2009年3月アーカイブ

きみと選ぶ道.jpeg

 ベストセラー『きみに読む物語』の著者が贈る

最新作。

「真実の愛とは何か」を読者に問いかける

感動の1冊。

本書は、全米で発売と同時にベストセラーとなり、2007年世界で最も売れた恋愛小説 (累計200万部超)。等身大の恋のドラマがテンポよく展開する前半から一転して、後半では夫婦となった二人に待ち受けるあまりに過酷な現実を前に、人生でもっとも重い決断を迫られる主人公の苦悩を情感豊かに描き、心ゆさぶられる一作である。

 

 

<概略>

人は幾度となく人生の岐路に立ち、そのたびに選択を迫られる。
もし真実の愛を貫くための、人生最大の決断の時が訪れたら......?

アメリカ南部の小さな町に住むトラヴィスは、裕福ではないが堅実な仕事を持ち、ガールフレンドにも不自由せず、親友に囲まれてスポーツや休日を楽しむ毎日。だが、友人はみな結婚して子どもができたのに、彼の恋はいつも夏の花火のように終わってしまう。32歳になり、自分に何か問題があるのではないかと考えはじめていたとき、隣の家にギャビーが引っ越してくる。

ギャビーは26歳。自立をめざし町の小児科に勤めはじめた彼女は、結婚を前提としたボーイフレンドの近くで暮らすのと、犬を飼うという夢を叶えたところだ。だが、都会育ちで野心的なボーイフレンドは「結婚」という言葉を避けているようでもある。そんなとき、彼女はトラヴィスの人生観を知って新鮮な驚きをおぼえる。このまま結婚して本当に幸せになれるのだろうかと、ギャビーの心は揺れ始め、彼女は人生の分かれ道に直面することとなる。

時は変わり、11年後の現在、二児を授かり、幸せな家庭を営むトラヴィスとギャビー。そんな二人の前に、あまりに残酷な運命が立ちはだかる。それは突然のことだった。二人の関係が一変した出来事の前に、「真実の愛のために人はどこまでできるのか」と何度も自問するトラヴィス。選択肢は白か黒か、二つしかない。トラヴィスには人生でもっとも重い、究極の選択が求められていた......。

 

あなたなら愛する人のためにどこまでできるだろうか。
米国№1恋愛小説家が描く、究極のラブストーリー。

 

【Amazonで購入】

 

 

どん底.jpegウォーレン・バフェット等、ビジネス界の著名人大推薦の全米ベストセラーが登場!

かつて「乗っ取り屋」と呼ばれた男の、知られらざる苦闘と復活の物語!

20年前、小糸製作所に買収攻勢をかけ、単身トヨタに喧嘩を売った男として日本人に鮮烈な印象を植えつけたブーン・ピケンズ。日本での認知は「グリーンメーラー」のはしりといったものに限られるが、アメリカでのピケンズに対する評価は、日本のそれとは180度異なる。

石油や天然ガスをはじめとするエネルギー業界に長く身を置き、みずから興した石油会社を一代で全米有数の独立系石油会社にまで育て上げた。そんな彼のことを、一部では「石油の予言者」と呼ぶ声もある。しかも、一躍名を馳せた彼には、これまで明かされなかったどん底からの復活劇があった。

本書では、絶頂期からどん底に落ち込むも、不死鳥のように蘇ってくるジェットコースターのような彼の半生についての自伝的内容と、石油・天然ガスをはじめ、風力発電や代替エネルギー等、彼の専門であるエネルギー危機への処方箋、そして現在彼が積極的に取り組んでいる水資源についての洞察があますところなく描かれている。

1人のビジネスマンに学ぶ「生き方」の本として、そして全世界的に広がりつつあるエネルギー危機への対処法の本として、現在ビジネスの最前線に立っているすべてのビジネスパーソン必読の1冊。

 

【Amazonで購入】

 

pagetop