2008年11月アーカイブ

taoru.jpg 「世界でもっともピュアなタオル」と評され、日本だけでなく海外で高い評価を受けるタオル。それが「風で織るタオル」。

 このタオルは、愛媛県今治市にある小さな会社・池内タオルで作られている。

・日本初、100%風力発電で稼動する会社。
・日本企業初、「NYホームテキスタイルショー」で最優秀賞を受賞。
・「嘘をつかない」会社。
・お客さんが代わりに営業までしてくれる会社。

 そんな池内タオルの根底にあるのが「つらぬく」こと、「変わらない」こと。
 しかし、社員20人余の池内タオルが、世界を相手にビジネスを展開するまでには、さまざまな苦労とドラマがあった――。

 安い輸入品に押される一方の衰退産業、地方、中小企業、取引先の破綻の影響で民事再生を申請。
「四重苦」を背負うことを余儀なくされながら、なぜ池内タオルは世界で高い評価を受ける会社になれたのか?

 「環境」と「ビジネス」を両立させる企業として注目される池内タオルの、過去・現在・未来が1冊に。

 

【Amazonで購入】

 『もう、服従しない―イスラムに背いて、私は人生を自分の手に取り戻した』が朝日新聞11月23日付朝刊の読書欄にて紹介されました。

 『最強の集中術』が小学館オンライン『勝間和代 読書進化論 人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか』の「書店ぶらぶら歩き ある日のぶらぶら歩きVol.1 丸の内 丸善本店」コーナーにて紹介されました。

『もう、服従しない―イスラムに背いて、私は人生を自分の手に取り戻した』が『週刊朝日』11月21日号の「Book Browsing 話題の新刊紹介」にて紹介されました。

 『一生太らない体のつくり方』が『Just HEALTH(ジャストヘルス)』11月号の「Just  Hot Network―Books本の紹介コーナー」にて紹介されました。

pagetop