクトを成し遂げた夢追い人たちの「本物の言葉」がここにある。
【Amazonで購入】

17nin.jpg

頭の中でいろんな声がきこえる――わたしはいったい何者なの?
 精神科医リチャード・ベアのもとに、鬱の状態でやってきたカレン。長女サラの出産をきっかけに精神状態が不安定になり、常に体の痛みにも悩まされて普通の生活をおくることすら困難だという。
 幼いころから身近な人間からの虐待を繰り返し受け続け、人を信頼することのできない彼女だったが、セラピーでのベアの献身的な態度に徐々に心を開いていく。そしてカウンセリングを続けるうちに、彼女の中には、性格、年齢、性別、外見の異なる17の別人格が潜んでいることが明らかになっていく。そこでベアは、催眠下におけるカレンの別人格との対話を決意し、カレンの口を通して、彼女が多重人格になった原因である幼いころの壮絶な体験、そしてそれらの人格がカレンの中に存在する理由が語られるようになる。
 児童虐待、性的暴行、カルト的儀式、自傷願望・・・・・・凄惨な体験が生み出した17人格の統合を10余年にわたって続け、カレンが一人の完全な人間として再出発するまでの様子を記した、衝撃のノンフィクション!

【Amazonで購入】

サティスファクション.jpg

あなたの心と身体を解放する「ほんとうの愛し方」
 セックスにオープンな役柄から持たれるイメージと実生活とのギャップに悩んでいたキム。
 女友だちに相談したり、セックスセラピストの本を読んだりしても、満足できるような結果は得られませんでした。そんなとき、共著者であるマークと出会い、コミュニケーション、性欲、誠実さについて、さまざまなことを学びました。
 男性にとっては、愛する女性を最高のオルガスムに導く方法を知るために。女性にとっては愛する男性にしてもらいたいことをオープンに伝えるための知識や自信の糧に。
 基本の姿勢、8の字、唇と歯、絶倫舌、ちらっと見せる・・・・・・。パートナーとの関係をいっそう深める愛撫とセックスのテクニックを、100点以上の美しいイラストとともに完全紹介!

【Amazonで購入】

pagetop