シャーロック・ホームズの建築

定価 2,000円+税
著者名 北原 尚彦(文)  村山 隆司(絵・図)
ページ数 221
判型 A5判
発行年月 2022/02
ISBN 9784767829777

こちらのネット書店から購入できます。

シャーロック・ホームズの建築

内容・概要

シャーロック・ホームズは英国の名探偵である。アーサー・コナン・ドイルの小説のキャラクターで、世界中で探偵の代名詞として知られている。探偵であるからには様々な事件を捜査するわけだが、果たしてその現場となった建物や作中に登場する建物は、具体的にはどのようなものだっただろうか、という疑問がわいてくる。そこで原作の描写や建築用語などを拾い上げ、それらを分析して、できる限り記述に則って「このようなものではなかったか」を考察してみよう――というのが本書の目的である。(「はじめに」より)

ホームズがとワトスンが暮らした「ベイカー街221B」
不気味な魔犬の呪いが続く「バスカヴィル館」
社交嫌いの人間が集う「ディオゲネス・クラブ」

それらは一体どんな建築だったのだろう?

シャーロック・ホームズ研究家の北原尚彦氏と一級建築士の村山隆司氏が17の事件を題材に、物語の中に登場する建物を徹底考察。
コナン・ドイルの書いた文章を分析し、解読し、間取りの細部に至るまで緻密に建築を設計した。

この本を読めば、ホームズの生きたヴィクトリア朝の英国建築が分かる。
建築が分かればシャーロック・ホームズ・シリーズはもっと面白い。
さぁ、この本を読んで謎解きの旅に出かけよう。

「ワトスン君、ゲイブルがどの部分かわかるかい?」

目次
CASE01 ホームズ&ワトスンの住む「ベイカー街221B」
CASE02 ブライオニー・ロッジ(「ボヘミアの醜聞」より)
CASE03 ストーク・モーラン屋敷(「まだらの紐」より)
CASE04 ポンディシェリ荘 (『四つの署名』より)
CASE05 ぶな屋敷 (「ぶな屋敷」より)
CASE06 トレヴェリアン医院(「入院患者」より)
CASE07 アビィ屋敷 (「アビィ屋敷」より)
CASE08 ライサンダー・スターク大佐邸 (「技師の親指」より)
CASE09 ディオゲネス・クラブ&マートルズ荘 (「ギリシャ語通訳」より)
CASE10 ウィステリア荘 (「ウィステリア荘」より)
CASE11 バスカヴィル館 (『バスカヴィル家の犬』より)
CASE12 ヨックスリー・オールド・プレイス (「金縁の鼻眼鏡」より)
CASE13 バールストン館 (『恐怖の谷』より)
CASE14 ハールストン屋敷 (「マスグレイヴ家の儀式書」より)
CASE15 ディープ・ディーン・ハウス (「ノーウッドの建築業者」より)
CASE16 三破風館(「三破風館」より)
CASE17 ローリストン・ガーデンズ三番地 (『緋色の研究』より)

SPECIAL CASE
A スコットランド・ヤード
B セント・バーソロミュー病院

付録・謎解きの過程

関連書籍