文芸

きみと選ぶ道.jpeg

 ベストセラー『きみに読む物語』の著者が贈る

最新作。

「真実の愛とは何か」を読者に問いかける

感動の1冊。

本書は、全米で発売と同時にベストセラーとなり、2007年世界で最も売れた恋愛小説 (累計200万部超)。等身大の恋のドラマがテンポよく展開する前半から一転して、後半では夫婦となった二人に待ち受けるあまりに過酷な現実を前に、人生でもっとも重い決断を迫られる主人公の苦悩を情感豊かに描き、心ゆさぶられる一作である。

 

 

<概略>

人は幾度となく人生の岐路に立ち、そのたびに選択を迫られる。
もし真実の愛を貫くための、人生最大の決断の時が訪れたら......?

アメリカ南部の小さな町に住むトラヴィスは、裕福ではないが堅実な仕事を持ち、ガールフレンドにも不自由せず、親友に囲まれてスポーツや休日を楽しむ毎日。だが、友人はみな結婚して子どもができたのに、彼の恋はいつも夏の花火のように終わってしまう。32歳になり、自分に何か問題があるのではないかと考えはじめていたとき、隣の家にギャビーが引っ越してくる。

ギャビーは26歳。自立をめざし町の小児科に勤めはじめた彼女は、結婚を前提としたボーイフレンドの近くで暮らすのと、犬を飼うという夢を叶えたところだ。だが、都会育ちで野心的なボーイフレンドは「結婚」という言葉を避けているようでもある。そんなとき、彼女はトラヴィスの人生観を知って新鮮な驚きをおぼえる。このまま結婚して本当に幸せになれるのだろうかと、ギャビーの心は揺れ始め、彼女は人生の分かれ道に直面することとなる。

時は変わり、11年後の現在、二児を授かり、幸せな家庭を営むトラヴィスとギャビー。そんな二人の前に、あまりに残酷な運命が立ちはだかる。それは突然のことだった。二人の関係が一変した出来事の前に、「真実の愛のために人はどこまでできるのか」と何度も自問するトラヴィス。選択肢は白か黒か、二つしかない。トラヴィスには人生でもっとも重い、究極の選択が求められていた......。

 

あなたなら愛する人のためにどこまでできるだろうか。
米国№1恋愛小説家が描く、究極のラブストーリー。

 

【Amazonで購入】

 

 

anohi.jpgぼくはふつうだった頃の自分に、またいつか戻れるのだろうか--
「悪いことは三度重なる」とはよく言ったもので、11歳の少年ジェイミーに不運は続けてやってきた。愛猫の死、父親の失踪、そして伯母の記憶障害。しかし彼の前途には、さらにもう一つの悲劇が待ち受けていた・・・・・・。
 そのトラウマを内に秘めながら過ごす彼の前に、あるとき、オードリーという風変わりな女の子が現れる。徐々に心を開いていくジェイミーだったが、とあるきっかけにより彼女の前で生々しい事件の記憶が甦り、パニックに陥る。
 そんな彼の心情を察してくれたのが記憶障害の伯母だった。そしてジェイミーはついに、四つめの悲劇について口にする・・・・・・。
 少年の心の揺れをみずみずしい筆致で描いた切なくて心あたたまる物語。『SO B.IT』で各賞を受賞した著者による珠玉の最新作!

【Amazonで購入】

bedroom.jpg

UKの鬼才、アーヴィン・ウェルシュが満を持して放つ空前絶後・荒唐無稽・疾風怒濤の、愛と憎しみと狂気の物語!
 エジンバラ市役所環境衛生局のレストラン監視官、ダニー・スキナー。おしゃれでスマートな若きエリートの彼は、酒とドラッグを手放せず次から次へと女を乗りかえる。だが、ダニーの社交的な顔の裏には、出自上のある謎があった。
 ゲームおたくで臆病、女の子に縁がなく、いまだ童貞のブライアン・キビー。山歩きサークルの女の子へのゆがんだ妄想を、ゲーム内の女の子キャラ相手に吐きだす日々。ブライアンがエジンバラ市役所に勤めることになり、交差するはずのなかった2人の人生がクロスする。
 セックス、ドラッグ、アルコール、フーリガン、そして家族の物語......。複雑に絡みあうストーリーが、驚愕の結末へと怒涛のごとく流れ出す!

【Amazonで購入】

touchup.jpg

ホームベースに向かって、疾風となれ!
 神奈川県立・北桜高校が甲子園で準優勝に輝いたのは40年も前のこと。今や部員にも事欠く1・2回戦敗退が常の弱小校。その野球部に、伊達--宮武のバッテリーら中学軟式野球の"ドリームボーイ"たちが入学してきた。彼らが2年生になって主力となり、手ごたえを感じはじめた矢先、ある"異変"を機にナインの関係もぎくしゃくしはじめる。そこに現れたのが剛速球の持ち主である転校生、吉沢和馬。だが、吉沢は人に言えない"ある事情"を抱えており、彼の態度にチームは一触即発の事態に。彼の存在は北桜高校の光となるのか、影となるのか。彼らの最後の夏の大会がすぐそこに迫る......。
 衝突、葛藤、友情......それぞれの想いを白球に乗せ、18歳の"最後の夏"に挑む弱小県立高校ナイン。まっすぐな気持ちが胸を打つ青春物語。
「ビッグコミックスペリオール」誌にて漫画連載決定!!

【Amazonで購入】

kimiwoomouyozorani.jpg

初めて愛した人のことを今も憶えていますか。もしも、あの時、違う道を選んでいたら......
 人生に何の目的も見出せず、陸軍に入隊してドイツに駐屯したジョン。 2000年、23歳の夏に休暇で故郷に戻ってきた彼は、サヴァナに出会う。2人は、出会った瞬間に恋に落ちるが、ジョンは1週間後にはドイツに戻らなければならなかった。サヴァナはジョンが軍務を終えるまで待つことを誓い、将来を約束する。
 手紙や電話、e-mailで、海を越えて愛を深めるジョンとサヴァナ。会うこともままならない2人だが、数々の試練をともに乗り越える。そして、待ちわびていたジョンの除隊が目前に迫ったその時、あの「9・11同時多発テロ」が起きた。ジョンは仲間の兵士のために、そして愛国心から兵役を再度志願し、軍隊に残る。
 イラクで戦うジョンのもとに、ある日、サヴァナから「親愛なるジョン」で始まる、1通の手紙が届く。その手紙でジョンは、彼女に新しく好きな人ができたことを知る。サヴァナはまだ若く、ジョンとの別離の期間が長すぎた。再び人生の意味を見失うジョン。
 そんな時、病気を患っていたジョンの父が亡くなる。そこで故郷に戻ったジョンは、サヴァナの身に起きていたある事実を知り、人生でもっともつらい決断を下すことに...... 。
『きみに読む物語』の著者が贈る、2006年世界で最も読まれた恋愛小説!

【Amazonで購入】

sobit.jpg

謎めいた母の言葉を手がかりに、少女はたった1人で答えを探す旅に出た――。
 ネバダ州のリノに住む、知的障害者の母親をもつ少女ハイディ。父親の顔も名前も、自分の正確な誕生日さえもわからないが、外出恐怖症の隣人に支えられた暮らしは、最小限にシンプルで愛情に満ちあふれたものだった。ハイディの母親が話す言葉はたったの23語。その中にひとつだけ、「スーフ」という、意味のわからない言葉があった。12歳になったハイディは、偶然見つけた古い写真をきっかけに、自分のルーツを探るためたった一人でNYに向けてバスで出発する。旅路のなかで初めて出会う、不安や羨望、うそをつくこと、友情、期待、失望、そして見知らぬ他人のあたたかさ。やがて冒険の末に見つけた、出生の真実とは? そして真実を知ったとき、少女は...。

【Amazonで購入】

pagetop